2014年 09月 25日
鹿島槍ヶ岳登山記 2014 その39
虚弱体質男でも、今年も目指すぞ、日本アルプス!

ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。何とかベスト10の下位に食いこんでいます。 最新の順位はこちら です。応援よろしくお願いします。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が日本アルプスに挑む。

無事今回の山行を終え、バスで信濃大町駅を目指していた私だった。




信濃大町駅にて

c0196928_17141116.jpg

12時4分、信濃大町駅に戻ってくる。
へえ。粋な駅舎じゃないか。そういえば 2日前は駅舎の撮影をする余裕もなかったっけ。

c0196928_17142217.jpg

駅舎の中に入って電車の時間を確認。

出かける前に乗換案内で調べたとき、次の電車は 13時14分まで 1時間以上ないと思っていたのに、12時37分っていうのがあるじゃないか。

12時37分発の電車なら松本に 13時40分ぐらいに着いちゃいそうだな。
じつは予定していたあずさはスーパーあずさ22号で 14時49分発のだったのだが、その1台前のに乗れそうだな、ぎりぎりで。

c0196928_17143467.jpg

このように駅にはみどりの窓口もあるし、券売機のところにも駅員さんが 1人ついていた。

さて、どうしたものか。

でも待てよ。あまりぎりぎりのタイミングであずさに乗ることになると、松本で買い物も食事もできないか。

まあそんな気持ちと、あとは気の弱さもあり、結局私は松本までの普通乗車券だけを券売機で買った。670円です。

c0196928_17144618.jpg

駅の近くには「アルプスロマン館」っていう「いかにも観光地の土産物屋」っていう店があった。

c0196928_17145768.jpg

中には「いかにも観光地の土産物」って感じの商品が並んでいて、そんな中から「黒部の妖精」っていうライチョウが描かれた「いかにも北アルプスの土産物」って感じのお土産をいくつか購入した。

c0196928_17151369.jpg

12時20分頃、駅舎に入っていく。
特に待っている人は多くはなく、一番に並んだ。

そして5分後ぐらいに、右側からもう電車がやってきた。

私が乗り込んだ車両は、片方がロングシート、片方がボックス席という変則的なスタイルだった。
大糸線も松本まで1時間も乗る。ロングシートは疲れる。そこでボックス席に座った。

そのうち私のような単独のハイカーが私の反対側に座った。

12時37分、大糸線が松本に向けて出発する。
あれれ?電車がやってきた方向に進むではないか。

何だよ。俺、反対側に座っちゃったんだな。これはうっかりしてたよ。
街中のせいで方向感覚がずれていたんだな・・・。

帰途に就く

c0196928_17155222.jpg

車窓から北アルプスの山々を眺める。やっぱりたっぷりと雲をまとっているなあ。
今日登っている人もガスの中だろう。

ところで電車が進んでもあまり乗客の数は多くはならなかった。夏休みのせいか、中学生あたりの姿が目立ったっけ。

1時8分、懐かしの穂高駅に停まる。ここで乗客の数がかなり増えた。我々のボックス席にもようやく 1人入りこんできた。

ぼおっとしてたのか、本を読んでいたのか、気が付くといつの間にか北松本駅まで進んでいて、車内放送で乗り換えの案内をしきりにしていた。

そんなわけで大糸線の 1時間の乗車は案外あっけなかったな・・・。

c0196928_1716610.jpg

1時38分、大糸線が松本駅に到着。結構多くの乗客が電車から吐き出されてびっくりした。

c0196928_17161954.jpg

とにかく一旦改札を抜ける。

みどりの窓口に行ってみたら、何と次のあずさは 13時47分だった。
しかしこの時点で 13時41分。

やはり夏休みなのか、みどりの窓口の中には沢山のお客さんが列をなしていた。あと 6分以内に切符を買って乗車・・・など絶対に不可能だ。

13時47分発のあずさはあきらめよう・・・。

c0196928_17163331.jpg

とうわけで、駅ビルの 2階にちょっとした食堂街があったんで進んでみた。何たって 1時間以上あるからね。

しかしなあ。すでに 2時近い。今ここで食べてしまうのはどうだろう?お腹ぱんぱんになりそうでね。家に戻ったあとのビールがまずくなるのだけは嫌なのだ。

結局迷っただけで入らなかった。
小食人間らしいでしょう?

