2016年 11月 22日
秋の筑波山 その1
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_20473618.jpg

北鎌倉も徐々に紅葉のピークを迎えつつあります。

これは円覚寺門前の写真。円覚寺のすぐ目の前を JR横須賀線が走っているんですよ。
その円覚寺の紅葉も、徐々に色づいてきました・・・。

c0196928_2048331.jpg

さて、そんなわけで秋の紅葉のピークの時期はとても短い。
11月7日の休みの日に何処に行こうか、私は悩んでいた。

箱根も丹沢も紅葉ってことになると案外たいしたことはない。高尾山じゃまだ早過ぎる。

実は先日放映された NHK「にっぽん百名山スペシャル・でっかい秋みつけた!」の最後に紅葉の名所として筑波山がちらりと紹介されていたのだ。

それはそれは見事な紅葉だった。
調べてみたら筑波山は紅葉の名所としては茨城県内で 1位なんだそうだ。

「紅葉名所」の筑波山のページ に、こんな紹介のされ方をしていた。

男体山、女体山の2峰からなる筑波山は、標高の低い日本百名山の1つ。山頂から御幸ヶ原にかけてはブナをはじめとした落葉紅葉樹が多く、11月上旬から紅葉を楽しむことができる。男体山頂のそばを一周する約1.5kmの自然研究路では、紅葉の合間から関東平野を一望できる。また、筑波山神社そばのケーブルカー宮脇駅周辺の紅葉も見事。


筑波山には過去何度か行っているが、11月は初めてだ。新鮮味がある。
というわけで今回は 11月7日(月曜)に筑波山に登ったときのお話をしたいと思います。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。





c0196928_20485924.jpg

例によって朝 5時半頃、JR北鎌倉駅に向かう。

格好はというと、下はモンベル・ライトトレッキングパンツ。
上は、ユニクロ・ドライメッシュシャツにモンベル WIC.ライト ロングスリーブシャツ。北岳登山で初めて袖を通した服です。

そして更にその上にユニクロのカーディガンを羽織っていた。
カーディガンだけでいいのかな。マウンテンパーカーあたりを羽織るべきじゃ・・・と思わなくもなかったが、まあ低山だしね。

実際外は、風は少しあったものの、特に寒いとは思わなかった。
むしろ気になったが、星が全く見えなかったこと。ひょっとして曇っている?

c0196928_20491510.jpg

6時26分、品川に到着。早速山手線のホームに向かい、東京行きの山手線に飛び乗った。
年中混んでいる山手線もこの時間だと流石にまだ空いている。座れちゃったものね。

まだまだ雲は多かったが、正面に朝日を感じた。
もっと晴れてほしい。

c0196928_20492823.jpg

6時43分、秋葉原に到着。ここで電気街口の改札から出ます。

c0196928_20494922.jpg

秋葉原はプログラマーをやっていた頃は年中来ていたけれども、じつに久しぶりだ。
外の様子はすっかり変わっていて、「ここ何処?」って感じ。

ちなみに私の知っている秋葉原は、まだメイド喫茶などなかった頃のそれです。

c0196928_2050667.jpg

わざわざ電気街口から出たのは、改札を出ると右手に BECK'S COFFEE があることを調べてあったから。
俺も好きだねえ。

c0196928_20502048.jpg

覗いてみると幸い入口のカウンター席が空いていた。
そこでその席にデイパックを置いて席を確保してからレジにならんだ。

頼んだのは今日も豪華(?)な 1番セット。

       スクランブルエッグ、ベーコン、ポテトサラダ、ミニサラダ
       トースト&選べるドリンク

この日もモーニングセットはとてもおいしかった。
でも寒くなったんだ。今度はミネストローネ・セットも悪くないかもしれないな。

c0196928_20503725.jpg

「東西自由通路」というのを通って「つくばエクスプレス」の秋葉原駅に向かいます。

いよいよ筑波山への旅の始まりです。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-11-22 20:51 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2016-11-23 11:32
筑波山 山行き日記待ってました~(^O^)/
Commented by JunMorosawA at 2016-11-23 21:33
おやじさん、こんにちは。

> 筑波山 山行き日記待ってました~(^O^)/

ありがとうございます。
のんびり行きます・・・。


<< 秋の筑波山 その2      霧の北鎌倉 >>