2016年 05月 28日
公会堂前バス停から草戸山を経て高尾山口駅に向かう その8
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_7124379.jpg

ノキシノブ(軒忍)かな?こういうのは絵になりますね。
○○○ハウスなんかの門にはまったく合わないけれどね。

さて今回は、4月18日に公会堂前バス停から草戸山を経て高尾山口駅に向かったときのお話の 8回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_7131294.jpg

堰堤を終えたところに 30段ほどの階段が現れる。10時5分(公会堂前バス停から歩くこと 1時間57分後)のことです。

ここから「町民の森散策路」として整備されているハイキングコースに入っていきます・・・。

c0196928_7132138.jpg

30段ほどの階段を登ったところに扉があり、ここにも開場時間が書かれている。
4月~9月は午前9時から午後5時までで、10月~3月は午前9時から午後4時までだそうです。

c0196928_7133246.jpg

左に城山湖を見下ろしながらの道を歩いていくと、扉から 5分弱ほどで東屋(あずまや)のある「はなさき休憩所」に到着する。

東屋があるのはいいとして、特に展望には優れてない。樹木越しにかろうじて湖が見えるだけだ。

c0196928_7134242.jpg

ただ、東屋の近くで 2株ほど野の花を発見した。
春に咲くリンドウであるフデリンドウだろう。

こんなものでも、何か嬉しい。

c0196928_713578.jpg

一旦少し下ると正面にすごく長い階段が現れる。これがなかなかに難敵です。
だから途中から階段ではなく、手すりを越えて山道を歩いたほど。

c0196928_714879.jpg

何たって階段手前の簡易ベンチに、マジックで「百段階段坂下」と書いてあったほどですからね。
「百段階段」という俗名があるのかもしれない。

c0196928_7141874.jpg

10時17分、青少年センターへの道を右に分けると、再び一旦下る。

c0196928_7142769.jpg

するとまた長い登りの階段が現れる。
なかなかにこのあたり、手強いのだ。

c0196928_7143813.jpg

やがて左正面に展望台が現れると・・・

c0196928_7144995.jpg

そこが草戸山だったりする。

というわけで10時34分(公会堂前バス停から歩くこと 2時間26分後)、草戸山山頂に到着。

草戸山(くさとやま)は標高わずか 364m。東京都町田市の最西端に位置し、これでも町田市の最高峰だそうだ。

時間が早いせいでハイカーの姿はほとんどなかった。
静かな山は良いです。

c0196928_715881.jpg

そして草戸山の斜面にもフデリンドウが何輪か咲いていた。特にこれは少し大きい株だったんで、こうして撮影。
だけど秋に咲くリンドウと違って小さいから、気付かない人もいるんだろうな。

さて、流石に時間が早いせいでまだ食欲がわかない。もう少し先で食べよう。

というわけで、高尾山方面に向けて、早々下山を開始した私だった。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-05-28 07:15 | 低山歩き | Comments(0)


<< 公会堂前バス停から草戸山を経て...      公会堂前バス停から草戸山を経て... >>