c0196928_17164669.jpg

というわけで 14時49分、定時にスーパーあずさ22号新宿行きが松本駅を出発する。

c0196928_1717071.jpg

私が松本駅で買ったのは、おにぎり 1つとりんごジュースのみ。

おにぎりもまあまあだったが、それ以上に「旬摘 信州りんご」がうまい!「もっと飲みたい!」と思ったほどに! 238円もする高級品(?)ですからね。

実際胃腸は調子よかった。例の嘔吐感など微塵も感じなかった。
乗り切った感じだよなあ。

そういえば、脚もひざも松本駅にいるとき、何の問題もなかった。
「脚」ではなく「足」の方も何のダメージもなかった。

そして体調全般でも、そんなにぐったりとしたところはなかった。
立派なもんじゃないか。

ただ、明日からの日常のことを思うと憂鬱だった。
あと、長大な登山記をこれから書くのかと思うと、ちょっとうんざりしていたっけ・・・。

c0196928_17171154.jpg

松本駅ではほぼ曇天だったのに、松本から離れるにしたがって天気が良くなり、そのうちに快晴になってしまった。

ご覧のように、そのうち富士山も見えてきた。

皮肉だなあ。
空とは喧嘩できないとはいえ、ちょっと癪に障るぜ。

c0196928_17172535.jpg

7時ジャスト、地元北鎌倉に戻ってくる。

大船で焼き鳥などのつまみも買った。おいしいビールが飲めそうだ。




ありがとう、北アルプス。また来年もきっと出かけるからな・・・




というわけで「鹿島槍ヶ岳登山記 2014」をこれで一応終えます(こぼれ話を載せるかも)。地味な話なのに、全39話付き合った下さった方々に心から感謝いたします。

ありがとう。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-09-25 17:18 | 北アルプスなど高山 | Comments(8)
Commented by アルペジロー at 2014-09-25 23:55 x
先月長野に行った時に帰りに信濃大町駅の前を車で通りましたよ。
実は電車で行ったことは一度しかないのですが。
その後、穂高駅近くの大王わさび農場に寄り(昨年も行きました)、美ヶ原を通って帰宅しました。

全39話、お疲れ様でした。思い返せば8月16日から始まったのですね。
そして来週はもう10月、早いですなぁ。
Commented by JunMorosawA at 2014-09-26 07:19
アルペジローさん、こんにちは。

> 先月長野に行った時に帰りに信濃大町駅の前を車で通りましたよ。

おっとそうでしたか。アルペジローさんは車派でしたものね。

> その後、穂高駅近くの大王わさび農場に寄り(昨年も行きました)、美ヶ原を通って帰宅しました。

大王わさび農場って、よくテレビに出てきますね。

> 全39話、お疲れ様でした。思い返せば8月16日から始まったのですね。
> そして来週はもう10月、早いですなぁ。

ありがとうございました。本当にもう10月も近いですねえ。
で、あと3ヶ月で今年も終わり・・・。
う~む・・・。
Commented by H.T. at 2014-09-26 14:04 x
はじめまして。

密かにこちらのブログのファンで、いつも楽しみに拝読しています。

長編のレポート、大変お疲れ様でした。まるで連載小説や連続ドラマのように、毎日更新されるのを心待ちにして全編読ませていただきました「次はどうなるんだろう?」と続きがとても楽しみで、わくわくしました。植物の情報もとても参考になります。

私も長い間、胃の不快感に付きまとわれ、食欲もなくなり、体重が10キロ近く落ち、おまけに無気力になっていた時期があったのですが、昨年秋の上高地再訪を機に少しずつ体調を取り戻し、今は1〜2泊の山歩きは問題なくこなせるまで元気になりました。やはり、山が一番の薬だったように思います。

大作が終わってしまって、少々さびしいような気がしますが、引き続き楽しみに読ませていただきますので、これからも楽しいレポートを届けてください。
Commented by JunMorosawA at 2014-09-26 18:20
H.T. さん、はじめまして。

> 密かにこちらのブログのファンで、いつも楽しみに拝読しています。

ありがとうございます!
こんな地味なブログを気に入っていただけて、大変嬉しいです。

> 私も長い間、胃の不快感に付きまとわれ・・・

しかもタイプも似ていますね。

> 今は1~2泊の山歩きは問題なくこなせるまで元気になりました。

それはよかったですね!

