2016年 09月 12日
南アルプス・北岳登山記 2016 その23
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。
この連載を始める前は 20位以下でしたが、ベスト10 にぎりぎり食い込み始めました。最新の順位はこちら です。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が 2年ぶりに日本アルプスに挑む。

男 「どうしたんだい。電話もせずに急に押しかけるなんて」
女 「何でもないの。ちょっと来ただけ・・・」

そう。今年挑むのは南アルプスの北岳です。
いよいよ北岳目指しての登山が始まりました。




草すべりの急登が続く

c0196928_180253.jpg

北岳目指しての厳しい登山が続いています。
流石は急登で名高い草すべり。楽に登らせてはくれません。

c0196928_1802443.jpg

6時33分(白根御池小屋から歩くこと 55分後)、視界が開け、目の前に北岳らしき岩山が見えてきた。

素晴らしい。
そこでまたドライりんごを食べつつ休憩。

上から下りてきたおにいさんに「あれが北岳ですか?」と尋ねたのだが、彼もはっきりとは分からないようだった。

c0196928_18052100.jpg

花とも出会いますよ。
これはコゴメグサ。

コゴメグサは大変種類が多いらしいが、南アルプスや八ヶ岳ではコバノコゴメグサが多いらしいから、それかな?

c0196928_181694.jpg

これは何でしょうね。葉っぱにニキビのようなものが付いている。
病気なのか、こういったものなのか・・・。

c0196928_1811693.jpg

それにしてもなかなかの急登だ。
白根御池小屋と北岳の高度差 993mは伊達じゃないね。

c0196928_1812991.jpg

7時3分(白根御池小屋から歩くこと 1時間28分後)、この旅の前に買ったカシオの高度計機能付きの腕時計 CASIO PRO TREK PRG-270-1JF の高度表示が 2550mになる。

ちゃんと高度を補正してないから高度表示はあてにならないが、上に表示されている高度差機能に注目。382mと出ていた。
先ほど書いたとおり、白根御池小屋と北岳の高度差は 993mだから、まだまだである。

うむむ。強敵だね。

c0196928_1815158.jpg

振り返ると左後方に鳳凰三山らしき山が見えてきた。
メガネをかけた優しそうなおにいさんに「オベリスク、見えましたね」と言われたんだけれども、私にはイマイチよく分からなかった。

けどね。コミュニケーションはなかなかよかったですよ。

例えばこのあたりで、抜いたり抜かれたりしていた 30ぐらいのカップルと再び出会った。
もしかしたらこの写真の下に写っているのがそのカップルかもしれない。

彼らは日本第二の高峰、間ノ岳(あいのだけ)まで行くそうだ。っていうか、間ノ岳をも越えて農鳥岳(のうとりだけ)まで進むんだと、女性の方が楽しそうに喋っていた。
ちなみに、北岳、間ノ岳、農鳥岳の 3つを総称して白峰三山(しらねさんざん)と呼びます。

そしてこのあと何度も出会うことになる白髪おじさんに遭遇したのもこのあたりだ。
山に詳しそうだったんで間ノ岳までの往復のことを相談したら、この草すべりを登ったあとに間ノ岳まで往復するのは結構しんどいってことだった。

う~ん、そうかあ。まあ時間的には問題なさそうなのだが、問題は北岳まで辿り着いたあとの自分の体力・気力だな・・・。

c0196928_182199.jpg

7時20分(白根御池小屋から歩くこと 1時間45分後)、急に視界が開ける。
森林限界を突破したか!

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-09-12 18:02 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 南アルプス・北岳登山記 201...      南アルプス・北岳登山記 201... >>