2015年 05月 02日
しだれ桜の紹太寺から石垣山一夜城を目指す その7
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_727879.jpg

鎌倉は今フジの花が見頃です。
お出でになったなら山に注目してみてください。ヤマフジが結構いたるところに咲いていますよ。

さて今回は、3月の終わりにしだれ桜で有名な紹太寺から石垣山一夜城を目指したときのお話の 7回目。一夜城目指して歩いています。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_7273674.jpg

10時43分(入生田駅への分岐から 50分後)、こんな案内板を発見。

「保存された石丁場」か。行ってみよう。

c0196928_7274713.jpg

何だよ。いったい何処に進ませる気だ。

c0196928_7275794.jpg

え?道路の下をくぐるの?

c0196928_728948.jpg

石丁場は何と道路の真下にあった。

っていうか、道路を作るときにここが発見されたので、橋梁(きょうりょう:河川・渓谷・運河などの上に架け渡し、道路・鉄道 などを通す構築物。橋)形式にして保存したということのようだ。

江戸時代、こういう石丁場から江戸城へ石垣用の石材として運ばれたらしい。
当時はすべて人力でやったのだろうから、大変だったろうなあ・・・。

c0196928_7282326.jpg

元の道に戻ろうとしたとき、単独の初老の女性に石丁場の場所を聞かれた。

小さいけれど、分かるかな?
その女性が、入生田駅への分岐から歩き出して以来、最初で最後のハイカーだった。

c0196928_7283528.jpg

石丁場から歩き出してすぐに姫ノ水橋という橋が現れた。
ご覧のように立体交差になっていて、下に道路が走っている。ガイドの文章からすると、どうやら箱根ターンパイクのようだ。

c0196928_7284826.jpg

ガイドにもあるが、ここからの展望はなかなか見事で、箱根の山々などが一望できる。

私も思わずここでこの日初めてパノラマ写真を撮りました。
画像をクリックして右下の虫めがねマークをクリックすると大きな画像が出ますよ。

c0196928_729039.jpg

姫ノ水橋を過ぎると、上り一辺倒だった道がようやく水平路になる。
ほっとしたよ。

c0196928_7291210.jpg

10時55分(入生田駅への分岐から 1時間2分後)、分岐が現れた。

右に進むと佐奈田霊社(さなだれいしゃ)というのがあるらしい。目的地の「石垣山一夜城歴史公園」までは、あとわずか 310mだという。

ゴールも間近だ。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-05-02 07:30 | 山歩き&花 | Comments(0)


<< しだれ桜の紹太寺から石垣山一夜...      しだれ桜の紹太寺から石垣山一夜... >>