2016年 08月 06日
大月の岩殿山から稚児落としを目指す その6
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_16405752.jpg

先日リーフみなとみらいのモンベルに行き、5年ぶりに登山靴を買い換えた。
着々と進む準備と、なかなか本気にならない自分がいます。

はたして今年は夏山に向かえるんでしょうか・・・。

さて今回は少し前のお話なのですが、5月16日に大月の岩殿山から稚児落としを目指したときのお話の 6回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_1641212.jpg

鎧岩と兜岩という 2つの難所が終わっても、まだまだ厳しいコースは終わらない。
例えばこんな風にトラロープの張られたしんどい斜面が平気で現れる。

c0196928_16413164.jpg

そんな難所を経て、10時22分(大月駅から歩くこと 1時間52分後)、2本目の鉄塔に到着。

c0196928_16414131.jpg

鉄塔のすぐ先で小さな祠のある場所に出た。どうやらこれが菅原道真公を祭る浅利天神の祠らしい。

私も 5円だけ奉納しました。

c0196928_16415239.jpg

また山道に入っていきます。ここにあったヤマボウシはもう結構咲いていたっけ。

c0196928_1642313.jpg

10時30分(大月駅から歩くこと 2時間後)、3本目の鉄塔に到着。

そういえば縦走し始めてから誰一人として出会わない。静かな登山ができていた。

c0196928_16421438.jpg

そして10時34分(大月駅から歩くこと 2時間4分後)、遂に稚児落しが正面に見えてきた。

すごい迫力である。

c0196928_164224100.jpg

そちらに進むときに。わざわざ「この先危険。岩場歩行注意」という注意書きがあった。

c0196928_16423436.jpg

その危険な岩場を歩いていき・・・

c0196928_16424711.jpg

一旦また山に入ると、浅利・大月駅と笹平・トズラ峠への分岐に遭遇。

トズラ峠を経て金山民宿村に行くと日帰り温泉があると書いてあったが、今回もそちらは目指さずに左を取ります。

稚児落しも近い・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-08-06 16:43 | 低山歩き | Comments(0)


<< 大月の岩殿山から稚児落としを目...      大月の岩殿山から稚児落としを目... >>