2016年 07月 09日
湘南国際村から子安の里を経て立石に至る その6
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。





松田聖子さんの「SWEET MEMORIES」に挑んでみました。
ま、途中でボロボロになっていますが、それも含めてご笑覧ください(笑)。

さて今回は少し前のお話なのですが、4月25日に湘南国際村から子安の里を経て立石に至ったときのお話の 6回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_10274283.jpg

というわけでガイド(「大人の遠足BOOK 鎌倉・湘南・三浦をあるく」)に従って関根川沿いの林道を海に向かって進んでいく。

暑かったってこともあり、もうこの時点でかなりくったくたになっていたはずの僕なのだが、このとき吹いた風は心地よかった。

c0196928_10275480.jpg

野鳥の鳴き声のする緑の多い林道はなかなかよかった。

ほら、こうしてガビチョウもいたしね。
ガビチョウ、本当に最近何処にでもいるな・・・。

c0196928_1028498.jpg

そしてすぐに目の前に関根御滝不動尊が現れた。ガイドには「おいしい名水が湧き出し、いつも地元の人が汲みに来ている姿を見かける」とある。

c0196928_10281645.jpg

誰もいなかったけれども、そこそこ立派なお社が建っていて、こんな感じでパイプから水がこんこんと湧き出ていた。
あとで調べてみたら、この水は「妙薬の霊水」といわれ、胃病に効果があるらしい。私向きだったんだ。

やがて 1台の車が近付いてきて、そこから大きなポリ容器を持った男性が現れた。
礼儀のある方で、「あっ。お先にどうぞ」みたいなことを私に言ってくれた。

その態度が嬉しくて、「皆さん、ここに汲みにくるんですか?」と尋ねると、「はい。なくなると」と言っていたっけ。

c0196928_10283064.jpg

御滝不動尊から先に進むと、左下にトンネルが見えた。「久留和隧道」と書いてあった。

海に出るまでに子安の里通りに 2つのトンネルがあるとあとで知った。どうやらこれが 2番目のトンネルのようだ。

c0196928_1028436.jpg

子安の里通りをまたぐように林道を進んでいく。

すると左手に、10段ぐらい下ったところに立派な休憩所が現れた。そこにも「関根川親水施設・遊歩道」の案内板があった。

ベンチもあったんで、ここでやっと休憩することにした。

c0196928_10285679.jpg

午後の紅茶と共に「レアチーズタルト」というお菓子を食べた。
はっきりいって、おいしくなかった。暑さのせいで少し溶け始めていたせいだろう。

このときちょうど 1時(つづじヶ丘バス停から歩くこと およそ1時間半後)。
手帳には「だるいが、少し満足」という文字が。

暑さのせいで体はぐったりと疲れていたものの、湘南国際村からのこの変化を少しは楽しんでいたようだ。

c0196928_1029268.jpg

休憩を終えて歩き始める。

今度は道の右手に庚申塔が現れた。道は普通の舗装された林道だが、古道であることが分かる瞬間だ。

c0196928_1029361.jpg

やがて正面にバスが見えてきた。
海も近い!

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-07-09 10:31 | 低山歩き | Comments(0)


<< 湘南国際村から子安の里を経て立...      湘南国際村から子安の里を経て立... >>