2014年 12月 17日
東武東上線・官ノ倉山 その5
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

さて、今回は 10月27日に官ノ倉山に登ったときのお話の 5回目です。

地味ですが、よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_7333864.jpg

10時20分(東武竹沢駅から歩き始めること 1時間40分後)、下山開始。

ガイドには、

次のピーク、石尊山へは、いったん下って登り返す。この下りはくせ者で、短いながらたいへん急。要注意箇所だ

と、結構怖いことが書いてあった。
下りの苦手な私はこの記述に少しビビッていたのだが、これがまた驚くほどあっけなく通過できてしまった。

c0196928_7341494.jpg

2分後、鞍部に達し、ここで安戸集落からの道を合わせる。

c0196928_7342691.jpg

そして登り返して・・・

c0196928_734439.jpg

10時29分(東武竹沢駅から歩き始めること 1時間49分後)、祠の建つ石尊山に到着。

ここも官ノ倉山に勝るとも劣らないくらいの素晴らしい展望地だった。
しかも、またしても1人で独占。いいねえ。本当にコースだな・・・。

c0196928_7351367.jpg

パノラマも載せておきますね。実際にはもっとよかった印象ですよ。

c0196928_7352434.jpg

ここでも少しゆったりとし、10時35分、下山開始。
すぐに、

       くさり場注意!!
       ゆっくり一人ずつ
       登る人の確認

という大きな案内板が現れる。

c0196928_7353918.jpg

そう。ここから鎖場が始まる。官ノ倉山からの下山と違って、こちらの鎖場は「本物」だった。
結構怖い。流石にカメラを首にかけたくらいだ。

なるほど。ガイドが、

       何ヶ所もの急な登下降と鎖場。短いながらも気を抜けないコース

と書くはずだ。

c0196928_7355199.jpg

鎖場が終わったあとも、しばらくは木の根っこが張り出した下りが続く。
なるほど。気が抜けませんよ。

c0196928_736116.jpg

やがてそれも終わり、ほぼ水平路に変わる。
植林帯だが「これはこれでいいね」と私はわざわざ手帳に書いている。

さて、そろそろ北向地蔵が現れるはずだぞ・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-12-17 07:36 | 低山歩き | Comments(0)


<< 東武東上線・官ノ倉山 その6      東武東上線・官ノ倉山 その4 >>