2015年 03月 10日
八王子城跡コース その6
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

さて、今回は 2月の初めに大山に八王子城跡を歩いたときのお話の 第6回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_7283780.jpg

さて、本丸跡から戻ったら、「高尾山・陣馬山」と書かれた指導標に従ってトイレの脇を進んでいく。9時20分(霊園前バス停から歩くこと 1時間5分後)のことだ。

c0196928_729410.jpg

すぐに立派なポンプ付の井戸が現れてびっくり。ちゃんと水も出た。戦国時代からある井戸らしい。

北条氏照がこの地に新たな城を築うとしたとき、水が出る場所があることを知っていたのではないか、とあるサイトに書いてあった。
ま、水ほど大事なものはないからね。本当かも知れない。

c0196928_7291475.jpg

井戸から先は一気に下る。「山慣れない人は緊張する下りだ」という説明がガイドにあった。

それほどでもなかったものの、流石にこのあたりから手の冷たさは消え、体がぽかぽかと温まってきた。

c0196928_7292463.jpg

9時37分(霊園前バス停から歩くこと 1時間22分後)、詰城(つめしろ)という場所に到着。ここが天守閣跡らしい。

c0196928_7293542.jpg

詰城(つめしろ)からの下り道に雪が少し残っていて、ちょっと怖かった。

何しろこの山に入ってから、まだ誰一人ともすれ違っていない。こんなところで滑って怪我をしたら大変だからね。

そして次にまた登りになったのか「案外きついね」と手帳に書いている。
いつも思うことだが、塔ノ岳のように一気に登る山より、地味に上り下りを繰り返す山の方がしんどく感じられて仕方ない。

c0196928_7294628.jpg

そして詰城(つめしろ)から 5分後ぐらい現れた登りの場所に雪が結構残っていてね。

今から思うとここが一番の難所だった。
何しろアイゼンなど持っていなかったし、持っていたとしても着けるほどの雪じゃないし、こういうのって、一番微妙ですよね。

c0196928_7295773.jpg

しかし登り切ったこの場所の正面から、この日初めて富士山が見えた。
でも富士山は次に取っておきましょうか。

c0196928_730855.jpg

そしてここが重要な分岐点で、右に進むと堂所山を経て陣馬山に、左に進むと荒井バス停に辿り着くことができる。

c0196928_7301891.jpg

但し、陣馬山までは 6時間かかるそうですよ。
というわけで、今回は荒井バス停に向かいます。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-03-10 07:31 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by 目黒駅は品川区 at 2015-03-10 10:07 x
6時間もかかりません!
八王子城跡と堂平山の間、アップダウンが多いとはいえ、普通の山慣れた人なら、3時間はキツいかもしれないけど4時間もあれば行けるもの。
Commented by JunMorosawA at 2015-03-10 16:53
目黒駅は品川区さん、こんにちは。

> 6時間もかかりません!
> 八王子城跡と堂平山の間、アップダウンが多いとはいえ、普通の山慣れた人なら、3時間はキツいかもしれないけど4時間もあれば行けるもの。

今昭文社の地図で調べてみたら、4時間20分でした。
6時間は少しオーナーな書き方ですね。

写真をよく見ると時間の部分を書きなおしてあるから、元は違う時間が書いてあったのかもしれませんね。


<< 八王子城跡コース その7      八王子城跡コース その5 >>