2016年 05月 01日
北東尾根から城山、そして高尾山へ その6
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。





前回に続いて岸部眞明さんの「奇跡の山」という曲です。私も 3度登ったことのある、あの富士山をテーマにした曲です。
今度は練習開始 4日目。まあ少しは進歩してるかな?

さて今回は、4月11日に日影沢林道から北東尾根に入って城山に登り、そこから高尾山を目指したときのお話の 6回目・・・最終回です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_8332627.jpg

11時21分(登山口から歩くこと 2時間18分後)、高尾山山頂に到着。

この写真だと人が少ないように見えるかもしれないが、そのうち稲荷山コースからどっと団体が乗り込んできたりした。

流石は世界一登山者が多いと言われている高尾山だけのことはある。

c0196928_8333513.jpg

おにりぎで地味に昼食。何故最近山だと食欲が少ないのか、相変わらず分からないままです。

c0196928_8334582.jpg

わずか 11分後の 11時32分、下山開始。

正直「これからまた1時間かけて下山するのか。しんどいな」っていう思いがあった。
体調がもう一つぱっとしなかったのだろう。

かといってケーブルカーに乗りたいわけでもない。
しょうがなくご覧の稲荷山コースに進んでいった。

c0196928_8335956.jpg

流石は高尾山、まだお昼前ってこともあり、登ってくる人が多い。

挨拶は交わしたり、交わさなかったりといったところ。でも相手が若い女性だと、やはり嬉しかったりして。

お昼が近付いて絶好調に晴れ出したこともあって、体調がイマイチのわりには気持ちが良かった。

c0196928_8341011.jpg

ずっと稲荷山コースを歩くつもりだったのに、気まぐれで沢コースの6号路に進んでしまった。

やはり暑い時期には沢コースはいいね。
久しぶりの6号路に新鮮さを感じていた。

c0196928_8341998.jpg

再び現れたニリンソウも嬉しく、わざわざ沢の方に下りていって撮影したりもした。

c0196928_8342965.jpg

途中にちょっと沢が広がって急に明るい空間になる場所がある。 いいポイントです。

にしても、今頃妙に天候がよくなってきてしまったな。

c0196928_8343913.jpg

12時20分、琵琶滝に到着。

ちょうど滝に打たれている人がいて、「えいえい!」みたいな奇声に近い掛け声を上げていた。
ちなみに滝に打たれている人は写せません(角度的に)。

c0196928_8345197.jpg

12時37分、ケーブルカーの清滝駅に到着。

c0196928_835243.jpg

駅前の桜は流石にもう盛りを終えていたっけ・・・。

c0196928_8351260.jpg

こうして12時42分(登山口から歩くこと 3時間39分後)、高尾山口駅に到着。

ここまでの歩数は18,513歩。ちょっと思っていた以上に疲れていたのが情けないね。

想像していたほどのスミレに出会えなかったのがやや不満だったが、北東尾根は新鮮だったし、ほぼ桜のピークに当たったし、まずはいい山行だった。

まだまだ私の知らない高尾山もありそうだ。
それでは、また・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-05-01 08:36 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by 山ばか夫婦の山歩 at 2016-05-01 11:54 x
お疲れ様でした。
改めて高尾の写真を拝見してみると、新鮮な気がしますね。
もう少し空いている時期を狙って行ってみたいと思います。
でも、写真を拝見した感じでは、人の気配は感じませんね。
Commented by JunMorosawA at 2016-05-01 12:07
山ばか夫婦さん、こんにちは。

> お疲れ様でした。

ありがとうございます。いいコースを教えていただきました。

> 改めて高尾の写真を拝見してみると、新鮮な気がしますね。
> もう少し空いている時期を狙って行ってみたいと思います。

ですね。混んでいる時期は避けた方がいいかもしれません。

> でも、写真を拝見した感じでは、人の気配は感じませんね。

今時他人にカメラを向けると問題起こしますから(笑)。
確かに写真だと混んでいるように見えなくて、困ります。


<< 公会堂前バス停から草戸山を経て...      北東尾根から城山、そして高尾山... >>