2017年 02月 10日
雪の残る大山登山 その4
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_12014575.jpg

太陽を直接写して、綺麗に写るカメラと写らないカメラとありますね。
これは綺麗に写せた方だと思いますよ。ちなみに普通のコンデジです。

さて、今回は、丹沢の大山登山の 4回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。





c0196928_12014343.jpg


8時55分(蓑毛バス停から歩くこと 1時間15分後)、下社からの道と合わさる。「西の峠」という名前がつけられているポイントだ。

ここから右下に向かえば阿夫利神社の下社に辿り着くはずだが、私は一度も歩いたことがない。

c0196928_12014418.jpg

「西の峠」から先も急登が続く。木段の道やら、岩の道やら、とにかくひたすら登りが続く。
ほとんどそれが緩むことがないのがこのコースの特徴だ。

c0196928_12014448.jpg

8時59分(蓑毛バス停から歩くこと 1時間19分後)、遂に道の脇に残雪が現れた。

逆に言えばここまでは全くなかったわけだ。
今後これがどうなるかだな・・・。

c0196928_12040179.jpg

9時3分(蓑毛バス停から歩くこと 1時間23分後)、初めて下界が広い範囲で見下ろせるポイントに到着。

海までがくっきりと見えることに驚いた。
やっぱ展望は嬉しいね。

ただ一方で雲はそこそこあったから、富士山を拝めるかどうかは相変わらず微妙だった。

c0196928_12040119.jpg

9時6分(蓑毛バス停から歩くこと 1時間26分後)、チェーンソーで杉(かヒノキ)を切り倒している林業関係者と出会った。

少し離れた場所とはいえ、大きな樹木がバザバザバザという音を立てて倒れていく様に、本能的な怖さを感じた。

c0196928_12040196.jpg

このあたりで登山道にも少し雪が現れ始めた。
植林帯で日差しが入り込まないせいで、なかなか雪が溶けないのだろう。

c0196928_12040260.jpg

9時10分(蓑毛バス停から歩くこと 1時間30分後)、何とチェーンソーで切られた樹木が登山道をふさいでいる場所に遭遇・・・。

c0196928_12040283.jpg

と、思ったら・・・チェーンソーを手にした林業関係者が現れ、目の前でけたたましい音を立てて枝を切り始めた。
私のために通りやすくしてくれたのだ。

小さな枝だけじゃなく幹もあっという間に切断される。
おがくず(っていうのかな?)が激しく飛び散る。「チェーンソーって恐るべき破壊力を持った武器(?)だな」と思った。

やがて作業が終わる。「すいません」とお礼を言いながら先に進んだ。

c0196928_12040244.jpg

徐々に雪が増えてきて、登山道もふさぐようになってくる。

もちろんこんなこともあろうかと、モンベルの軽アイゼン、コンパクトスノースパイクはデイパックに忍ばせていた。

じつは 3年ほど前に購入してからまだ一度も使ってないのだが、いよいよ出番がやってくるのだろうか・・・。


↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



by JunMorosawA | 2017-02-10 12:06 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2017-02-10 15:18
J-minorさん

こんにち!

植林された杉林って何故か急登な所がおおいですよね

雪のある山歩きはまだしたことがないのですが
モンベルのチェーンスパイクを買っておこうかと
思っております(いつ使うんだか^^

もし、軽アイゼン使われたなら詳細教えてくださいm(__)m

Commented by JunMorosawA at 2017-02-10 17:56
おやじさん、こんにちは。

> 植林された杉林って何故か急登な所がおおいですよね

ですね。杉林って結構な急斜面だったりしますよね。

> 雪のある山歩きはまだしたことがないのですが
> モンベルのチェーンスパイクを買っておこうかと
> 思っております(いつ使うんだか^^

冬は持っていると安心ですよね。
あと、夏山の雪渓を通るときにも使うし。

> もし、軽アイゼン使われたなら詳細教えてくださいm(__)m

ネタばれになりますが、実は今回は使いませんでした(笑)。


<< 雪の残る大山登山 その5      雪の残る大山登山 その3 >>