2015年 07月 23日
陣馬山から相模湖に下る その5
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

さて今回は、陣馬山から相模湖に下ったときのお話の 5回目・・・最終回です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_12272683.jpg

10時40分(陣馬高原下バス停から歩くこと 2時間25分後)、相模湖に向けて下山を開始する。
明王峠から相模湖への道は 2006年に次いでまだ 2度目だ。

c0196928_12273760.jpg

7分ほどで小石が高く積まれて塚のようになっているものが現れる。
石投げ地蔵なんだそうだ。もっとも塚があるだけで地蔵の姿は見えなかった。

c0196928_12274993.jpg

10時52分、一度林道にぶつかる。左が底沢で右が伝通・栃谷に通じているんだそうだ。そして底沢の方には美女谷温泉があるという。

テレビ東京の旅のように、そういう温泉を巡りながらの山歩きもしてみたいですね。
ただ今回はそのまま真っ直ぐに進んでいきます。

c0196928_1228057.jpg

基本薄暗い樹林帯。だけど山深さも感じられ、必ずしも悪い雰囲気ではなかった。

c0196928_12281122.jpg

11時9分(陣馬高原下バス停から歩くこと 2時間54分後)、廃墟同然の無人の大平小屋に到着。

この直後、若いカップルとすれ違った。更には 2人組の若い女性ハイカーともすれ違った。

案外相模湖の方から登ってくる連中もいるんだな。
考えてみると相模湖駅からなら、バスを使わずに陣馬山に登れるわけだ。不思議はないか。

c0196928_12282667.jpg

11時40分(陣馬高原下バス停から歩くこと 3時間25分後)、眼下に少しだけ相模湖が見える場所にベンチが 1つあったんで、そこで小休止することにした。

これって、初めてこのルートを歩いた 2006年11月13日のときと一緒だ。
そのときには「眼下にはっきりと相模湖が見える場所」と書いているのは冬枯れの時期だったせいだろう。

ここで次の電車が 12時18分であることに気づいてしまった。
大平から駅まで 1時間ってことになっているのだから、間に合いそうな気がする。

こうなると飛ばしちゃうんだよなあ・・・。

c0196928_1228458.jpg

というわけで、ややハイペースで山道を下り、11時51分(陣馬高原下バス停から歩くこと 3時間36分後)、与瀬神社に到着。
ネットの情報によると、与瀬神社の祭神は日本武尊で、身体安穏、虫封じの祈祷は「よせのごんげんさまの虫封じ」といって特に名高いという。

神社は思っていた以上に大きくて古くて荘厳な感じ。ただここに神主がいる様子はなく、参拝客の姿もなかった。

c0196928_12285622.jpg

与瀬神社から少し下ったところに相模湖やその先の石老山あたりを一望できるポイントがあった。
いいねえ、ここ。

c0196928_1229723.jpg

大きな鳥居の先に、幅が 10mはありそうな妙に大きな橋(歩道橋)があった(赤い部分)。下に通っているのは中央自動車だ。

そこを越え、少し道を下っていくと国道20号・・・甲州街道にぶつかる。 甲州街道を左折すれば駅も近い。

c0196928_1229256.jpg

こうして12時10分(陣馬高原下バス停から歩くこと 3時間分55後)JR相模湖駅に到着。

いやあ、正直疲れた!
やっぱどうにもここのところ体調がぱっとしない。

もうすぐ夏山の季節なのに、いや、もうとっくに夏山の季節なのに、焦るなあ・・・。
今年も日本アルプスに向かえるのだろうか、私・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-07-23 12:29 | 低山歩き | Comments(0)


<< 金時山はガスの中 その1      陣馬山から相模湖に下る その4 >>