2016年 12月 01日
秋の筑波山 その5
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_17425439.jpg

いつの間にかもう 12月ですよ。この前横浜に行ったら、こんなに大きなツリーが飾られていた。
北鎌倉にいると、あまりクリスマスが近づいてきているという実感がないんだけれどねえ・・・。

さて今回は 11月7日(月曜)に筑波山に登ったときのお話の 5回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_17431919.jpg

15分弱ぐらいで東屋が現れる。

c0196928_17433114.jpg

相変わらず振り返るとそこには大展望。霞ヶ浦も、それこそかすかに見えますね。
一方駐車場は随分小さくなったなあ・・・。

c0196928_17434157.jpg

東屋から 10分弱ほど経つと、暗い植林帯に入っていく。
大展望からはお別れってことになるが、この変化も面白い。

私の前に今度は、おばさんと小学2~3年生の子供(男女)のグループがいた。
子供たちはとても元気で「おっ!第三危険ポイントだ!」とかはしゃぎながら歩いていた。

おばさんが特に僕に道を譲ってくれなかったこともあって、ずっと彼らのあとをついていくイメージだった。
まあ焦る旅じゃないしね。

c0196928_17435168.jpg

暗い植林帯はすぐに終わってしまって明るい自然林になる。一部の樹木は赤くなっているものの、思ったほどではない。

これで目が覚めるような紅葉に出くわすことができるのだろうか。
ちょっと不安だね。

c0196928_17442100.jpg

10時10分(つつじヶ丘バス停から歩くこと 35分後)、重要な分岐点に到着。

昔はこんな感じで弁慶茶屋という茶屋が建っていた。
テレビの「もしもツアー」の連中がところてんを食べた伝統ある(?)茶屋だ。

c0196928_17441610.jpg

ところが今は何もなくなってしまった。
とはいえベンチもあり休憩には最適なポイントなんで、皆さんここで休みます。

c0196928_17442843.jpg

ここは筑波山神社からの道、白雲橋コースとの合流ポイントになっています。
だから筑波山神社に寄ってからここまで登ってくるという手もあるわけです。

c0196928_17443898.jpg

さて、ここからは大きな岩がごろごろとした荒れた道に激変しますよ!

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-12-01 17:45 | 低山歩き | Comments(0)


<< 秋の筑波山 その6      秋の筑波山 その4 >>