2015年 02月 28日
八王子城跡コース その3
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

c0196928_11533342.jpg

まさにきょう、東慶寺さんに梅の花の開花状況を見学しにいきました。
どうだろう、5~6分咲きってところかなあ。まだまだこれから楽しめそうですよ。是非北鎌倉においでになってください。

さて、今回は 2月の初めに大山に八王子城跡を歩いたときのお話の 第3回目です。
地味な話ですが、よろしかったら続きをどうぞ・・・。




c0196928_11535983.jpg

8時32分(霊園前バス停から歩くこと 17分後)、右を差し「北条氏照および家臣墓」という案内が現れた。

これから向かう八王子城跡は、戦国時代の末期に小田原に本拠をおき関東に覇権をもった北条氏の三代目当主、氏康の次男の北条氏照によって築かれた山城なのだ。
「約十分」ってことだったから寄ってもよかったのだが、今回参考にした「大人の遠足BOOK 日帰り山あるきベスト130(関東周辺)」ではパスしていたから、私もパスした。

c0196928_11549100.jpg

8時35分には八王子城跡というバス停が現れた。土日に限り 1時間に 1本ほどここまで運行されているようだ。

c0196928_11541970.jpg

8時36分には八王子城跡ガイダンス施設という立派な建物が右手に現れた。
かなり熱心に売り出そうとしているんだなあ。

そういえば、「北条五代を大河ドラマに!」なんていう幟も立っていたっけ。

c0196928_11542912.jpg

このあたりから雪が目立ち始めたっけ。
とにかく寒かったですよ、この日は。

c0196928_11543961.jpg

8時38分(霊園前バス停から歩くこと 23分後)、八王子城跡管理棟という、これまた立派な建物が現れた。

c0196928_11545094.jpg

じつはあとから知ったのだが、管理棟から真っ直ぐに(左正面に)進んでいくと御主殿などの様々な遺構や御主殿の滝などの名所があったようだ。

今回参考にした「大人の遠足BOOK 日帰り山あるきベスト130(関東周辺)」には、そういうところの記述が一切なかったため、そのガイドに従って「管理棟の右側から登山道に入」ってしまった。
今から思うと、ちょっと惜しいことをしたなあ。

c0196928_1155470.jpg

というわけでこの「金子曲輪・本丸」という指導標に従って、管理棟から右側に向かっていく。

c0196928_11551557.jpg

するとすぐに木製の古そうな鳥居が現れた「八王子城跡自然公園」という案内板もあった。
日差し一杯の舗装路から、一気に古道になったって感じだ。

さて、ここからいよいよ山道が始まります。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-02-28 11:56 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by 山ばか夫婦の山歩 at 2015-03-02 09:37 x
以前とは様子も違っていて、春先にでももう一度
歩いてみたいですね。

鎌倉の梅もいい頃になりましたか・・こちらも行きたいなぁ。
Commented by JunMorosawA at 2015-03-02 17:23
山ばか夫婦の山歩さん、こんにちは。

> 以前とは様子も違っていて、春先にでももう一度歩いてみたいですね。

様子が違ってるんですか。私は初めてなんで、全然分からないです。

> 鎌倉の梅もいい頃になりましたか・・こちらも行きたいなぁ。

そうですね。今がほぼ満開でしょうか。


<< 八王子城跡コース その4      八王子城跡コース その2 >>