2016年 11月 05日
寄居・鐘撞堂山 その1
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_15112949.jpg
大人の遠足BOOK 日帰り山あるきベスト130(関東周辺)


私が山歩きをするようになってから、早いものでもう 18年も経った。

月に 1回しか出かけてなかったとしても 216回も山に登っていることになる。
流石にこの手の本で紹介されている関東周辺のメジャーな低山はほとんどすべて制覇してしまったといっていい。

そんな中、東武東上線寄居駅を起点とする鐘撞堂山(かねつきどうやま)だけがまだ残っていた。

鎌倉から行く場合、東武東上線の寄居駅はかなり遠い。3時間ほどもかかる。そのわりには鐘撞堂山は標高わずか 330mの低山である。
だから今まで触手が動かなかった。

しかし 10月24日(月曜)の天気予報は文句なしの快晴だった。丹沢や箱根で誤魔化すのではなく、新しい山に挑んでみたい。

そんなわけで急遽行く気を起こしたのであった。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_15125035.jpg

朝 5時半、JR北鎌倉駅に到着。

おかしいな。きょうは文句なしに「晴れ」の予報なのに、空には雲が多かった。
徐々に雲が取れてくれるといい。

c0196928_1513215.jpg

横須賀線で品川まで向かい、品川から山手線に乗り換える。
品川から大崎→五反田→目黒→恵比寿→渋谷→原宿→代々木→新宿→新大久保→高田馬場→目白と 11もの駅に小刻みに止まりながら、6時59分、やっと池袋駅に到着。

一旦 JR の改札を出て、東武東上線のホームに向かう。
田舎者にとって池袋駅周辺は巨大な迷路のようなものだが、幸い案内がしっかりとしているから迷うことはない。

c0196928_15131492.jpg

さて、私が乗るべき電車は小川町行きの急行電車。
東武東上線のホームに入ってこの写真を写していたまさにその瞬間・・・7時ちょうど発の小川町行きの急行電車が発車した(時計を見ると、分かると思います)。

無理すれば乗れたのだけれども、結構混んでいたからパスした。
小川町まで 1時間11分もある。立ちっ放しはつらいから。

c0196928_15132743.jpg

というわけで、ご覧の 7時15分発の小川町行の東武東上線急行電車に乗りました。
発車するときにはほぼ満席になっていたものの、ラッシュには程遠い感じだった。ま、「下り」に当たるのだから、無理もないか。

朝霞台駅あたりから徐々に混み出した。
私はというと、最初は「世にも奇妙なマラソン大会」(高野秀行)という本を読んでいたのだけれども、途中からウトウトし始めた。

7時47分、川越駅に到着。
そして 8時1分、坂戸駅に到着。去年はここで越生線に乗り換えて越生駅に向かい、大高取山に登ったんだっけ。

c0196928_15134787.jpg

8時27分、小川町駅に到着。ここから寄居行きの東武東上線に乗り換えます。

c0196928_15135862.jpg

8時32分、寄居行の東武東上線が出発。
小川町駅で降りてしまった人が多く、寄居行きの車内はご覧のようにガラガラだった。

c0196928_15141067.jpg

そして車窓からの景色が目に見えてローカル化してきた。
ちなみに東武東上線が越えているのは荒川である。

ご覧のように天気も回復してきたし、よい山行ができそうだ。

目的の寄居駅も近い・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-11-05 15:15 | 低山歩き | Comments(7)
Commented by sasunsasun at 2016-11-07 11:43
J-minorさん
こんにちは
山歩き18年 スゴイ大先輩!
200座以上を登られているわけですね!
私はそんなJ-minorさんのブログに影響を受けて
山行きを始めた人間としてはいつもブログの更新を
楽しみにしているんです(^O^)
今年一年は山行き用の体力と減量に励みたい
と思っております。
Jさんみたく体脂肪率15%ってわけにはいきませんが
せめて基準の22%にはなんとか(^-^;
しかし、山行きに片道3時間の電車移動大変ですネ(°O° ;)
京都からだと3時間あれば御嶽山の麓の木曽福島
あたりまでいけちゃう勘定です^^
Commented by JunMorosawA at 2016-11-07 18:12
おやじさん、こんにちは。

> 山歩き18年 スゴイ大先輩!
> 200座以上を登られているわけですね!

