2016年 09月 05日
南アルプス・北岳登山記 2016 その16
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。
この連載を始める前は 20位以下でしたが、ベスト10 にぎりぎり食い込み始めました。最新の順位はこちら です。

c0196928_17502813.jpg

今更ですが「シン・ゴジラ」を観てきました。

もう公開開始からかなり経っている平日1回目の上映なんて、ガラガラが定番なのに、きょうもかなりのお客さんがいました。

で、「ゴジラ」世代の私も大いに楽しめました。
庵野秀明さんってすごいのかなあ。「エヴァンゲリオン」シリーズなんて観てもいないですけれどねえ。

そもそも昔の「ゴジラ」のファンといたしましては、伊福部昭の音楽がそのまま使われているだけでも涙がちょちょ切れそうだったし、エンドロールの最後に「終」の一文字が現れただけで嬉しかったです(昔の怪獣映画はそうだったのです)。

まだの方は、是非劇場でどうぞ。

さて、身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が 2年ぶりに日本アルプスに挑む。

男 「どうしたんだい。電話もせずに急に押しかけるなんて」
女 「何でもないの。ちょっと来ただけ・・・」

そう。今年挑むのは南アルプスの北岳です。
もうすぐ白根御池小屋に辿り着けるはずです!




白根御池小屋目指してひたすら歩く

c0196928_175101.jpg

休憩を終え、再び歩き始める。緑おじさんはあと 200mで水平道だと言っていたのに、なかなか水平になどなってくれない。
本当に厳しい急登が続くのだ。

翌日歩く草すべりがしんどいとは聞いていたが、ここだってもう十分しんどいではないですか。

c0196928_17511714.jpg

しかも相変わらずの樹林帯が続く。ほとんど展望がないからつまらない。

葉っぱを写した写真が残っているのだが、やはり樹木はコメツガのようだ。
「樹皮は灰褐色」という条件にも合っているもの。

一方レンゲショウマと出会って以来、不思議なくらい野の花と出会えないのが少し寂しいところだった。

c0196928_17513031.jpg

1時23分(広河原山荘から歩くこと 2時間6分後)、やっと道が水平道になってくれた。
緑おじさんの言ったことは本当だったなあ。緑おじさんもインディアンもウソつかないね。

c0196928_17514442.jpg

水平道になったことを記念して(?)再び休憩。休憩ばっかだな。

ここでプラティパス・ソフトボトルに入っている水をペットボトルに移した。

プラティパス・ソフトボトル、すっかり普通の水筒になってしまって、ハイドレーション・システムとして使わなくなってしまったな。
やはり私はペットボトルから飲んだ方がおいしく感じられてさ。

c0196928_17515361.jpg

1時37分(広河原から歩くこと2時間20分後)、遂に「白根御池小屋まであと 20分です」という手作りっぽい指導標が現れた。

本当だろうな。緑おじさんもインディアンもウソつかないけれども、指導標がウソつくなんてことはないだろうな・・・。

c0196928_1752878.jpg

樹林帯を抜け、少しだけ明るい場所に出ると、イワオトギリ、ジャジンタイプの花、シモツケソウ、トリカブトなどの野の花が現れた。

大きな変化と言える。

しかしあまり珍しい花ではないため、もう一つテンションは上がらなかったはずだ。

c0196928_17522065.jpg

やがて左側(東側)が切り立った崖になっていて、そこに木道を渡してあるような道が現れた。

そんな場所で手帳に「いいおねえさん」の文字。
最早意味不明。

きっとかわいい山ガールが木道で私に道を譲ってくれたことに感激したのだろう。
オヤジは単純です。

c0196928_17523333.jpg

それはともかく、左側には、わずかに雲がかかっていたものの、鳳凰三山と思われる山々がくっきりと見えていた。
かなり高度を稼いだ証拠だろう。

しかし水平道になってからもそんなに楽にならない。1時50分にはわざわざ「水平道でもしんどいよ」と手帳に書いているほど。

c0196928_17524658.jpg

またやや薄暗い樹林帯に入っていく。

そんな中、1時54分、またまた休憩。「小鳥の鳴き声がいいね」と手帳に書いています。

そういえば高山って夏につきもののやかましいセミの鳴き声が一切ない。だから野鳥の鳴き声がダイレクトに響いてくるのだ。

c0196928_17525716.jpg

2時6分、道が石畳のようなものに変わる。明らかに人工的な道だ。山小屋が近いのかもしれない。

c0196928_1753912.jpg

そんな中、上空でまた野鳥のさえずりが聞こえてくる。
あわてて DMC-FZ1000 を向けたものの、ピンボケ写真しか写せなかった。

結構粘ったんだけれどなあ。
残念だよ。

でもこういうひとときが大切なんだよね。

c0196928_17532170.jpg

1時40分、遂に正面に茶色い建物が見えてきた。

初日のゴール、白根御池小屋に到着したのだ!

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-09-05 17:54 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 南アルプス・北岳登山記 201...      南アルプス・北岳登山記 201... >>