> やはり、山が一番の薬だったように思います。

本当にそう思います。私も山にいるときが一番元気な気がします。
できれば 1週間~10日ほども山にいることができれば、もっと健康になれるかも・・・と思うことがあります。

> 大作が終わってしまって、少々さびしいような気がしますが、引き続き楽しみに読ませていただきますので、これからも楽しいレポートを届けてください。

これからは多分地味な低山歩きの話が中心になるかと思いますが、よかったら時々遊びに来てください。
Commented by アルペジロー at 2014-09-26 23:26 x
> おっとそうでしたか。アルペジローさんは車派でしたものね。

いや、1人だったら電車で行くかもです。

> 大王わさび農場って、よくテレビに出てきますね。

いつも生わさびを買って帰ります。すりおろしたばかりの生わさびを肉などにちょっとつけて食べるとうまいですよ。

> ありがとうございました。本当にもう10月も近いですねえ。
> で、あと3ヶ月で今年も終わり・・・。

夏が終わった後って、年末まで意外とあっという間なんですよね。
暑いのは嫌いだけど、一抹の寂しさを感じます。
Commented by JunMorosawA at 2014-09-27 07:15
アルペジローさん、こんにちは。

> いや、1人だったら電車で行くかもです。

電車の旅もいいですよね。本も読めるし、ウトウトもできるし。

> すりおろしたばかりの生わさびを肉などにちょっとつけて食べるとうまいですよ。

なるほど。これはおいしそうだ。

> 夏が終わった後って、年末まで意外とあっという間なんですよね。
> 暑いのは嫌いだけど、一抹の寂しさを感じます。

同じくです。日もどんどん短くなっているし、今日など鎌倉は木枯らしっぽい風が吹いています。
秋も深まりますね。
Commented by ホワイト at 2014-09-28 18:54 x
はじめてのお便り失礼させていただきます。

毎回楽しく拝見させていただいております。

今年の初めくらいから山歩きを始め、近隣の低山を日帰りで歩いていていましたが、貴ブログとの出会いを契機に少しチャレンジしてみようと思い、先日、丹沢・塔ノ岳に日帰り(大倉尾根ピストン)行ってきました。通称バカ尾根には難渋しましたが、なんとか無事登下山できました。次は山小屋泊にチャレンジですかな(すでに遠く鹿島槍ヶ岳まで単独遠征されている方にはレベルの低い話で恐縮ですが・・・)。

貴ブログの記事を読み返し、失礼ながら山歩きのステップアップのプランの参考にさせていただいております。

引き続き楽しみにしています。
Commented by JunMorosawA at 2014-09-29 15:43
ホワイトさん、こんにちは。

> 毎回楽しく拝見させていただいております。

ありがとうございます!

> 先日、丹沢・塔ノ岳に日帰り(大倉尾根ピストン)行ってきました。

おお!バカ尾根の往復ができたのなら、もう体力的には北アルプスでも大丈夫ですね。

っていうか、今回の柏原新道などもそうですが、北アルプスのちゃんと整備された道の方が、岩が不安定にごろごろしているバカ尾根よりもむしろ歩きやすいくらいですよ。

事実、私は普段あまりストックを使ないのですが、バカ尾根の下山のときには怖くて使っているくらいです。

> すでに遠く鹿島槍ヶ岳まで単独遠征されている方にはレベルの低い話で恐縮ですが

とんでもないですよ。行く気力さあえればいつでも行けますよ。
ほとんど虚弱体質男の私に行けたのですから。

> 引き続き楽しみにしています。

今後は地味な低山の話ばかりになると思いますが、よかったらまた遊びに来てくださいね。


<< 鹿島槍ヶ岳登山記 2014 こぼれ話      鹿島槍ヶ岳登山記 2014 その38 >>