2016年 06月 30日
湘南国際村から子安の里を経て立石に至る その3
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_12224344.jpg

今週に入り、流石に紫陽花の人出も一段落したって感じかな?
また静かな北鎌倉に戻ってきました。商売的にはしんどく、個人的には嬉しい・・・という複雑な気持ちです。

さて今回は少し前のお話なのですが、4月25日に湘南国際村から子安の里を経て立石に至ったときのお話の 3回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_1223919.jpg

湘南国際村子安口バス停のすぐ先が、「この先行き止まり」となっていた。
ここを右折すれば子安の里の方に向かえるはずだ。

c0196928_1223196.jpg

と思っていたら、「子安の里通り」という案内が現れる。
間違いないですね。

c0196928_12233069.jpg

「子安の里通り」といっても立派な車道である。風情のある田舎道というわけではない。

途中には「カフェレストラン 子安の里 まりん」というお店があった。ここもちゃんと営業していて、沢山の車が停まっていた。

あとで調べてみたら、おいしそうなしらす丼が1,350円ほどで売られていた。 残念なことをしたな。

c0196928_12234362.jpg
「大人の遠足BOOK 鎌倉・湘南・三浦をあるく」


さて、ここからはガイドによるとこうなっている。

子安の里通りに出たら、左折して集落の外側を一周する小道に入ってみよう。 大きな長屋門のある農家から畑の中の道を緩やかに登っていくと、集落全体が見渡せる場所に出る。

そう。子安の里通りに出たら、「左折して集落の外側を一周する小道に入って」いかなければならない。
しかし上の地図を見ても分かる通り、何の目印もない。

c0196928_12235689.jpg

少し下ると右手に立派な消防署が現れた。しかしこれすらガイドに載ってない。

c0196928_1224826.jpg

しかしこのあたりでやや人工的な川(関根川)の川幅が広くなっていた。
イラストマップだとその手前を左折することになっているぞ。

c0196928_12241862.jpg

だから引き返して、左折する道に入っていった。

c0196928_12274229.jpg

小さな橋には四ッ谷橋という名前が付いていた。

c0196928_1228864.jpg

橋を渡るとすぐに作業小屋のようなものがあり、近所のおばあさんって感じの人たちが数人そこにいた。

どうやら野菜をそこに持ってきているようだった。小さな農協のようなもの施設なのかもしれない。

c0196928_12255314.jpg

そして小屋の先に畑が現れ、風景が田舎のそれにがらっと変わる。

ここが「子安の里」か。
半信半疑ながら、進んでいった私だった・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-06-30 12:28 | 低山歩き | Comments(0)


<< 湘南国際村から子安の里を経て立...      湘南国際村から子安の里を経て立... >>