2014年 11月 09日
伊豆・巣雲山 その2
ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。 最新の順位はこちら です。

さて、今回は 10月20日に伊豆の巣雲山に登ったときのお話の 2回目です。
地味ですが、よろしかったら続きをどうぞ。




c0196928_6514085.jpg

熱海駅からわずか 17分後の 7時40分、宇佐美駅に到着。
ご覧の北鎌倉駅そっくりの宇佐美駅が今回のハイキングの起点となる駅です。

c0196928_6515370.jpg
「大人の遠足BOOK 日帰り山あるきベスト130」より

これが今回のハイキング・コース。
ご覧のように宇佐美駅から出発して阿原田峠を経て巣雲山に登り、別コースでまた宇佐美駅に戻ってくるという周回コースです。

歩行時間は登りが 2時間20分、下りが 2時間10分の 4時間30分。前回の玄岳よりは長い。
ここのところ体調が体調だから、やや心配だ。

c0196928_6522768.jpg

ちなみに伊東市の伊豆ネットというホームページの ここ からハイキングコースのマップを落とせます。

これでいうと、青い線の「巣雲山(阿原田)コース」から登り、「巣雲山(峰)コース」で下山という形です。

c0196928_6524169.jpg

というわけで 7時42分ぐらいに宇佐美駅から歩き始める。

まずは宇佐美駅を出たら左折し、最初の信号を左に曲がれ、という。
なるほど交差点の向こう側に目印の宇佐美小学校があった。

ちょうど通学の時間に当たっていたせいか、先生か父兄か分からなかったけれども、数人の大人が学校の近くに立っていた。近頃子供を狙った物騒な事件が多いからね。

おかげでカメラを向けにくくて参ったよ。
だからこれ、少し交差点から離れた場所から写しているんです。

c0196928_65328.jpg

交差点を左折すると、すぐに伊東線の踏切がある。
踏切を渡ると、直進する道路とは別に右に延びる道路もあったりして、ちょっとややこしい。

ただ地図を見るととにかくしばらく一直線に進むことになっている。それを信じて真っ直ぐの方の道に進んだ。

c0196928_653155.jpg

するとすぐに道路の左側に宇佐美中学校が見えてくる。小学校同様、これも目印になっている建物だ。

その学校の前にも校門の近くに先生らしき人が数人立っていた。「おはようございます」と私に向かっても挨拶してきたんでちょっとびっくりした。

c0196928_6532993.jpg

予報がいい方に外れたようで、ご覧のように素晴らしい天候になってしまった。
もうすでに目指す方向に低い山並みが連なっている。あの中に巣雲山もあるのだろう。

このあたりのガイドの文章はこうだ。

踏切を渡って直進する。
川に沿って車道を進み、春はみかんの花の甘い香りが漂う道を大きくカーブを切っていく。

「川に沿って車道を進み」ったって、その川がなかなか現れない。ちょっと不安を覚えた。

c0196928_6541674.jpg

7時53分、やっと案内が現れた。
ご覧のように、

       巣雲山ハイキングコース
       みかんの花咲く丘(阿原田)コース

と、2つのコースが書いてある。
私が歩くのは巣雲山ハイキングコースだ。正式な言い方をすると「巣雲山(阿原田)コース」だ。

一方みかんの花咲く丘(阿原田)コースっていうのは、それとは別なコースなのだ。
伊東市の地図でオレンジ色で描かれているのがそれです。

その2つのコースが一部重複しているから、ちょっとややこしい。

c0196928_6542715.jpg

7時55分(宇佐美駅から歩き始めること 13分後)、右手に干物の加工場が現れる。

c0196928_6543743.jpg

その3分後、今度は金龍山参道っていうのが右手に現れた。
しかし金龍山なんて地図に載ってないぞ。

c0196928_6545047.jpg

7時58分(宇佐美駅から歩き始めること 16分後)、やっと左手に川が現れた。
どうやらここがガイドのいう「川に沿って車道を進み」の部分のようだ。

c0196928_655449.jpg

このあたりで後ろを振り返ったら川の先に海が見えた。海の近くの山っていうのはこれがいいね。

さて、どうやら道は合っていそうだ。
いや実際、ここまでは合っていたんです。

しかしじつは今回、結構とんでもないことになるのであった・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-11-09 06:57 | 低山歩き | Comments(0)


<< 伊豆・巣雲山 その3      伊豆・巣雲山 その1 >>