2016年 10月 04日
南アルプス・北岳登山記 2016 その45
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。
この連載を始める前は 20位以下でしたが、ベスト10 にぎりぎり食い込み始めました。最新の順位はこちら です。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が 2年ぶりに日本アルプスに挑む。

男 「どうしたんだい。電話もせずに急に押しかけるなんて」
女 「何でもないの。ちょっと来ただけ・・・」

そう。今年挑んでいるのは南アルプスの北岳。
広河原からバスに乗ります。




広河原からバスに乗る

c0196928_16462948.jpg

広河原に到着したらバス乗り場に団体がいてぞっとしていたのだが、ちゃんと臨時バスが出ることが分かってほっとした。

というわけで 10時12分頃やってきた、この白いバスに早速乗り込みます。

c0196928_16464395.jpg

私は 5番目ぐらいで乗れた。
だから中央にあるドアの 1つ後ろの、1人席をゲットすることができた。

2人席だと窓側に座るとザックを抱えるようにしなければならない。通路側に座ると景色が見えない。
だから 1人席こそ特等席なのだ。

少し早めに着いた価値はあったわけだ。

このとき手帳に「まあ疲れたけれども、急いだからしょうがないね」と書いている。
実際にはこの文章以上に私は疲れ切っていたのだが・・・。

c0196928_16465752.jpg

10時21分、バスが広河原を出発する。
もうこのときには完全に満席状態。ただ流石に座れないでいる人は 1人もいなかった。

にしても、乗客全員が大きいザックを持っているというのは、ちょっと特殊な絵柄です。

そして、またあの「立ちっぱなしおばちゃん」が乗ってきた。
で、「立ちっぱなしおばちゃん」はまた今回もずっと「立ちっぱなし」ていました。

しかし残念ながら行きのときのような解説は一切なかったです。

c0196928_16471165.jpg

前に走っているオレンジ色のバスは団体さんが乗っている臨時バスです。

広河原から芦安駐車場あたりまでは箱根以上のぐねぐね道が続く。しかも道路も悪いから、時々ドスンという衝撃がシートから伝わってきたりする。

あまり気分のいいバス旅じゃない。まして「行き」と違って何の気力もなかった私にとっては、なおさらね。
ただただぼんやりと景色を眺めていたって感じですよ。抜け殻のように。

それでも出発前に悩まされていた嘔吐感など一切なしに・・・つまり車酔いに悩まされることもなしにバスに乗れていたのだから、僥倖というべきなんだろな。

c0196928_1647254.jpg

10時41分(広河原から 20分後)、バスとすれ違う。それも 4台も!
つまり臨時バスが 3台ってことか。流石は祝日(山の日)だけのことはある。

これでは山小屋では確実に 1つの布団に 2人・・・だろうなあ。
かわいそうに・・・。

c0196928_16474076.jpg

10時53分に長いトンネル(夜叉神トンネル)を抜け、その 2分後の 10時55分(広河原から 34分後)、夜叉神峠登山口バス停に到着。

ここで女性 2人が降りた。
少し遠いが、ここから鳳凰三山に登ることもできる。それに挑むのだろうか。

11時10分、バスのすれ違いのために一旦停まる。
このときも 4台のバスがやってきて、びっくりです。本当にもう確実にきょうは 1つの布団に 2人・・・だろうなあ・・・。

c0196928_16475121.jpg

11時21分(広河原から 1時間後)、芦安駐車場に到着。一般車が入れるのはここまでってことで、駐車場には沢山の車が停まっていた。

ここで 6~7人が降りた。マイカー登山者なのだろう。そして代わりに 4人乗り込んできた。だから相変わらずほぼ満車状態です。

「立ちっぱなしおばちゃん」もここで降りた。ちょっと寂しいね。

c0196928_1648235.jpg

11時23分、芦安駐車場からバスが出発。ここまでは一般車が入れるってことで混み出すのではないかと心配していたのに、そんなことは特になかった。

それどころかむしろバスは結構な速度でぶっ飛ばしていた。

バスの甲府到着予定時間は 12時15分。次の特急列車は 12時29分発の「かいじ110号」ってやつだから、乗り換え時間がわずか 14分しかない。
数分遅れるだけでも気が気でなかったのだが、どうやら大丈夫そうかな?

c0196928_16481538.jpg

11時40分、少し市街地っぽい風景に変わっていった(ピンボケ写真で申し訳ない)。

11時51分、大きな川を渡る。釜無川(かまなしがわ)だ。行きのときにも触れたが、釜無川は富士川の上流に当たる川だそうだ。
そしてバスが渡った橋は多分信玄橋のはずです。

11時56分、竜王バス停で若い連中が 5~6人ほど降りた。近くに甲府駅の 1つ隣の竜王駅があり、その近くのバス停であることがあとで調べて分かった。
ただあずさは竜王駅には停まらないから、私にはなじみの少ない駅だ。

しかしいずれにしても、もういよいよ甲府駅も間近であることは間違いなかった・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-10-04 16:48 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 南アルプス・北岳登山記 201...      南アルプス・北岳登山記 201... >>