2015年 10月 24日
日向薬師から飯山観音に向かう その9
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。





また 30代の頃に作った歌のお話。

何と、少女の気持ちを歌ったものです。
しかも何と、一人称スタイルで、自分が少女になったつもりで歌っているという代物(しろもの)です。

いろいろ、やっているなあ・・・。

さて今回は、日向薬師から飯山観音に向かったときのお話の 9回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_826589.jpg

比較的長い休憩を終えた私は再び歩き始める。

するといきなりこの日一番の急な木段が現れた。
それでなくても道を間違えたときに結構体力を奪われていた私には、かなりしんどかった・・・。

c0196928_8271346.jpg

登り切ったところが物見峠だった。
というわけで 11時15分(日向薬師バス停から歩くこと 3時間15分後)物見峠に到着である。

c0196928_8272491.jpg

ベンチが 1つか 2つあり、市街地が見下ろせる絶景のビューポイントになっていた。
60代ぐらいのご夫婦がいて、双眼鏡で街を眺めていた。

私も真似してデジカメで眺めたら、塔と高いビルが見えた。
横浜のマリンタワーとランドマークタワーとのようだ。

c0196928_8274275.jpg

今度はその左側に移動させたら、スカイツリーも見えた。
デジカメを最望遠側にしたら、このようにかろうじて写すことができた。

まあ夏場である。流石に霞んだ写真にしかならなかったが、季節を考えれば立派なものだろう。

そのうち例のおばちゃん 2人組が登ってきたんで、2人を手招きするように向かい入れた。

そして、ちょっと興奮気味に「スカイツリーが見えますよ」と教えてやったのだが、考えてみると 2人はこのポイント、初めてじゃないから知ってたかもね・・・。

c0196928_8275725.jpg

2組に先行して歩き始める。11時26分にはむじな坂峠に到着。
でもここはたいしたことはなかった。

c0196928_828849.jpg

むじな坂峠に続いて、また急な木段!

ガイドには「丘陵の道をゆるやかにアップダウンを繰り返していく」とあるけれども、結構ハードでっせ、このコース!

同時に私はこのコースの意外な山深さを感じていた。まるで奥多摩を歩いているかのような錯覚に陥ったこともある。
まあ考えてみると、本日のスタート地点の日向薬師から大山(=丹沢)は近いんだ。山深くても不思議はないか・・・。

c0196928_8282056.jpg

11時39分(日向薬師バス停から歩くこと 3時間39分後)、正面に展望台が見えてきた。
ここが飯山観音の裏山に当たる白山だった。

もうこれ以上登るところはないはず。だからほぼゴールといってよかった。
だからか、思わず手帳に「白山 ついた!」と書いている。

c0196928_8283173.jpg

早速展望台に登ってみた。
いやあ、ここも素晴らしい展望です!この日初めてパノラマ撮影をした。

相当疲れていたものの、展望台の上を吹く風が心地よかった。そしてチョコと紅茶がとてもおいしく感じられた。

それにしても想像以上にしんどいコースだった。想像以上にしんどいコースを想像以上に体調のよくないときに歩いたことになる。

もちろん疲労が腰に来ていた。
だけど私は手帳にこう書いている。

    でもマンゾクかな・・・

やっぱり初めてのコースって新鮮でいい・・・。

c0196928_8284254.jpg

さて、ここからは飯山観音に向かって淡々と下っていくだけだ。
ゴールも近い・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-10-24 08:30 | 低山歩き | Comments(0)


<< 日向薬師から飯山観音に向かう ...      日向薬師から飯山観音に向かう その8 >>