圧倒的に低山が中心ですが、きのうの筑波山で386座登っています。
にしても「200座以上」と「座」という言葉を使っているところがもうすごいですね(笑)、。

> Jさんみたく体脂肪率15%ってわけにはいきませんが
> せめて基準の22%にはなんとか(^-^;

体脂肪率15%じゃないです。私の場合6%前後です(苦笑)。
これはいくらなんでも体重計がおかしいとは思いますが、本当にそんなものかもしれません。

> 京都からだと3時間あれば御嶽山の麓の木曽福島あたりまでいけちゃう勘定です^^

おお!御嶽山!懐かしい山です。
また登れるようになるといいけれども・・・。
Commented by アルペジロー at 2016-11-07 21:16 x
埼玉県へようこそ(笑)
鐘撞堂山をGoogle Mapで調べましたら寄居駅の北側ですね。
我が家から車で1時間15分ほどです。
先日娘がもう少し手前の金勝山に学校の行事で行っていました。
寄居は自宅から八高線だけで行けるのですが、だいぶ手前の越生あたりまでしか
電車では行ったことがありません。いずれ電車でのんびり小旅行をしたいとは思っているのですが・・・。

さて、鐘撞堂山、記事の内容次第では私も近いうちに行くかもしれません(笑)
Commented by JunMorosawA at 2016-11-08 08:20
アルペジローさん、お久しぶりです。
お元気でしたか?ギターも弾いてます?

> 鐘撞堂山をGoogle Mapで調べましたら寄居駅の北側ですね。
> 我が家から車で1時間15分ほどです。

1時間15分ならいいですね。北鎌倉からだと、遠いっす(苦笑)。

> いずれ電車でのんびり小旅行をしたいとは思っているのですが・・・。
> さて、鐘撞堂山、記事の内容次第では私も近いうちに行くかもしれません(笑)

どうでしょうねえ。ちょっと地味過ぎるかもしれません。基本、あっという間に山頂に着いてしまう感じです。
ただ山は続いているようなんで、私とは別コースにした方がいいかもしれませんよ。
Commented by アルペジロー at 2016-11-08 22:31 x
あれ、そんなにお久しぶりでしたっけ?
調べてみたら北岳登山記その46でコメントしていました。
こちらとしてはいつも拝読しているのでお久しぶり感は全くありませんでしたが(笑)

いろいろありまして2ヶ月ほど殆どギターは弾いていなかったのですが、
最近ようやく再開したところです。Kamakura Guitarの再開も楽しみに待っていますよ♪

> どうでしょうねえ。ちょっと地味過ぎるかもしれません。基本、あっという間に山頂に着いてしまう感じです。
> ただ山は続いているようなんで、私とは別コースにした方がいいかもしれませんよ。

手持ちのガイドブックを見てみたら、総歩行時間3時間25分、総歩行距離9.8kmというコースが
出ていました。寄居駅→大正池→鐘撞堂山→円良田湖→寄居駅というルートです。
初心者向けと書いてありますから私には丁度良い感じですよ。
Commented by JunMorosawA at 2016-11-09 07:27
アルペジローさん、こんにちは。

> こちらとしてはいつも拝読しているのでお久しぶり感は全くありませんでしたが(笑)

ありがたいことです。

> いろいろありまして2ヶ月ほど殆どギターは弾いていなかったのですが、最近ようやく再開したところです。

私もぼちぼち弾いています。何故か苦手なはずの岡崎倫典さんの曲をよく弾いています。
あと岸部眞明さんの「Dandelion」を弾いて、ちょっと感激しました。不思議な曲です。

> Kamakura Guitarの再開も楽しみに待っていますよ♪

ありがとうございます。でも再開してもネタが続きそうになくて(苦笑)。
Martin も買ってないしね。

> 手持ちのガイドブックを見てみたら、総歩行時間3時間25分、総歩行距離9.8kmというコースが出ていました。寄居駅→大正池→鐘撞堂山→円良田湖→寄居駅というルートです。

ほぼ同じコースですが、円良田湖には立ち寄らなかったから、後半は違うみたいですね。
山歩きよりも、舗装路歩きが長いのが、ちょっと残念なところなんですよ。
だけどコースタイムからしたら、程よいですね。
Commented by アルペジロー at 2016-11-09 22:23 x
> あと岸部眞明さんの「Dandelion」を弾いて、ちょっと感激しました。不思議な曲です。

Dandelionはコン太郎さんも練習されていますね。

> ありがとうございます。でも再開してもネタが続きそうになくて(苦笑)。

練習過程の動画、好きです。Youtube等では普通は完成品しか見られませんからね。


<< 寄居・鐘撞堂山 その2      野生の猿と遭遇!飯山観音から順... >>