2016年 02月 07日
峰の薬師から城山湖を経て高尾山口駅に向かう その10
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_8474355.jpg

以前ではこのブログでもしばしば扱った水草水槽・・・まだちゃんと続いていますよ。 だけど Kamakura Guitar っていうブログもやっているんだけれども、止まったまま。
流石にいくつものブログを同時にやるのは、難しいですね。

さて今回は、やや古いお話になるのですが、12月7日に、峰の薬師から城山湖を経て高尾山口駅に向かったときの 10回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_8481235.jpg

10時15分(クラブ前バス停から歩くこと 2時間17分後)、草戸山から高尾山口駅に向けて下山を開始する。

ここには 50分となっているけれども、登山地図だと 1時間10分となっている。
そのくらいかかると思った方がよさそうだ。

c0196928_8482387.jpg

最初はやや暗い植林帯である。

「やっぱり」と思った。多分この先は高尾山口駅までずっと、あまり面白くない道が続くだろうと予想していたからだ。

c0196928_848336.jpg

しかし10時24分、ベンチがいくつか並んでいる場所に着く。
ここがネットでも写真を見た草戸峠だった。

c0196928_8484463.jpg

ここはなかなかの展望地で、ご覧のように高尾山の方がよく見えた。

って、待てよ!正面にあるのって・・・。

c0196928_84854100.jpg

薬王院じゃん!まさか薬王院が真正面に見えるとはね!
へえ・・・。

いずれにしても、「展望地」としてはここが最後のポイントといっていい。
せいぜいじっくり楽しんでおきましょう。

c0196928_849320.jpg

指導標の「高尾山口駅・四辻・梅ノ木平」に従って進んでいく。
にしても、メインで指し示しているのは梅ノ木平なんだな。

c0196928_8491493.jpg

すると 2分ほどでその梅ノ木平への分岐が現れる。

そういえば昔三沢峠から梅ノ木平に下りていったことがある。多分そちらに向かう道なのだろう。

梅ノ木平に下りていっても高尾山口駅に辿り着くはずだが、ここは素直に真っ直ぐに進みます。

c0196928_8492459.jpg

途中に朴葉(ほおば)の葉っぱが沢山落ちていた場所があった。
この枯れた朴葉の上に、刻んだ山菜と味噌をのせて炭火で焼いたものを朴葉みそと呼んで、飛騨高山の郷土料理になっている。

もっとも恥ずかしながら、朴の木 (ほおのき)自身がどれなんだか、いまだに分からずにいるんだけれども・・・。

さて、この先でこのコース、意外な顔を見せ始めます・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2016-02-07 08:50 | 低山歩き | Comments(0)


<< 峰の薬師から城山湖を経て高尾山...      峰の薬師から城山湖を経て高尾山... >>