2016年 03月 19日
小下沢林道から北高尾山稜を目指す その5
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_85398.jpg

一昨日東慶寺さんにお邪魔してみました。
するとどうでしょう。見事に彼岸桜が咲いていました。

この日で 5分咲きぐらいでしょうか。今日はあいにくの雨ですが、ちょうどお彼岸あたりに見ごろになるかもしれません。

花は正直ですね。

さて、今回は 2月の22日に小下沢林道から北高尾山稜を目指したときのお話の 5回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_859494.jpg

9時51分(日影バス停から歩くこと 1時間26分後)、わりとあっけなく稜線に到着。
登った場所にご覧の立派な指導標があった。

たいして休むことなく、指導標に従って富士見台目指して歩き始めます。

c0196928_90051.jpg

すぐに左下に未舗装の林道が見えてきた。あとで調べたら瀧ノ沢林道だった。
山に登って林道に遭遇すると、ちょっとがっかりするね。「なんだよ、車でここまで来れるんじゃん」と。

c0196928_901074.jpg

短い時間とはいえ、その林道を歩くところもあった。
林道には水たまりができていた。登山道がぬかってなくて幸いだった。

c0196928_90206.jpg

林道の脇に丁寧なイラストマップが現れた。
ちょっと小さいけれど「現在地」の東側(右側)に「高ドッケ」「杉沢ノ頭」「富士見台」の文字が見えると思います。

要するにその順に進むのです。

c0196928_903027.jpg

すぐに林道を離れて山に入っていく。ここはわりと一気の登りだったと記憶する。

c0196928_904094.jpg

高度が上がったせいで樹木越しに遠くの山が見えてきた。奥多摩の山だろうか。

にしても、北高尾山稜に入ってから、すっかり曇ってしまったな・・・。

c0196928_905464.jpg

10時8分、今度は下る。
10時17分、また登る。
10時19分、また一気に下る。

あまりに危ない場所では流石に カメラ(DMC-FZ1000)を首からかけていた。そのくらい急な下りがあった。

10時30分、また登る。
いや、これほどまでにアップダウンの激しいコースだとは思わなかった!

思い出した。昔日影バス停からだったか、バスに乗ったとき、隣に初老の女性が座り、勝手に話しかけてきたことがあった。

その人がまさにこの北高尾山稜を歩いた人だった。日影バス停からバスに乗ったってことは、ちょうど私と反対ルートで歩いたに違いない。

彼女が言っていた。北高尾山稜はアップダウンが激しくて大変だと。
なるほど。本当だったな・・・。

c0196928_91535.jpg

樹木越しに初めて市街地が見えた。晴れていればなかなかの絶景だったかもしれない。

それにしても、このコースがこんなにハードだったとはね。
なめてましたな、北高尾山稜・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-03-19 09:03 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by 山ばか夫婦の山歩 at 2016-03-20 19:13 x
この辺りは結構アップダウンがあり時間がかかりますよね。
この尾根から夕焼けこやけの広場に降りた事があります。
Commented by JunMorosawA at 2016-03-21 07:13
山ばか夫婦の山歩さん、こんにちは。

> この辺りは結構アップダウンがあり時間がかかりますよね。

そうですね。こんなにアップダウンがあるとは知りませんでした。なめていました(笑)。

> この尾根から夕焼けこやけの広場に降りた事があります。

そのコースは全く知りませんね。今度歩いてみようかな・・・。


<< 小下沢林道から北高尾山稜を目指...      小下沢林道から北高尾山稜を目指... >>