2015年 07月 12日
陣馬山から相模湖に下る その2
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。





岸部眞明さんの「Dandelion」という曲に挑んでみました。
メロディーの粒をそろえて均等に弾く・・・っていうのは、とても難しいです。

さて今回は、陣馬山から相模湖に下ったときのお話の 2回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_9463397.jpg

8時13分、バスが陣馬高原下バス停に到着。15人ほどのハイカーと一緒にバスを降りる。

ご覧のように日差しはあったけれども、案外涼しい。気分も悪くなかった。
これなら、案外快適な登山ができそうかな?

c0196928_9464785.jpg
昭文社・山と高原地図 高尾・陣馬 2006年度版


さて、現在私は地図の右上の陣馬高原下にいます。
すぐに道が二手に分かれますが、そのうちの右を取り、陣馬山を目指します。

そこから明王峠に向かい、矢の音を経由して相模湖の方に下りていき、相模湖駅を目指します。

c0196928_947352.jpg

というわけで8時15分、バス停から歩き始める。
すぐにご覧のように底沢峠・明王峠と和田峠・陣馬山に分かれるから、右を取る。

c0196928_9471511.jpg

しばらくは沢沿いの道。沢の音が心地よい。
沢を覗きこんだら、ご覧のようにユキノシタがびっしりと咲いていた。

c0196928_9472770.jpg

8分ほど歩くと「豪雨・豪雪・地震時は通行止」と書かれているゲートが現れる。
ゲートを潜り抜けると杉やヒノキの植林帯になり、日差しが遮られる。

う~ん、何か体が重い気がするな。どうもいかんぞ、これは。

c0196928_9473780.jpg

淡々と緩やかなスロープになっている沢沿いの道を歩いていく。
これが地味にこたえます。

c0196928_9474870.jpg

ちなみにこの道は、関東ふれあいの道になっております。

c0196928_9483631.jpg

この林道南郷線の先に・・・

c0196928_949321.jpg

陣馬山新ハイキングコースの入口がある。
今回ここから登っていきます。

体調が心配だな・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-07-12 09:50 | 低山歩き | Comments(0)


<< 陣馬山から相模湖に下る その3      陣馬山から相模湖に下る その1 >>