2015年 07月 15日
陣馬山から相模湖に下る その3
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

さて今回は、陣馬山から相模湖に下ったときのお話の 3回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_204282.jpg

8時41分(陣馬高原下バス停から歩くこと 26分後)に、ご覧の案内のある新ハイキングコースの入口に到着。

何かこのときもう少ししんどさを感じていたような気が・・・。
この先、不安を感じるな。

入口に後から若い女性がやってきた。彼女を先に通そうとしたのに、歩き出す気配がない。
しょがなく8時43分、私が先行した。

c0196928_2044112.jpg

最初は沢沿いの暗い植林帯の道だ。

しかし沢の音、そして鳥の鳴き声が心地よい。
こういうのをもっともっと、思い切り聞かなくちゃいけないんだよなあ。

c0196928_2045883.jpg

ヤマアジサイかな?ぽつりとアジサイの花が咲いている程度で、春と違って花は目立たない。

c0196928_2052018.jpg

沢沿いの道を離れると、すぐにつらい急登に変わる。回りは植林帯で展望はゼロに等しい。

それに沢から離れたせいか、急に暑く感じられるようになった。

手帳には「つらい、かゆい、あつい」の文字が。
そう、頭の痒さも気になった。

それでも結構なハイペースで登っていた。
自分の呼吸の音が大きく聞こえる。

つらい・・・けど、ちょっと心地よい。
そんな感じがあった。

c0196928_2053192.jpg

9時4分(陣馬高原下バス停から歩くこと 49分後)に暗い植林帯が終わって雑木林になる。ちょっと私が好きな場所だ。
春ならヒトリシズカあたりが咲き乱れている場所ですよ。

9時11分、急登が一段落したあたりで、メガネをかけた中年の女性が立ち止まって水を飲んでいた。

挨拶だけで越そうかどうか迷った挙句、「蒸しますね」と声をかけてみた。
すると笑顔で「いいと思って今日狙ったんですけれど」と言ってきた。

つまり今日なら涼しそうで登山向きだと思ったということでしょうね。

c0196928_2054276.jpg

9時23分(陣馬高原下バス停から歩くこと 1時間8分後)、右に90度近く曲がる場所に到着。

ここからはほぼ横移動の道だ。それこそ春ならナガバノスミレサイシンあたりが咲き乱れている場所だ。

楽になったせいだろう、「横移動、いいね」と書いている。

c0196928_2055410.jpg

9時25分に陣馬山直下の分岐点に到着。
このあたりの緑もよかったなあ・・・。

ま、じつは相当くたびれてもいたけれどね・・・。
c0196928_206417.jpg

山頂まで荷物を運ぶキャタピラ車のキャタピラの跡がくっきりとしている、ややぬかった道を進む。

山頂も近い・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-07-15 20:06 | 低山歩き | Comments(0)


<< 陣馬山から相模湖に下る その4      陣馬山から相模湖に下る その2 >>