2015年 01月 29日
不思議な猫と出会った大山登山記 その4
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

さて、今回は 12月に大山に登ったときのお話の 4回目です。
よろしかったら、続きをどうぞ・・・。




c0196928_10144558.jpg

9時14分(バス停から46分後)、石碑と指導標のある分岐に出る。
どうやらここが「蓑毛越」のようだ。

左上が「大山山頂」正面に進む道が「下社・日向薬師」になっている。当然左上に進む。

c0196928_10145638.jpg

このあたりの自然林もなかなかよかった。
そしてようやく体が温まってきた。

c0196928_1015751.jpg

しかし暗い場所には霜柱が目立ってきた。「やっぱ真冬なんだなあ」と実感する瞬間です。

c0196928_10152088.jpg

9時33分(蓑毛バス停から歩くこと 1時間5分後)、頭がすべてなくなってしまっているお地蔵さんが何体か現れた。

ちょっとかわいそうだけれども、この道が古道であることが分かりますね。

c0196928_1015318.jpg

続いてこんなものも。「女人禁制の碑」だ。

案内板に、「江戸時代にはこれより山上への女性の登山は禁止されていた」と書かれていた。
富士山でも木曽の御嶽山でも、同じですね。

c0196928_10154169.jpg

同じころ、富士山が上 2/3 ほど姿を現した。
相変わらず空には雲一つない。「いいね」とわざわざ手帳に書いています。

c0196928_10155175.jpg

9時46分(蓑毛バス停から歩くこと 1時間分18後)、阿夫利神社の下社からの道と合わさった。

c0196928_1016199.jpg

このときその下社の方から 60代ぐらいの女性 5人組が現れた。

彼女たちと一緒にいたのは、何と猫だった!

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2015-01-29 10:17 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by えむり at 2015-01-30 16:03 x
こんにちは。
蓑毛経由で大山に登られたのですね。
私は、紅葉の季節に参道から、大山寺、阿夫利神社下社、富士見台、阿夫利神社本社経由で登り、下りは見晴らし台経由でした。
富士山が見えると嬉しいですね。

Commented by JunMorosawA at 2015-01-31 07:20
えむりさん、こんにちは。

> 蓑毛経由で大山に登られたのですね。

そうなんですよ。蓑毛経由+蓑毛越コースは初めてです。天気が良かったせいか、とても印象がいいです。

> 私は、紅葉の季節に参道から、大山寺、阿夫利神社下社、富士見台、阿夫利神社本社経由で登り、下りは見晴らし台経由でした。

大山寺周辺は紅葉のメッカですものね。私も一度歩いてみたいです。

> 富士山が見えると嬉しいですね。

本当にこの日は最高でしたよ。このコースではもったいないくらいでした。


<< 不思議な猫と出会った大山登山記...      不思議な猫と出会った大山登山記... >>