2016年 08月 28日
南アルプス・北岳登山記 2016 その8
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が 2年ぶりに日本アルプスに挑む。

男 「どうしたんだい。電話もせずに急に押しかけるなんて」
女 「何でもないの。ちょっと来ただけ・・・」

そう。今年挑むのは南アルプスの北岳です。

連載 8日目にして、やっと旅立ちます。
さて、どうなりますことやら・・・。




いよいよ旅立つ!

c0196928_16362755.jpg

8月9日(火曜)、遂に決行当日の朝を迎える。

4時35分頃、床を離れる。
ちょうどヒグラシが鳴き始めていた。そんな時間帯なのだ。

残念ながら睡眠はイマイチで、寝たり起きたりを繰り返していた感じだった。

頚椎症による首の違和感、腕の重だるさもある。
そして、例の嘔吐感も、多少あるような・・・。

情けない限りだが、最近は登山家としても有名なみなみらんぼう氏が読売新聞の夕刊にこんなことを書いていた。

しょっちゅう山に登っていると、病気なんかしないんじゃないかと思われるかもしれないが、腰痛持ちのうえに花粉症だし、暑さ寒さにも人並み以上に弱いと自認している。

「山登りしているから健康だ」は嘘。中高年の登山者なら、どこかに小さな病気を抱えて登っていることが多い。

そう。中高年の登山者で完璧な人など、きっといない・・・。

c0196928_16364543.jpg

洗顔&髭剃りを行う。
このとき軽くシャワーを浴びた。

そして前日に横浜のユニクロで買ったトランクスとドライ EX クルーネックTに着替える。
下着からして「勝負服」ってところです。

残念ながら便意は全くなかった。できたらすっきりと出しておきたいところなのに。
まあこれはしょうがないか。

c0196928_163761.jpg

重いザックと共に階段を下り、玄関で 7月24日にリーフみなとみらいのモンベルで買ったばかりのアルパインクルーザー 2000(左)を履く。
右は今まで5年間お世話になったモンベル・ワオナブーツ。こうしてみると、結構ボロボロになっていたんだな。

金時山に行って試し履きをしたとはいえ、アルパインクルーザー 2000 を縦走に使うのはこれが初めて。
ちょっとだけ心配・・・。

c0196928_16371738.jpg

5時10分頃、いよいよ旅立つ。

空は雲が多かった。それに結構蒸していた。
ヒグラシが鳴いていたのはそんな天候のせいだろう。

そんな中、やはりテンションの方はイマイチだった。
そして残念ながら決行当日になってもまだ軽い嘔吐感が消えてなかった。

これはしんどい戦いになるかもしれない。

c0196928_16373125.jpg

5時15分頃、JR北鎌倉駅に到着。

乗車券は八王子から甲府までしか買ってなかったから、八王子まではスイカを利用するしかない。
だからスイカに 3千円チャージして改札を抜けた。

c0196928_16374418.gif

本日の予定はこんな感じ。

八王子ではたっぷり 40分近く時間を取ってある。
モーニングを食べたり最後の買い物をするためのものと、万が一電車が遅れたときの保険だ。

甲府駅でも 30分ほど取ってあるのは、確実にバスの席も確保するためだ。

バスの乗車時間は 2時間近いからね。座れないと大変なことになるもの。
このくらいの余裕は必要です。

それにしても、山に行くときにはいつも 5時台の横須賀線に乗る私だけれども、 5時18分発の電車に乗ることは、流石に滅多にないです。

c0196928_16375855.jpg

というわけでその 5時18分発の横須賀線に乗り込む。流石に余裕で席をゲットできた。

いよいよ旅の始まりである。
しかし私のテンションはまだ低いままだった。

車窓から外を眺めると、見事に曇っていた。
だから余計テンションが上がらなかったのかもしれない。

c0196928_16381210.jpg

5時39分、横浜駅に到着。床に置いといたザックを背負う。

流石に肩だけで持とうとすると重さを感じた。やはりザックは腰・背中・肩に重さを分けて背負うものなんだな・・・とあらためて思う。

京浜東北線に乗り、東神奈川駅に進み、横浜線に乗り換える。
あとは終点まで乗っていれば自動的に八王子まで運んでくれます。

c0196928_16382554.jpg

横浜線の中で私は太田漢方胃腸薬Ⅱを飲んだ。「ストレスが胃に来たら」っていう胃腸薬だからね。嘔吐感を抑える効果もあるはずだ。
しかし空きっ腹に薬っていうのは逆効果っぽい気がしなくもなかった。

横浜線が進む。

成瀬駅あたりからやっと車内が混み出した。
一方外は曇りのままだった。

横浜線が進む。

だのにテンションは一向に上がらず。
眠気も取れないし、食欲も湧いてこなかった。

これじゃあ八王子でモーニングを食べるのですら、しんどいかもなあ・・。

c0196928_16385864.jpg

6時50分、八王子に到着。
あらためて書いておけば、八王子駅(はちおうじえき)は、東京都八王子市旭町にある JR の駅だ。

JR東日本の中央本線・横浜線・八高線の 3路線が乗り入れるターミナル駅で、2015年度の一日平均乗車人員は 86,1781人であり、JR東日本の中で 50位だそうだ。

また、全ホームの発車メロディは 2005年から八王子市出身の中村雨紅作詞の「夕焼小焼」になっていて、ホームごとにアレンジが異なるそうだ(これは今知ったな)。

c0196928_16391455.jpg

ここで最後の食料調達のため、セブンイレブンに向かう。
といっても、すでに結構用意してあったから、買ったのはおにぎりとチョコクロワッサンぐらい。

セブンイレブンから駅に戻るとき、また軽い嘔吐感に襲われた。

c0196928_16393052.jpg

食欲はほとんど感じていなかったけれども、それでも改札前の BECK'S COFFEE に入っていく。

迷った末に、いつものモーニングセットではなく、紅茶(230円)とサラダドッグ(300円)を単品で頼んだ。こっちの方がお腹への刺激が弱いだろうと考えたからだ。

しかし普通のホットドッグの上に冷たいコールスローが乗っているサラダドッグは思ったほどおいしく感じられなかった。
それに、単品のサラダドッグですら量が多く感じられた。

やっぱ胃腸は駄目だなあ・・・。

c0196928_16395114.jpg

7時13分、BECK'S COFFEE を後にし、ホームに向かう。あずさが来るのが 7時19分と勘違いしたのかもしれない(実際には 7時29分)。
このときにもまた軽い嘔吐感に襲われ、恥ずかしながらゲップをすることでかろうじて抑えた私。

一向にアップしてこないテンション。静かに襲ってくる嘔吐感・・・。
甲府駅からはいよいよ長い長いバスの旅が始まる。私にとって「鬼門」のバスの旅が・・・。

いったい、どうなるんだろう・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-08-28 16:41 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 南アルプス・北岳登山記 201...      南アルプス・北岳登山記 201... >>