2016年 10月 03日
南アルプス・北岳登山記 2016 その44
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。
この連載を始める前は 20位以下でしたが、ベスト10 にぎりぎり食い込み始めました。最新の順位はこちら です。

c0196928_16544611.jpg

また今日の休日は雨・・・。
しょうがなく観にいった映画は、迷った挙句「レッドタートル ある島の物語」。

台詞が一切ない映画です。それだけに観る人の感性が試されます。

「君の名は。」と違って館内はガラガラ。Yahoo! のユーザーレビューも 3.37点と厳しい。

それでも私は気に入りました。
こんな映画もあっていい。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が 2年ぶりに日本アルプスに挑む。

男 「どうしたんだい。電話もせずに急に押しかけるなんて」
女 「何でもないの。ちょっと来ただけ・・・」

そう。今年挑んでいるのは南アルプスの北岳。
広河原目指して必死に下山しています。




広河原にて

c0196928_16551659.jpg

広河原目指して大樺沢(おおかんばざわ)沿いの道を下山していた私。
はたして 10時間20分発のバスに間に合うのか・・・。

c0196928_16552765.jpg

9時35分(北岳山荘から歩くこと 4時間30分後)、遂に白根御池小屋に向かう樹林帯急坂コースとの分岐に到着!
これで往路に出くわしたことになる。

ご覧のように広河原まで 20分となっていた。
9時35分+20分=9時55分。

何だよ、10時間20分発のバスに楽勝じゃないか!
ほっとしたよ。

ここで小学生ぐらいの子供 2人を連れたお父さんに出くわした。
彼らもバスに乗るってことで、「もう大丈夫そうですね」とお互い話し合った。

c0196928_16554647.jpg

やっと私はペースダウンし、出会った小さな沢でもう一度顔を洗ったりした。

c0196928_16555632.jpg

9時57分(北岳山荘から歩くこと 4時間52分後)、無事広河原山荘に到着。
やれやれ。バスの発車時間まで、まだ15分以上あるじゃないか。

c0196928_16561283.jpg

大樺沢沿いの小さなベンチにザックを投げ出し、ストックをしまい込んだ。

この下山では久しぶりにストックが大活躍したな。
走るように山を駆け下りたのに怪我一つなかったのは、間違いなくストックのおかげだ。

目の前に吊り橋を歩いている人の姿が目に入る。

彼らはこれから登るわけか。
この日は「山の日」。山小屋は激混みだろうなあ・・・。

c0196928_16562355.jpg

別れを惜しむように、吊り橋の上から大樺沢の向こうの山並みを眺める。
本当に今年はよく晴れてくれたよ。

c0196928_16563329.jpg

吊り橋を渡り切り、ゲートを抜け・・・

c0196928_16565819.jpg

広河原インフォメーションセンターの前に到着したのは10時5分だった。

結局北岳山荘からからここまで、コースタイム 4時間20分のところを 5時間もかかったことになる。
ただ大樺沢二股からここまでは 1時間50分のところ 1時間35分だったのだから、後半は相当頑張ったのが分かる。

もっとも、それでも 5時間もかかったことは、前半それだけのんびりとしていたってことなんだろうなあ、花の撮影などに時間を割いて。
あとは苦手なガレ沢の急斜面に時間を奪われたってことかな?

いずれにしても、最後は妙にあわててしまったな。あまり褒められた下山じゃなかったね。
そしてこの下山が私の体に結構深刻なダメージを与えていたことが後日分かる・・・。

c0196928_16571354.jpg

さて、広河原インフォメーションセンターがオープンしたのは 2010年6月15日。まだできてから 6年だから、建物はかなり綺麗です。
それこそ綺麗なトイレもついていたんで、早速利用させてもらった。

で、同じ建物内にバスのチケット売り場がある(写真の奥の部分がそれ)。
何か私の前の人は 20人ぐらいの団体の切符を買おうとしていたんで、結構待たされた。

そんなわけで切符を買い終えたのは 10時8分頃。
つまりバスの発車の 12分前ってわけで、思ったほど余裕があったわけでもない。

c0196928_1657356.jpg

早速バス売り場に向かうと、もうすでに 20人以上の人がずらりと並んでいた。
さっきの団体の人たちだろう。

え?
ってことは、下手をすると満席になってしまうかも?

そんな心配をしていたら、臨時バスが出るという案内があり、ほっとした。

というわけで、帰宅への旅が始まります。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-10-03 16:58 | 北アルプスなど高山 | Comments(4)
Commented by arpeggiro at 2016-10-04 12:21 x
毎日楽しく拝読しています。
さて、果たしてバスに間に合うのか!?ハラハラしましたが、無事間に合ってほっとしました(笑)
ただ下りで急ぐと危険だし、膝など痛めそうですよね。ん?やはり何かダメージがあったようですね・・・。
Commented by JunMorosawA at 2016-10-04 16:44
arpeggiroさん、こんにちは。

あれ?英語表記に変えたんですか?お久しぶりです。

> 毎日楽しく拝読しています。

ありがとうございます。

> ただ下りで急ぐと危険だし、膝など痛めそうですよね。ん?やはり何かダメージがあったようですね・・・。

じつはこのときには気づいていなかったんですけれども、意外なところにダメージが出ました。
多分、arpeggiroさんもまったく予想できないところに(笑)。
Commented by アルペジロー at 2016-10-05 22:33 x
> あれ?英語表記に変えたんですか?お久しぶりです。

あれ、ほんとだ。youtubeなどのログインにはローマ字を使っているので間違えたようです。

予想も出来ない意外なところにダメージ・・・気になります。

Commented by JunMorosawA at 2016-10-06 10:44
アルペジローさん、こんにちは。

> > あれ?英語表記に変えたんですか?お久しぶりです。

> あれ、ほんとだ。youtubeなどのログインにはローマ字を使っているので間違えたようです。

最初、誰だか、悩みました(笑)。

> 予想も出来ない意外なところにダメージ・・・気になります。

本当に予想も出来ない意外なところのダメージです(爆)。


<< 南アルプス・北岳登山記 201...      南アルプス・北岳登山記 201... >>