2015年 11月 03日
越生の里山・大高取山へ その2
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_12162992.jpg

道路の端にセンリョウと一緒にツワブキが咲いていた。
ツワブキの花を見ると、「そろそろ晩秋だな」と思ってしまう私です。

さて今回は、越生の里山・大高取山に登ったときのお話の 2回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ。





c0196928_12165558.jpg

8時24分、越生(おごせ)駅に到着。
8時42分じゃなく、8時24分が正しかったんだ。お陰でとうとう電車の中で朝食を食べそこなってしまった・・・。

ご覧の案内板に「黒山三滝」とあるが、2006年8月10日に黒山三滝から高山不動に向かって歩いたことがある。
この駅で降りるのはそれ以来だ。

c0196928_1217683.jpg

ホームから改札に向かう跨線橋の上にご覧の ICカード改札機があった。「へえ、こんなところにあるんだ」とタッチ。

改札に進むとそこにも ICカードの改札機があった。
でも「一度やっているからいいんだろう」とそのまま外に出た。

c0196928_12171782.jpg

越生駅は非常にローカルな雰囲気を持った駅で、よいです。

ちなみに越生(おごせ)駅は、埼玉県入間郡越生町大字越生にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東武鉄道の駅。

私が利用した東武鉄道の越生線だけじゃなく、JR東日本の八高線も乗り入れている。
ICカード改札機が 2つあったのはそのためで、跨線橋の上にあったのは東武鉄道の方の機械で、改札の側にあったのは JR の ICカード改札機だったってわけ。

1日の平均乗車人員はJRが 700人程度であるのに対し、東武鉄道の方は 4千人弱ほどで、東武鉄道の方がずっと利用客が多い。

ちなみに JR東日本の八高線が乗り入れているなんて、実はこのときは知らなかった。
パソコンの「乗換案内」でやっても、そっちのルートは上の方に現れなかったからだ。

c0196928_12172931.jpg
「大人の遠足BOOK 日帰り山あるきベスト130(関東周辺)」


本日のコースをざっと確認しておこう。

まずは越生駅から世界無名戦士之墓を目指し、西山高取→幕岩分岐→幕岩展望台を経て大高取山に登り、帰りは桂木観音→ゆうパックおごせを経て、また越生駅に戻ってくるという、3時間35分のコースです。

c0196928_12174490.jpg

8時30分ちょうどに歩き始める。

まずはあまり賑わっているとは言い難い商店街を駅から真っ直ぐに歩いていく。

c0196928_12175489.jpg

するとすぐに県道に突き当たる。右側の空き地に「ハイキングのまち 越生」という大きなイラスト地図・写真付きの案内板があったっけ。
越生梅林やさくらの山公園の桜などが有名らしい。

c0196928_1218439.jpg

ちなみに越生町のマスコットは「うめりん」だそうです。
越生梅林から来ているんだろうなあ・・・・。

c0196928_12181357.jpg

県道の先に法恩寺というお寺がある。

c0196928_12182120.jpg

そこまで突き進むと、最初の目的地の「世界無名戦士之墓」を示す指導標があるから、それに従って右に進む。

c0196928_12183387.jpg

するとすぐに車道に出くわすから、そこを左に曲がる。

正面に早速低山が広がり出した。
なるほど、あのあたりを歩くわけだな。

上空はほとんど雲に覆われていた。そう、このとき日差しは全くない状態だった。

さて、どんな山行になるだろう・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-11-03 12:19 | 低山歩き | Comments(0)


<< 越生の里山・大高取山へ その3      越生の里山・大高取山へ その1 >>