2016年 09月 23日
南アルプス・北岳登山記 2016 その34
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。
この連載を始める前は 20位以下でしたが、ベスト10 にぎりぎり食い込み始めました。最新の順位はこちら です。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が 2年ぶりに日本アルプスに挑む。

男 「どうしたんだい。電話もせずに急に押しかけるなんて」
女 「何でもないの。ちょっと来ただけ・・・」

そう。今年挑んでいるのは南アルプスの北岳。
北岳山荘の朝を迎えました。




北岳山荘の朝

c0196928_17104935.jpg

4時、突然暗かった部屋に灯りが灯る。

とうとう今年もヘッドライトを使うことはなかったな。
アラカンになった今でも夜中にトイレに起きるということはないし、未明に旅立つということもないから、ヘッドライトってまともに山で使ったことがなかったりする。

ところで「夜中にトイレに起きるということはない」とはいっても、決して熟睡できていたわけではない。それどころか結局まともには眠れなかった。
それでも 9時から 12時半ぐらいまでは何とか眠れたか。
そして最後の 2~3時あたりもどうやら眠れていたような気がする。

やはり布団と枕が合わなかったのか、首凝りがあり、肩も重かった。

そして胃の方にも重さを感じた。
しょうがなく残っていた太田漢方胃腸薬Ⅱを飲む。

c0196928_1711585.jpg

4時10分頃、早くも 1階に下りていった。

そして顔を洗い、トイレに入った。
こんな早い時間なのに、女性が入口に並んでいる。そんな中、小をするのはちょっと恥ずかしかった。

ロビー(?)にいたのは今朝もマスクをかぶった愛想のないマスクにいさんだった。

それでもラジオ体操のときに会う女性から頼まれていたバッジを彼から買った。
ちなみに 500円ジャストです。

c0196928_17111813.gif

そうそう。この日(8月11日)は「山の日」という今年からできた祝日だった。
だからバスの運行時間が平日とは違う可能性がある。

そこでマスクにいさんに尋ねたら、多分休日運転だと思うが、はっきりとは分からないんでバス会社に電話をして確認してほしいと言われた。

あとで調べてみたら真夏の間は毎日が「休日・夏季用」運転になっていて、平日も祝日も関係なかった。
「にいさん、そのくらいのことは勉強しておいてよ」と思った。

しかしこれで 10時20分のバス目指して下山するしかないという決意ができた。

c0196928_17113243.jpg

4時20分頃、一番に食堂に並んだ。とにかく早く出発したかったからだ。
だからこんな「誰もいない食堂」の写真が撮れました。

c0196928_17114635.jpg

おかずは、鮭の塩焼き、玉子焼き、切干大根、漬物、海苔、缶詰のミカン少々ってところだった。
まだ4時半ってこともあって、全然食欲は感じなかったけれども、それでもみそ汁だけはおかわりしたよ。

c0196928_17115938.jpg

また食べている間に山小屋側からの話があった。

これから間ノ岳の方に向かう人は、部屋は片づけを始めるから、1階の廊下にザックを置いていってほしいってことだった。
そう。きょうチェックアウトをする人でも、ザックは預かってくれるというわけです。

あときょうの天気予報は「曇り・朝から昼晴れ」ということだった。
まずまずですね。朝から昼まで晴れてりゃ十分だ。

c0196928_17121367.jpg

4時40分過ぎ、やはり真っ先に私が食堂を後にする。
というわけで、部屋に戻ってきたら、まだ誰もいなかった。

ここで待望の便意が・・・。

それこそまだ空いているトイレで用を足すことができた。
じつに 3日ぶりですよ。

c0196928_17122687.jpg

トイレから戻ってきて、窓から外を見て、びっくり!

雲海の上に富士山が顔を出していたのだ!
それは過去に見た富士山の中でも、トップクラスの神々しいものだった。

北岳山荘を設計したのは建築家の黒川紀章さん。
各部屋から富士山が見えるよう作ったというが、「なるほどな」と思った。

どうやら素晴らしい最終日を迎えることができそうだ・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-09-23 17:10 | 北アルプスなど高山 | Comments(2)
Commented by sasunsasun at 2016-09-24 13:36
j-minorさん

こんにちは、

このブログとっても気に入っております
私は山登りをしたことがありませんが
最近Jさんに感化されていつかはアルプス
なんて思ったり(^-^; (いつのことやら^^

ここで書かれていることから山小屋の常識やら
山登りの楽しみやら大変さやらを感じ取れてありがたいです。

混雑している時は一つの布団に二人寝るんですね
わたしゃこりゃ無理だ(テント持っていかねばかも

ともあれ、日々ブログの更新が楽しみです。
アクセスも増えているとのこと
そりゃこれだけ面白ければ皆さん見に来ますよね。

そのうち、またソロギの方でも更新お待ちしております(^O^)/
Commented by JunMorosawA at 2016-09-24 17:06
sasunsasunさん、こんにちは。

> 最近Jさんに感化されていつかはアルプス
> なんて思ったり(^-^; (いつのことやら^^

あらま!そんなふうに影響を与えられたのなら嬉しいです。
おやじさんは私よりも若いのだから、これからでもまだあっちこっち行けますよ。
中房温泉→燕岳など、初心者にお勧めです。山ガールが沢山います♪

> 混雑している時は一つの布団に二人寝るんですね

私はまだ経験ないですけれど、一つの布団に三人ってこともあるそうです。
これからの紅葉の時期などは危ないようですよ。

> アクセスも増えているとのこと

アコギのブログの2~3倍ぐらいは見ていただいていますが、これでも今年は少ない方で、ブログ村の順位もなかなか上がりません(苦笑)。

> そのうち、またソロギの方でも更新お待ちしております(^O^)/

アコギも一応弾いていますよ。最近は岸部眞明さんの曲を弾いていますが、発表するレベルには、なかなかなれません(苦笑)。


<< 南アルプス・北岳登山記 201...      南アルプス・北岳登山記 201... >>