2016年 08月 30日
南アルプス・北岳登山記 2016 その10
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。
この連載を始める前は 20位以下でしたが、ベスト10 にぎりぎり食い込み始めました。最新の順位はこちら です。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が 2年ぶりに日本アルプスに挑む。

男 「どうしたんだい。電話もせずに急に押しかけるなんて」
女 「何でもないの。ちょっと来ただけ・・・」

そう。今年挑むのは南アルプスの北岳です。
連載10回目にしてやっと甲府駅に到着。広河原を目指します。




甲府駅にて

c0196928_17584310.jpg

8時28分、スーパーあずさ1号が甲府駅に到着。
私の目の前に、テント泊装備の単独の女性がいた。彼女も北岳に向かうのだろうか。

c0196928_17585830.jpg

改札を抜けるとご覧の案内があった。広河原行きのバスが出るのは南口のはずなんで、そちらに向かう。

c0196928_17591522.jpg

エスカレーターで地上に降りたら工事の警備をしているおじさんが、ザック姿の私を見て、「広河原行きのバスは右手です」と案内してくれた。

そういえばテント泊装備の単独の女性も、他の登山者もそちらに向かっていく。

c0196928_17593688.jpg

バス乗り場のすぐ近くに信玄公の立派な銅像があったっけ。
流石は甲府。思わず記念撮影したくなるね。

c0196928_17595433.jpg

さて、広河原行きのバスは 2番乗り場だった。

バス停前にはすでにザックが並んでいたが、まだ 4つだけ(ちなみにそのうち 1つは、私の前にいたテント泊装備の単独の女性のです)。

以前ネットで調べたとき、広河原行きのバスは混むという情報があったんで少しビビっていたんだ。
だからこそ、少しゆとりを持って早めに甲府まで辿り着いた作戦が成功した形だ。

ま、バスが出発するのは 9時でまだ 30分近くあるのだから、当然といえば当然なんだけれどね。

c0196928_180586.jpg

バス停にはバスの運行時間がとても詳細に書いてありました。
ネットで調べたとおり、最盛期は平日・土日関係なく、4:35 7:00 9:00 10:00 11:00 12:00 14:00 って感じで運行されています。

c0196928_180193.jpg

そういえばトイレに行きそこなっていたんだっけ。駅の外にはないものなのか。
見当たらなそうなんで、しょうがなくコンビニに入っていったのだが、不思議にもトイレが見当たらない。そんなコンビニもあるのか。

ところがよく見たら、2番乗り場の近くに工事現場によくあるタイプの臨時のトイレがあるではないか。
というわけで、そこで用を足した。

c0196928_1803060.jpg

ところでバスのチケットは何処で買えばいいのだろう・・・と悩んでいたら、8時40分を回った頃、チケット売りの初老のおばさんが現れた。
多分 70は行っていると思うくらいの人だ。

c0196928_1804419.jpg

広河原までのバスの運賃は 1,950円で、それに利用者協力金っていうのが 100円プラスされ、総額 2,050円になる。
まあ約2時間で 2千円なら安い方かもしれない。

c0196928_1805863.jpg

徐々に列が伸びていく。

私のわりとすぐ後ろに、男2人、女4人の大学生ぐらいのグループがあった。
明らかにみんな登山スタイルなのに、そのうち 1人の女性はスカート姿だった。

私のすぐ後ろに、そうだなあ、私とそう年齢の違わない単独の男性がいたんだけれども、彼がその女性に「スカートで登るの?」と尋ねていた。

乗りがあったら私がそうしたかったのにね。

でも「違います。着替えます」と笑いながら言う彼女に、話には加われなかったものの、その単独の男性と一緒に笑っていましたよ、私も。
多少精神的に余裕があった証拠だろう。

9時50分ぐらいになると、バスを待つ列の長さは 30人ほどにもなっていた。
ゆとりを持って早めに甲府まで辿り着いた作戦が成功した形ではあるけれども、これでみんなバスに乗れる(座れる)んだろうか?

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-08-30 18:03 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 南アルプス・北岳登山記 201...      南アルプス・北岳登山記 201... >>