2016年 06月 23日
湘南国際村から子安の里を経て立石に至る その1
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_11505417.jpg

「おくら北鎌倉」というお店で多肉植物の寄せ植えっていうのを買ってみた。

しかし多肉植物って種類が多いですねえ。ネットで調べても、あまりの種類の多さに、どれがどれだか、私にはさっぱりと分かりません(苦笑)。

さて今回は少し前のお話なのですが、4月25日に湘南国際村から子安の里を経て立石に至ったときのお話をしたいと思います。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_1151232.jpg

午前中 10時ぐらいまで用事があった。もうこれからじゃ、とても山になど向かう気にはなれない。

しかしこの日の予報は「晴れ時々曇り」。家に閉じこもっているにはあまりにもったいない天候だ。

そこで「大人の遠足BOOK 鎌倉・湘南・三浦をあるく」で逗子や葉山あたりの近場を検討してみたら、湘南国際村から子安の里を経て立石に至るコースがあった。

いずれも行ったことがない。よいではないですか。

c0196928_1151352.jpg

というわけで 10時半頃 JR北鎌倉駅に向かう。

空には案外雲が目立っていた。それでも日差しが強く、初夏の空気を感じた。
駅に到着後、念のためにスイカに2千円チャージする。

向かうは下りホーム。変な感じだね。

c0196928_11514835.jpg

というわけで 10時36分発の下り横須賀線に乗り込み、10時44分、逗子駅に到着。

降りるときに、ザックを背負った中高年のハイカーが沢山電車から吐き出された。
いや~な予感がする。

c0196928_1152092.jpg

改札を抜けて駅前のバスターミナルに向かう。

今回乗るバスは湘南国際村行き [逗16] 系統のバスで乗り場は 1番乗り場。
何と、その中高年のハイカーたちも 1番乗り場に向かうではないか!

c0196928_11521739.jpg

というわけで 1番乗り場にはその団体さん方がすでに 20人以上いた。
おいおいおいおい。こいつらも湘南国際村に行くのかよ。

バスターミナルにはかなり強烈な日差しが差し込んでいて、かなりの暑さを感じた。
それに今から何となくだるさを感じる。

こういう「近場」に行くときって、逆にぐったりとしてしまうことが多いんで、怖い。

c0196928_11522952.jpg

列はさらに伸びてくる。つまりその団体さんだけじゃないってこと。
にしてもなかなかバスがやってこない。おかしいなあ。もう時間になるのに・・・。

湘南国際村行きのバスがやってきたのは発車 1分前の 10時59分だった。
そして幸いなことに中高年の団体さん方はそのバスには乗らなかった。

こうなると私はかなり前に並んでいたことになる。
というわけで、「2人がけのシートが並ぶ後部座席の一番手前」という特等席をゲットすることができた。

11時1分、バスが出発する。
2分後に新逗子駅に到着すると、何と更に 15人ほども乗り込んできて、私の隣の席も埋まってしまった。11時という中途半端な時間を考えると、意外としか言いようがないです。

c0196928_11524048.jpg

ハイキングで利用したことのある、長柄橋や風早橋を経由する。風早橋では 10人ほども降りたっけ。

11時13分には葉山小学校バス停に到着。仙元山ハイキングコースの終点に当たるバス停ですよ。
近くにはツツジの名所として有名な花ノ木公園もある。

葉山小学校の次のバス停は葉山大道。葉山大道と書いて「はやまおおみち」と読む。
このまま真っ直ぐに進めば御用邸に着くはずだが、ここでバスは左折する。

いよいよ湘南国際村に向かって舵を切ったってところ。何か新鮮な感じがあった。

c0196928_11525131.jpg

一色小学校、一色住宅を経る。

私の後ろにはサラリーマンがいて、「店長の悲哀」のようなことを話していた。
30万もらっていても社会保障などに入ってしまうと実質20万、バイトと変わらん・・・とか、そんな話を延々としていた。

c0196928_115302.jpg

で、湘南国際村入口という交差点で右折したんだと思う。もうこのあたりから、自分が丘陵地にいるってことがはっきりと分かってくる。

小金坂橋を経て、湘南国際村間門調整池という長い名前のバス停で、先程のサラリーマンが 5人も降りてびっくり。多分研修でもあるのだろう。

いよいよスタート地点が迫ってきた。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-06-23 11:53 | 低山歩き | Comments(0)


<< 湘南国際村から子安の里を経て立...      シロヤシオ咲く金時山 その4 >>