2015年 10月 10日
日向薬師から飯山観音に向かう その5
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。





音楽の方は、ちょっと真面目に「Danny Boy」を弾いてみました。
「ロンドンデリーの歌」としても有名ですね。

さて今回は、日向薬師から飯山観音に向かったときのお話の 5回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_1824929.jpg

さて、日向山から下山し、苔むした道を下って車道を左へ進んでいきます。

c0196928_1824212.jpg

すると左手に「七沢温泉旅館 福松」の看板が現れた。

おお!

じつは 1998年の8月10日に、広沢寺→大釜弁財天→日向山→日向薬師と歩いたあと、最後に旅館福松で温泉に入っているんだ。多分この看板も見ているはず。

旅館福松は七沢温泉の一つだ。
で、七沢温泉(ななさわおんせん)は、神奈川県厚木市七沢(旧相模国)にある温泉地で、6軒の旅館が存在していて、それぞれが日帰り入浴を受け付けているという。

だから飯山温泉同様、厚木市の奥座敷として京浜地域の会社の社員旅行や丹沢帰りの行楽客の利用も多いらしい。

c0196928_18243317.jpg

真っ直ぐに進んで行けば懐かしの旅館福松に着く。
しかし看板のところに分岐があり、分岐にある指導標によると、順礼峠に向かうには右折することになっている。

このあとのルートは七沢神社→順礼峠→白山→飯山観音だからね。
要するにここがガイドのいう、

       苔むした道を下って車道から左へ進むと分岐に出る

のところなんだな・・・。

c0196928_18244533.jpg

というわけで右折して淡々と林道を歩いていく。
するとすぐに右手に 1軒民家が現れ、そのあとは右手に沢を見ながらの道が続く。

ガイドだとこのあたり、舗装路じゃなく山道のようにも見えるため、「道を間違えたかもしれない」と思いながら歩いていた。

最悪七沢神社には辿り着けないかもしれないが、それでも広沢寺温泉入口バス停方面には行けるはずだ。
ちなみに広沢寺温泉入口バス停は 1998年8月10日のときのスタート地点であり、2009年11月4日に大山三峰山に登ったときのゴール地点でもある。

いわば見知った場所なのだ。
というわけで淡々と林道を歩いていく。

c0196928_18245558.jpg

途中でホオズキに出会った。
って、野生のホオズキに出会ったことなど、あったかなあ・・・。

c0196928_1825517.jpg

途中に大きな石材店があった。

中に犬舎があって、大型の犬が何匹もいて、大いに吠えまくっていた。
ちょっと怖い。

c0196928_18251457.jpg

虫久保橋という橋を渡ると・・・

c0196928_18252428.jpg

9時36分(日向薬師バス停から歩くこと 1時間36分後)立派な車道に出た。

c0196928_18253627.jpg

ここにも真新しい指導標があり、左に 2.1kmで順礼峠となっていたんで、左折する。
まあ分岐の多いコースだけれど、指導標がしっかりとしているんで、助かる。

ただ、このあたりから日差しが差してきて、一段と暑くなってきたっけ・・・。

c0196928_18254627.jpg

すぐに左手に「厚木動物メモリアルパーク」という建物が現れ・・・

c0196928_18255965.jpg

次に同じく左手に鳥居が現れた。

c0196928_1826946.jpg

というわけで9時40分(日向薬師バス停から歩くこと 1時間40分後)、無事七沢神社に到着。結局道は間違っていなかったんだな。

これがまた結構大きな神社なんでびっくり!
七沢神社は明治6年(1873年)浅間・山王・八幡三社が合社し改称されたものらしいが、ネットにもあまり詳しい情報がない。

にしても、ちょい疲れたな。
まだまだ先は長い・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-10-10 18:28 | 低山歩き | Comments(0)


<< 日向薬師から飯山観音に向かう その6      日向薬師から飯山観音に向かう その4 >>