2015年 12月 29日
久々に山の怖さを知った檜洞丸・犬越路ルート その11
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_18264046.jpg

年末です。何だか忙しい。更新が遅れている。年内に完結させたいのに。

来年は申年ってことで、チンパンジーの写真を載せておきます。
動物園に行くと、1匹や2匹、こういう、群れから離れてたそがれている奴がいますよね。
親近感、感じます(笑)。

さて、今回は丹沢の檜洞丸に登ったときのお話の 11回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_1827834.jpg

1時6分(西丹沢自然教室から歩くこと 4時間26分後)、遂に犬越路に到着!
到着予定時間は 1時5分だったのだから、やっとほぼ同じになったな。

ここからは下るだけ。もう大丈夫。今回のつらい山行も、ほぼ終わったも同然だ。
どうやら無事生還できそうだな。

犬越路には 3匹の犬・・・ではなく 3人組の若者がいた。女性が 1人、男性が 2人のグループだ。みんな明るく挨拶してくれた。

c0196928_18271997.jpg

挨拶のあと、空いていたたテーブルにデイパックを投げ出した。

1時を回っていたのに、いまだにお腹が減っている感じがなかった。
仕方なく私ははおにぎりではなくウイダーinゼリー エネルギーの方を食べた(飲んだ)。元々夏山用に買ってあったものだ。

おいしかったよ。こういうときには無理矢理固形物のおにぎりを食べるよりも私の胃腸には合っているかもしれない。

c0196928_18272934.jpg

ちなみに案内板によると、昔武田信玄が小田原城を攻めたとき犬を先頭にここを越えたのが犬越路の名の由来とか。面白いね。

c0196928_18274094.jpg

やっとガスが取れ始め、周囲が見えるようになってきていた。振り返ると檜洞丸の方も少しその稜線が見えた。

皮肉だなあ・・・。

しかし若者たちは「かえって神秘的でいいね」と肯定的な解釈をしていたっけ・・・。

c0196928_18275387.jpg

さて、ここからは「用木沢出合」に向かって下りていき、バスの来る西丹沢自然教室に戻るだけだ。

1時11分、まずは若者 3人組が同じ方向に下りていく。
3人とも「お先に」とか私に声をかけていった。いい連中ですね。

もちろん私も「行ってらっしゃい」とか返事をしたよ。

c0196928_1828588.jpg

少しだけ間を開け、こちらも 1時13分に出発した。

もう大丈夫だとは思うものの、ここでも予定よりも3分遅れになってしまったわけだな。

c0196928_18281746.jpg

ここで私は初めてストックを出した。これから用木沢へ向けての下山路も結構急な道だったはずだから。
っていうか、今までの道じゃ、ストックも使えなかった・・・と言うべきかもしれない。

下っていくとすぐに暗い樹林帯に入ってしまいそうなイメージがあるが、そんなことはない。ところどころに紅葉の残る自然林だ。
そういえばこのコースは植林帯が少ない。

故に逆に、光がないのが惜しいねえ!

ガレた道は案外危ない。ストックを使っていても楽に歩ける感じがない。やはり私は下山が下手なのかもしれない。

しかしこのあと、沢沿いの絶景の道が待っていたのであった・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-12-29 18:28 | 低山歩き | Comments(0)


<< 久々に山の怖さを知った檜洞丸・...      久々に山の怖さを知った檜洞丸・... >>