2016年 10月 05日
南アルプス・北岳登山記 2016 その46
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。
この連載を始める前は 20位以下でしたが、ベスト10 にぎりぎり食い込み始めました。最新の順位はこちら です。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が 2年ぶりに日本アルプスに挑む。

男 「どうしたんだい。電話もせずに急に押しかけるなんて」
女 「何でもないの。ちょっと来ただけ・・・」

そう。今年挑んでいるのは南アルプスの北岳。
いよいよ完結編です!




甲府から帰途に就く

c0196928_16472689.jpg

8月11日の 12時13分、バスが甲府駅に到着した。1時間52分のバスの旅の終了である。
終わってみれば遅れるどころか 2分も早く甲府駅に到着したわけですね。やりますね。

やっと苦手なバスの旅が終わって私はほっとしていたのだろうか。忘れてしまった。
もう 2ヶ月近く前の話なのだから、当然だ。

c0196928_16474790.jpg

再び信玄像と遭遇。
次にこの像と出会うのは、いったいいつのことだろう?

c0196928_16475814.jpg

まだこの時点では不思議とビールを飲みたいとは思わない私にとっての最高の贅沢が「高級りんごジュースを飲むこと」。
しかし残念ながらそのコンビニには Dole あたりの普通のりんごジュースしか売ってなかった。

がっかりして駅のみどりの窓口に向かうと、同じようにザックを抱えた人の姿があった。同じバスに乗っていた連中だろう。

c0196928_16481575.jpg

さて、この時点で 12時18分ぐらい。次の急行列車は 12時29分発の「かいじ110号」。まだ 11分はあったわけだが、逆に 11分しかないとも言える。
11分じゃお土産を買う間もなければ高級りんごジュースを買う余裕もない。

そこで私はその次の急行であるあずさ16号(新宿行)で帰る決意をした。
この日は「山の日」という祝日に当たっていたわけだが、1台先の電車だったせいか、指定席はあっさり取ることができた。

流石に通路側だったけれども、八王子まで 1時間弱の旅なんだ。どおってことはない。
行きのときに重たいザックで窓側座るときに苦労したからね。むしろちょうどいいとすら思っていた。

切符を買い終えたのが 12時25分頃。かいじだったらあと 4分しか余裕がなかったことになりますね。
やっぱこれでよかったのだ。

c0196928_16482662.jpg

しかしあずさの発車時間までまだ 47分もある。いささかありすぎる時間ではあった。

しょうがなく一旦外に出て、あらためて甲府駅の写真を写したりしていた。
しかし甲府駅はセレオ(CELLO)甲府という駅ビル内にあるため(駅ビルの2階に甲府駅の改札口がある)、地元の大船で言えばルミネを写しているのと同じであまり絵にはならない。

c0196928_1648458.jpg

再びセレオ甲府に戻った私は、ご覧の甲府駅の改札口の少し先にある待合所に向かった。

目の前にクリスタルアースというオブジェがあり、その前のベンチが空いていたからだ(写真は撮りそこねた)。

しかし冷房はなかったため、暑かった。
このとき私は手帳に「流石に疲れたかなあ」と書いている。

そう。残念ながらこのときの私には、北岳登山という快挙を為して充実感でいっぱいだった・・・なんて感情はなかったと思う。
ただただ疲労感が占めていた気がします。

それだけあの無理な下山がこたえていたのだ。
自業自得ですね。

c0196928_16485689.jpg

10分弱ほど休み、改札口のすぐ近くにある土産物屋に入った。

c0196928_16491430.jpg

そこで嬉しいものを発見! 期待の高級りんごジュースがあったのだ!
瓶入りで 1瓶 258円。期待できそうな価格でしょう?

土産物の方は、定番の信玄餅を買いました。

c0196928_1652644.jpg

というわけで 1時17分、5分ほど遅れてきた新宿行きのあずさ16号に乗り込む。

隣にいたのは若いメガネ女子。
山にいる間風呂に入っていない身としては気を使ってしまいますね。

それと、ちょっと食事はしにくい雰囲気だったわけだけれども、実は彼女もペットボトルの飲料を飲みながら、何かスナック菓子のようなものを食べていたんだ。

c0196928_16493852.jpg

だから遠慮する必要はなかった。

というわけで、甲府駅で買った高級りんごジュースと共に BIG あらびきソーセージを食べる。

鹿島槍ヶ岳のときには感動した高級りんごジュースだったのに、何故か今回はあまりおいしく感じなかった。

そしてソーセージを食べたときに、何と体に異変を感じた。
これは後日談に書きます。

c0196928_16495334.jpg

大船で祝杯のための買い物をしたあと、4時10分、地元北鎌倉に戻ってくる。
シャワーを浴びたあとのビールが死ぬほどうまかったことを最後に書いておこう。


2年ぶりの本格的な登山であるということ。出発前の異常な嘔吐感。
いろいろあって不安まじりで出かけた北岳であったが、結果的にはこうして元気に戻ってこれた。

「まだまだやればできる!」という自信を持てた。
と、同時に、いろいろな反省点もあった。


さて、来年は何処を目指そうかな・・・。


全46話、お付き合いいただき、ありがとうございました。
(あと、もう1話、こぼれ話を載せます)

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-10-05 16:52 | 北アルプスなど高山 | Comments(4)
Commented by アルペジロー at 2016-10-05 22:55 x
お帰りなさい。といっても2ヶ月前の話ですね(笑)
ところで甲府駅で買ったソーセージはAM4:30以来の食事ということですか?少食ですね(笑)

こぼれ話も楽しみにしています。
Commented by 山ばか夫婦の山歩 at 2016-10-06 09:37 x
お疲れ様でした。新宿行きの「あずさ」に乗れば我々は自宅同然ですが、
JUNさんはこれからまた乗り換え、大変ですね。

別話ですが、北鎌倉の駅って改築するんじゃなかったですか。
紅葉時にまた、歩きたくなりましたので。
Commented by JunMorosawA at 2016-10-06 10:44
アルペジローさん、こんにちは。

> お帰りなさい。といっても2ヶ月前の話ですね(笑)

そうですね。今年も随分長くかかってしまいました。

> ところで甲府駅で買ったソーセージはAM4:30以来の食事ということですか?少食ですね(笑)

そうです。
もっとも休憩時にゼリーやドライフルーツなどは食べていますが、それにしても少ないですね。
Commented by JunMorosawA at 2016-10-06 10:45
山ばか夫婦の山歩さん、こんにちは。

> お疲れ様でした。

ありがとうございます。

> 新宿行きの「あずさ」に乗れば我々は自宅同然ですが、
> JUNさんはこれからまた乗り換え、大変ですね。

そうですね。帰りも結構な長旅です(笑)。

> 別話ですが、北鎌倉の駅って改築するんじゃなかったですか。

一部バリアフリーの改築が行われて現在の形になりました。
多分もうこれ以上の改築はないと思いますよ。


<< 南アルプス・北岳登山記 201...      南アルプス・北岳登山記 201... >>