2017年 03月 07日
地味な高尾山ショート その3
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_16534863.jpg

天気の方がいいに決まってますね。
でも雨には雨の風情があります。

静かな鎌倉をお望みなら、雨の日をお勧めします。

さて今回は、地味な高尾山ショートのお話の 3回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。





c0196928_16534795.jpg

チリンチリンと熊よけの鈴の音を立てる初老の女性の後ろにつく。もうこのころには十分体が温まってきていた。

私はずっと頚椎症に悩まされている。そこで 2日前に「首・肩の頸椎症は自分で治せる!」という本を買った。

その本でも猫背はいかんと書いてあった。
だから歩いているときにも姿勢を気にしていたっけ・・・。

c0196928_16534734.jpg

8時56分(高尾山口駅から歩くこと 1時間6分後)、沢沿いの 6号路に下りる分岐に到着。
帰りは 6号路を使うことが多いが、今回は使わない予定です。

c0196928_16534764.jpg

所々ムシロが敷いてあるところがあった。恐らく道がぐちゃぐちゃになる場所なのだろう。

流石が高尾山。登山者の靴の心配をするとは、配慮が違うね。

c0196928_16534848.jpg

9時6分、高尾山山頂に向かう長い階段が現れる。

左に進めば高尾山山頂をパスしてもみじ台の方に進めるのだが、今回は先に高尾山山頂に寄ることにした。

c0196928_16534874.jpg

いつも思うことではあるが、人工的な階段はしんどいっす・・・。

c0196928_16561676.jpg

9時10分(高尾山口駅から歩くこと 1時間20分後)、高尾山山頂に到着。
流石に時間が早過ぎるせいか、ガラガラだった。展望台にも数人の人しかいなかった。

高尾山(たかおさん)は、東京都八王子市にある標高 599mの山だ。
東京都心から近いってこともあり、日本一登山者が多い山として知られている。

また 2007年(平成19年)から連続してミシュランガイドで最高ランクの“三つ星”の観光地に選出されていることもあり、富士山と共に外国人にも有名な山だ。

高尾山口駅の標高は 191mらしいから、標高差はわずか 408m。トイレも完備されているし、茶屋などの食事処もあるし、ハイキング入門の山としては最高ですね。

先端の展望台からはご覧のようになかなかの展望が得られます。丹沢山塊が一望できるし。

c0196928_16561674.jpg

しかし残念ながら大山のとき同様、富士山の方角だけは雲があった。
最近振られっぱなしだな。

c0196928_16561649.jpg

更に淡々と進み、9時17分(高尾山口駅から歩くこと 1時間27分後)、茶屋のあるもみじ台に到着。
きょうはここまでにします。

c0196928_16561772.jpg

ここの展望も素晴らしいんだけれどね。
残念ながらやはり富士山は見えなかった。

じつはこの日はこのあと東京の楽器屋に向かうつもりだった。
だからこそのショートコースなのだ。

というわけで少し物足りないけれども、ここを終着点とします。
さて、帰りはどのコースを取ろうかな・・・。

(つづく・・・)


↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-03-07 16:58 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2017-03-08 13:44
J-minorさん

こんにちは!

そういえば何故に人工的階段はしんどいのでしょう?
私も近場の山を登る時はいつも坂道の方がいいなぁと思うのです^^
Commented by JunMorosawA at 2017-03-08 16:17
sasunsasunさん、こんにちは。

> そういえば何故に人工的階段はしんどいのでしょう?
> 私も近場の山を登る時はいつも坂道の方がいいなぁと思うのです^^

不思議ですよね。
きっと人間がサルだった頃の記憶が残っているのかもしれません。

自然界には人工的な階段などないですからね。


<< 地味な高尾山ショート その4      地味な高尾山ショート その2 >>