2016年 04月 21日
北東尾根から城山、そして高尾山へ その3
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_1055175.jpg

季節は進み、今はハナミズキの花が咲いています。

ハナミズキの別名はアメリカヤマボウシらしいが、やはりハナミズキはハナミズキじゃないとね・・・。

さて今回は、4月11日に日影沢林道から北東尾根に入って城山に登り、そこから高尾山を目指したときのお話の 3回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_1062085.jpg

日影沢林道の入口から 4~5分ほど進んだところに、ご覧のように日影沢側に、車なら2~3台は止められそうなスペースがある。
ここが今回挑む北東尾根の登山口。

c0196928_1063186.jpg

近くの電柱には、マジックで書かれた手書きの文字があった。
間違いないですね。

c0196928_1064017.jpg

というわけで日影沢を渡渉(としょう)する。大雨のあとだとどうだか分からないが、あっさりと越えることができた。

c0196928_1065045.jpg

渡ったところに、正式な指導標ではないものの、パソコンで印刷したらしい「小仏城山北東尾根コース」という案内があった。
これで確実ですね。

c0196928_107152.jpg

すぐに沢から離れ、山に入っていく。

ブログ友達の 山ばか夫婦の山行 さんが、「尾根を外さなければ、迷うことはありません」とおっしゃっていたが、道も明瞭そうだし、どうやら問題はなさそうだ。

しかも山に入った途端に薄日が差し込んできた。樹木が新芽を展開し始めていて、とても感じがよい。
確実に春が一歩進んだことが分かる。

c0196928_1071182.jpg

初めての道っていうのは、やはりウキウキするもの。新鮮さに勝るものなしってところか。

ただし、案外急登である。ほぼ登りっぱなしの道なのだ。どうせ今日は時間はたっぷりある。ゆっくり登ろう。

c0196928_107249.jpg

ただおかしいな。山に入った途端、スミレがちっとも現れない。

地面をよく見たら、葉っぱだけしかないナガバノスミレサイシンを発見した。
そうか。やはりナガバノスミレサイシンにとってはもう花期をやや過ぎているんだ。

へえ・・・。

c0196928_1074086.jpg

9時16分(登山口から歩くこと 13分後)、それまでずっと自然林だったのに、左は自然林、右は植林帯という道に変わる。

そしてこのあたりからはっきりと中央自動車道からの車の音が聞こえてくる。高度が上がった証拠と言える。

c0196928_1075079.jpg

高度が上がり、中央自動車道がくっきりと見えてきた。
って、この写真じゃ分かりにくいか。

そしてその向こうにある山こそ、2月22日に歩いた北高尾山稜だろう。

残念ながらまた少し曇ってきてしまったが、静かでいいコースだな・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-04-21 10:08 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by 山ばか夫婦の山歩 at 2016-04-21 12:06 x
この尾根良いですよね。もうかなりの人が入り込んでいますが・・・・
このまま、そっとしておいてほしいですね。
この時期と晩秋が良いです。続き楽しみです。
Commented by JunMorosawA at 2016-04-21 17:17
山ばか夫婦の山歩さん、こんにちは。

> この尾根良いですよね。もうかなりの人が入り込んでいますが・・・・
> このまま、そっとしておいてほしいですね。

あまりこうしてブログで紹介してしまうのも、問題ですね(笑)。

> この時期と晩秋が良いです。続き楽しみです。

晩秋ですか・・・。また歩いてみます。


<< 北東尾根から城山、そして高尾山...      北東尾根から城山、そして高尾山... >>