2016年 09月 13日
南アルプス・北岳登山記 2016 その24
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。
この連載を始める前は 20位以下でしたが、ベスト10 にぎりぎり食い込み始めました。最新の順位はこちら です。

c0196928_17502418.jpg

ここのところ、休みというと雨に当たってしまう。
そんなわけで前回の休みも映画に行きました。

じつはもう一度「シン・ゴジラ」を観ようと思っていたのだけれども(笑)、あまりの評価の高さに、アニメの「君の名は。」を観てきた。

ファンタジーとはいえ、高校生が主人公の、まあ一種の恋愛映画でっせ。
それをアラカン親父が観るというのは、結構勇気が必要だったけれども、いやあ、傑作だった!

正直いって新海誠監督なんて、全然知らなかった。ポスト宮崎駿というと細田守なんだろうと思っていたのに、まだまだすごい人がいるんだなあ・・・。

さて、身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が 2年ぶりに日本アルプスに挑む。

男 「どうしたんだい。電話もせずに急に押しかけるなんて」
女 「何でもないの。ちょっと来ただけ・・・」

そう。今年挑むのは南アルプスの北岳です。
草すべりの急登が終わろうとしています。




草すべり、最後の踏ん張り

c0196928_17504981.jpg

7時20分(白根御池小屋から歩くこと 1時間45分後)、樹林帯を抜け、草すべり最大のお花畑に達する。植生保護柵のある場所だ。

しかし・・・あれ?花の数が思ったほど多くない。BS で見ていたシナノキンバイの大群落もない。

そういえば今年は雪が少なく、春の訪れが早かったと聞く。
どうやらこの場所の、本当の花のピークはもう過ぎてしまったようだ。

白馬岳のときには逆にやや早過ぎだし、うまくいかないものだ。
でもまあ、これだけはしょうがないですね。自然の「采配」なのだから。

c0196928_1751432.jpg

一方後ろを振り返ると、今度こそ鳳凰(ほうおう)三山がくっきりと見える。ややガスで邪魔されていたけれども、ほぼ完璧だ。

素晴らしい!

c0196928_17512057.jpg

7時23分(白根御池小屋から歩くこと1時間48分後)、二俣との分岐に到着。
ってことは、最初のポイントの小太郎尾根分岐ももう間近のはずだ。

そういえば緑おじさんは二俣の方からこの分岐に登ってくると言っていた。
「その方が楽だから」ってことだったが、どうなんでしょうね。

c0196928_17513166.jpg

一方私の前には白髪おじさんがいる。

そうそう。私が花の写真を写しながら登っていたら彼が、「私はあまり花には興味がないんだけれども、たまには写しますか」とカメラを構えていたっけ。

彼の奥さんも山が好きらしい。しかし親の介護をするようになってしまって一緒に来れなくなってしまったという。
「人生計画が狂いましたよ」なんて言っていたなあ・・・。

c0196928_17514961.jpg

比較的近くの樹木にホシガラスが現れる!
そこですぐにカメラを構えるも、あまり大きく写せず。

何度も高山で出会っている鳥なのに、まだ一度も大きく写せたことがない。
何とかこの山行中にモノにしたいものだ。

もちろんできれば雷鳥(らいちょう)もね。

c0196928_1752487.jpg

ほぼ森林限界を越えて、一面低い草だけの斜面を登っていく。
まだまだ体力的には大丈夫だった。

ただ、もう 2時間歩いているのに、まだ稜線に達しないとは・・・。
草すべり、恐るべし・・・。

c0196928_17521411.jpg

7時39分(白根御池小屋から歩くこと 2時間4分後)、休憩する。

ここで後ろを振り返ったら、富士山が!
ややガスに邪魔されてはいたが、この旅で初めて目にする富士山は神々しかった。

素晴らしい!

c0196928_17522822.jpg

7時45分、休憩を終えて歩き始める。最早稜線も間近だった。

そしてこの先の小太郎尾根分岐で、奇跡の絶景を目にするのであった・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-09-13 17:53 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 南アルプス・北岳登山記 201...      南アルプス・北岳登山記 201... >>