2017年 03月 19日
初めての富士登山(2007年) その2
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_07001915.jpg

お彼岸ですね。
お彼岸といえば彼岸桜・・・というわけで、きのう東慶寺さんに様子を見にいきました。

しかしこんな感じで、今年はまだまだこれからって感じでしたよ。

いずれにせよ、ぼちぼち春本番ですね・・・。

さて、新ネタがないんで今回は、2007年の初めての富士登山の話をお届けしています。
よろしかったら続きをどうぞ・・・。





着々と準備を進める

c0196928_07001763.jpg

2007年、単独で富士登山を敢行する決意をした私・・・。
私が参考にしたのはこの「るるぶ」の富士山特集号だった。

「るるぶ」といえば鎌倉だの京都だのの観光案内ガイドとして有名だ。
その「るるぶ」が富士山特集号を出しているのだから、いかに富士登山が人気あるかが分かる。

パートナーが同行できないと分かったのはお盆直前だった。
もうお盆前に決行するのは無理だ。

しかしすでに書いているとおり、お盆の最中の富士山は異常に混む。一つの布団に 2人で寝るなんて絶対にいやだ。
となるとお盆後しかない。

富士山の夏は短い。9月になると・・・いや、8月の終わりが近づくと急速に秋めいてくる。

実際猛暑に襲われていたお盆の最中は 15度以上もあった富士山頂の最高気温が、お盆後の週だと 10度を下回っている日もあった。
最低気温など、低い日だと実に 2~4度だった。まさに真冬の気温だ。

愚図愚図してはいられない。お盆の翌週に決行しなければ・・・。

しかし肝心の私自身のテンションが一向に上がらなかった。
やはり独りで富士山に登って、独りで山小屋に泊まる・・・というのがうまくイメージできなかったのだ。

あと天候の方がもう一つぱっとしなくて、なかなか快晴のマークがつかないこともあって、日数だけが空しく過ぎていった・・・。

c0196928_07001813.jpg

まさに決行予定の週の初めである 8月20日、私は大船に買い物に出かけた。

まずはヤマダ電機の時計売り場に向かい、1年前から目をつけていたカシオの高度計機能付きの時計 PRO TREK PRT-41SJ-1JF を購入した。
高度計にプラスして方位計、温度計の機能もある、まさにトレッカー向きの腕時計だ。

ちなみに税込みで 14,700円したが、ポイントがたまっていたんでタダで買えました。

c0196928_07001831.jpg

次にルミネ5階にある B.F.バッグ・フリーク というお店に向った。

今までのデイパックは容量 20リットル程度。小さすぎて富士登山には不向きだった。

先ほども書いたとおり富士山頂は真冬並みの気温になる。だから防寒具が必須だった。あと突然の雨に備えてレインウェアも。
それらのものを入れるとなると、最低でも 30リットルの容量が必要だったのだ。

c0196928_07001876.jpg

私が目を付けたのはこの THE NORTH FACE の BOREALIS というデイパックだった。
ちゃんと左右にペットボトルを入れる場所がある。しかもそこにはストックも差せる(この写真では三脚が突っ込んであるが)。

内部も 2つの収納に別れていて、片方にメモ帳やケータイを入れるポケットもついている。実にすぐれた収納性だ。

前回ちょっと様子を見にきたときかわいい子がいたから期待してたのに、このとき相手をしたのはやや小太りのおにいさんでちょっとがっかり。

しかしそのおにいさんの感じがすごくよかった。

まずは私が低山歩き用に使っているデイパックを見せ、

「これって何リットルでしょう。これじゃ少し小さくて」

と尋ねると、「20リットルくらいだと思います」と即答。心地よい。

THE NORTH FACE の BOREALIS を指差し、「これは?」と尋ねると、30リットルほどだと言ってきた。

しかし一見そんなに大きそうに見えない。
しかし彼は、私のデイパックをそれにすっぽりとつっこんでしまうというデモンストレーションを行った。

う~む。やるね!お兄さん!
というわけで即決。8,190円でした。

c0196928_07001819.jpg

さらにドラッグストアに向かい、ユニチャームの超立体マスク、ウイダーinゼリー(エネルギー)、耳栓、軍手などを購入した。
「なんでそんなものを」というものも含まれているんじゃないかと思うけれど、それらのものも「るるぶ」やネットの情報によると「必須」、または「あった方がいい」というものだったりするのだ。

こうして私は買い物の方を先行させた。
準備をすれば行かざるを得なくなるだろうと思ったからだ。

それでも明日決行なのか、週末決行なのか、あるいは来週決行なのか、まだ決心がつかずにいた。
先ほども書いたとおり、どうしても独りで富士山に登って、独りで山小屋に泊まる・・・というのがうまくイメージできなかったのと、天候がもう一つぱっとしなかったからだ。

富士山頂の天気予報は毎日夜 6時に最新のものがネットで発表されていた。「しょうがない。こうなったらそれを見てから決めよう」と思った。

8月20日夜 6時、最新の富士山の予報が発表された。それによると 21日が「晴れ時々雨か雷雨」、22日が「曇り一時雨か雷雨」。あまりよくない。

富士登山といえばご来光を拝むのが楽しみの一つ。っていうか、ある意味それが最大の目的かもしれない。
その肝心のご来光を拝む日の天気予報が「曇り一時雨か雷雨」では、ほとんど絶望的ではないか!

結局私は準備だけをし、あとは朝の気分に任せることにしたのだった・・・。



↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-03-19 07:10 | 北アルプスなど高山 | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2017-03-19 18:44
J-minorさん

おっと、時計は PRO TREK PRT-41SJ-1JF
そしてバックはTHE NORTH FACE の BOREALIS
いいですねぇ!時計もバックも必需品ですよね!?^^
私も安物のを買いました。
バックはいつかオスプレーのが欲しいなぁと^^
Commented by JunMorosawA at 2017-03-19 20:14
おやじさん、こんにちは。

> おっと、時計は PRO TREK PRT-41SJ-1JF
> そしてバックはTHE NORTH FACE の BOREALIS

です。
まあ正式なザックじゃなく、デイパックですけれどね。
これ、いまだに使っています(笑)。

> いいですねぇ!時計もバックも必需品ですよね!?^^

ですよねえ。
じつは時計の方も、いまだに現役で使っています(笑)。


<< 初めての富士登山(2007年)...      初めての富士登山(2007年)... >>