2015年 04月 09日
湯河原・幕山公園から城山を目指す その7
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。





ビートルズの「Yesterday」に挑んでみました。知らない人はいない名曲だけに、聴いてもらうのにも緊張しますね。

さて、今回は 3月の初めに湯河原は幕山公園から城山を目指したときのお話の 7回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_125635.jpg

最後の沢を過ぎると、目の前に分岐が現れた。しとどの窟分岐である。

右に50mでしとどの窟、左に600mでしとどの窟バス停となっていた。
指導標に従って右に進んでいく。

c0196928_1251646.jpg

急に石仏が沢山現れる。

c0196928_1252679.jpg

しかもご覧のようなワイルドな大きな岩まで出現する。

c0196928_1253672.jpg

いかにも参道って感じの道を進んでいくと・・・。

c0196928_1255269.jpg

目の前にしとどの窟が現れた。9時45分(幕山公園から歩くこと 55分後)のことだ。

ここしとどの窟(いわや)は、1180年(治承4年)8月23日、石橋山の合戦に敗れた源頼朝が、土肥実平らわずか 7人の従者と数日間隠れ、九死に一生を得た場所だという。

吾妻鏡にいう「山中の岩屋」、源平盛衰記に出てくる「しとどの窟」がここなのだそうだ。

窟の大きさは高さ 6m、幅 15m、奥行き 10m。窟の中には 33体の観音像が安置されている。

c0196928_126549.jpg

その霊的な雰囲気にちょっと圧倒された。

勝手に写真を写したりしたら罰(ばち)があたりそうな気がして、何度も手を合わせながら撮影した。

c0196928_1261561.jpg

雨のあとだったせいか、窟の上から滝のように水が流れ落ちていた。それがまた独特な雰囲気を醸し出していた。

あの、ひたすら明るかった幕山公園との差に驚くばかりだ。
まさか今回のコースにこんな場所があるとは思わなかったよ・・・。

c0196928_1262512.jpg

しとどの窟を後にし、分岐まで戻ってきた。

今度はこの分岐を真っ直ぐに歩いていき、椿台を目指します。
その椿台でまた景観が一変するのであった。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-04-09 12:06 | 低山歩き | Comments(0)


<< 湯河原・幕山公園から城山を目指...      湯河原・幕山公園から城山を目指... >>