2015年 07月 28日
金時山はガスの中 その1
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_7121358.jpg

先日こんなものを買いました。女性用のジェルネイルです。

「おお!とうとうそっちの道に走るのですね」

と言われそうだが、そうじゃないです。

ギターを弾いていると爪を伸ばします。その爪が欠けると厄介です。
で、爪の補強のためにこういうものを塗るというわけです。

ま、慣れてないとなかなか爪全体に均等に塗るのが難しいんですけれどね・・・。

さて今回は、6月の末に箱根の金時山に登ったときのお話をしたいと思います。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_7124515.jpg
白馬三山縦走(2012年)


そろそろ夏山の季節が近づいてきたというのに、どうにもスイッチが入らない。
スイッチが入らないならまだしも、6月後半から、何とも体調がおかしくなっていた。

すなわち、妙に日記に「息切れ」という単語が登場するようになったのだ。
それも登山をしたときに息切れするのならともかく、駅の階段を普通に歩いても息切れしていた。
明らかに変である。

しかし今回の私の休日の気象庁の予報は「晴れ・朝晩曇り」というもの。
そろそろ「本番」が近いってことを考えたらじっとはしてられない。

というわけで自分の体調を考え、私にとって「原点の山」といえる箱根の金時山に向かうことにした。

c0196928_71339.jpg

少し早めに 5時40分頃、表に出る。
予報どおり曇天だった。おかげでもうすぐ 7月とは思えないほど涼しい。

そして東慶寺にはまだまだ紫陽花(あじさい)の花が沢山残っていた。

c0196928_7131442.jpg

駅に到着後、スイカに 3千円チャージした。
箱根の場合、電車+バスで 3千円以上かかってしまうから、これでもギリギリだったりする。

c0196928_7132971.jpg

5時54分発の横須賀線に乗り、大船で東海道線に乗り換え、6時42分、小田原駅に到着。

いつものように巨大提灯の写真を 1枚写したあと改札を抜る。

c0196928_7134032.jpg

改札の目の前にある BECK'S COFFEE に直行する。
いつものようにこの日も 10人ぐらい、並んでいた。

6時45分に開店すると、どんどん人が店内に吸い込まれている。
だけどほとんど人は奥の喫煙席に向かってしまうから、禁煙席は案外ガラガラだったりする。

c0196928_7135581.jpg

ホットドッグのモーニングセットがなくなってしまったため、ホットドッグとミネストローネを単品で頼む。合計 590円です。

c0196928_714678.jpg

食後すぐにバスターミナルに向かう。
相変わらず曇天だなあ。それも今にも雨が降りそうなほどの・・・。

って、そのうち本当に霧雨のような雨が降ってきた!

おいおいおい。予報は「晴れ・朝晩曇り」じゃないのかよ。まあ 7時じゃ、まだ「朝」だけれどさ。

c0196928_7142079.jpg

7時10分、バスが出発。

相変わらずほんのわずか霧雨のような雨が降っているようだった。ワイパーを作動させた方がいいのか、悩む程度の雨だ。

途中で登山電車と並走する場所がある。
このあたりで何と珍しくも渋滞した。どうやら事故があったようだ。

c0196928_7143293.jpg

事故のせいで湯本駅に到着したのは 7時41分だった。いつもより 15分近く遅い。
湯本駅を超えてからは、やっと順調になった。

それはいいとして、上に上がるにつれて段々周囲がガスに包まれてきた。
車窓から山を眺めると、稜線上など 100%完全にガスの中だ。

これは涼しくていいかもしれない代わりに、雨に降られる恐れがあるな・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-07-28 07:16 | 低山歩き | Comments(0)


<< 金時山はガスの中 その2      陣馬山から相模湖に下る その5 >>