2015年 08月 25日
今年も登るぞ!真夏の塔ノ岳直登! その4
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。





31歳のとき、初めてシンセサイザーを買いました。 で、私が真っ先に挑んだのは憧れの喜多郎のシルクロードのテーマ「絲綢之路」(しちゅうのみち)でした。

何ともチープな感じですが、まあ第一作品です。こんなもんでしょう。

何でもいいけれども、今週も天気が良くなさそうだ。
今年はアルプスに向かえるのだろうか。夏、終わっちゃうよ・・・。

さて、夏山の前に必ず登らなければならない山がある。
丹沢の塔ノ岳だ。しかもバカ尾根ルートの。

登山口の大倉バス停と山頂の塔ノ岳との標高差は 1200m。アルプス並だ。
ここをどの程度のペースで登れるか、また登ったあとの疲労度などで、今年の自分の体調が分かる。

というわけで、バカ尾根登山の 4回目です。
よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_1621772.jpg

9時13分、やっと駒止茶屋の前を通り・・・

c0196928_16212498.jpg

9時15分(大倉バス停から歩くこと 1時間42分後)、私にとっての定番休憩ポイント、駒止茶屋の上のベンチにやっと到着。

ここで私は手帳にこう書いている。

       やっぱつらかったね。首がね

今の私にとっては首が文字通り、ネックなんだな・・・。

定番のこの場所でアップルパイを食べることにした。
ところがあまりの暑さのせいか、まだ時間が 9時15分だったせいか、ほとんど味を感じなかった。

そのうちバスで一緒だった高年団体連中がやってきた。
何の挨拶もなく、どやどやと同じベンチにやってくて、ちょっと不快な気がした。

c0196928_16213648.jpg

そんなこともあって 10分後の 9時25分、休憩を終えて歩き始めた。

駒止茶屋からしばらくは、右側に展望がきく気持ちのいい道が続く。例の松の木の続く道だ。

そのうちに今度はご覧のように左も開けてくる。バカ尾根で一番いい場所だ。

c0196928_16214672.jpg

何とここで富士山が姿を見せた。それも、多少麓の方には雲があったが、案外くっきりと!
サプライズ・ゲストみたいなものかな。

今年も多くの人が登っているんだろうなあ。

私は富士山には過去三度登っているんで、もういい。
富士山はこうして眺めるのが一番の山っていう気がします。

c0196928_16215758.jpg

一旦下り、9時41分(大倉バス停から歩くこと 2時間8分後)、こげ茶色をした堀山の家に到着。

c0196928_162282.jpg

ここからも富士山が良く見えたっけ。

そのせいかベンチで休んでいる人が多かった。
しかし駒止茶屋で休んだばかりなんで、私はパスした。

c0196928_16222448.jpg

堀山の家を通過してしばらくすると、遂に木段が始まる。ここからがこのバカ尾根の最大の難関だ。

いつまで経っても目印の天神尾根分岐に到着しない感じがした。

c0196928_16223554.jpg

9時58分、やっとのことで天神尾根分岐に到着。
しかし休むのはこの上のベンチまで我慢しよう、と更にそのまま歩き・・・

c0196928_16224723.jpg

10時ジャスト(大倉バス停から歩くこと 2時間27分後)に天神尾根分岐の上のベンチに到着。

ちょっとこの写真じゃ分かりにくいかもしれないけれども、2つあるベンチのうち日影になっている方(左側)は親父に取られていたんで、炎天下の方にデイパックを投げ出した。

このとき私は手帳に「疲れた・・・心臓爆発」と書いてある。
相当なものだ。

はたしてこんな調子で山頂にまで達することができるのだろうか・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-08-25 16:23 | 低山歩き | Comments(0)


<< 今年も登るぞ!真夏の塔ノ岳直登...      今年も登るぞ!真夏の塔ノ岳直登... >>