2015年 08月 04日
金時山はガスの中 その3
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。





まだ練習中なんだけれども、アニメ「千と千尋の神隠し」のエンディングテーマとしてお馴染の「いつも何度でも」をやってみました。
この程度ならば簡単に弾けます。ここから 70点、80点の出来に持っていくのが至難の道なのです・・・。

さて今回は、6月の末に箱根の金時山に登ったときのお話の 3回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_7132690.jpg

8時33分(仙石バス停から歩くこと 27分後)に乙女口登山口に到着。

正直書きましょう。
ここまででもう私は息切れを起こしていた。

これがこの頃の私の体調だったのだ。

少し道路から離れた場所にデイパックを置き、軽くストレッチをした。
息切れはともかく、そんなに体調は悪くないように思えた。

とにかく 6月末とは思えないほど涼しいのが助かる。
これなら何とかなりそうな気がするのだが・・・。

c0196928_7134082.jpg

というわけで 8時37分、登山開始。あらためて手帳に「のんびり歩こう」と書いている。

まずは根っこが異常に張り出している暗い樹林帯。
ここが終わろうとしたとき、面白い出会いがあった。

c0196928_7135453.jpg

登山道の端に、大きなU字溝のような溝(みぞ)があった。
そこに何とガビチョウの雛がいたのだ!

ガビチョウの雛など初めて見る。
何故か向こうもあまり逃げようとせずにこちらをしばらく見ていたっけ・・・。

c0196928_715169.jpg

暗い樹林帯が終わると、やや明るい自然林になる。
早くも山全体がガスの中って感じだった。

いや、ガスってよりも、霧雨のような雨が降っているようだ。時々葉っぱにたまったそれらがポツリポツリと落ちてくる。

c0196928_7152723.jpg

そして自然林に変わってからは傾斜がきつくなる。

乙女峠までが長く感じられて仕方がなかった。
つまりそれだけしんどかったってことかもしれない・・・。

c0196928_7153889.jpg

ただ、白い山アジサイが目を楽しませてくれた。
ちょうど盛りなのか、随分咲いていたんだ。

c0196928_7154932.jpg

9時25分(乙女口登山口から歩くこと 48分後)、乙女峠に到着。

すっかり廃屋になってしまっている小屋を越え、一応この奥にある展望台に立ってみた。
しかし見事に何も見えなかった。

c0196928_716752.jpg

再び小屋の前を通り過ぎて、2つあるベンチに進む。

ここまでの歩数は 5,692歩。カシオの高度計機能付きの腕時計PRO TREK はここを 980mと表示していた。

霧雨のような雨が降っていた。
いや、雨じゃないや。これ、ガスなんだよ。
当然展望はゼロ。でもこのせいで涼しいのだから、むしろ感謝しなくちゃいけないのか。

ここで私の身に奇跡が起こっていた。
思ったほど疲れていなかったのだ。
っていうか、例のあの息切れが発生していなかったんだ!

不思議だなあ・・・。

c0196928_7161730.jpg

特に食欲があったわけではないが、Pasco のフレンチアップルパイを食べてみることにした。
半分だけ・・・と思ったのに、意外にも全て食べてしまった。

へえ。胃腸の方の具合もいいのだろうか。
テーブルの上に落ちたパンくずを蟻がせっせと運んでいたっけ。

さて、ここから金時山までガイドだとあと 1時間だ。
頑張ろう。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-08-04 07:17 | 低山歩き | Comments(0)


<< 金時山はガスの中 その4      金時山はガスの中 その2 >>