2014年 09月 24日
鹿島槍ヶ岳登山記 2014 その38
虚弱体質男でも、今年も目指すぞ、日本アルプス!

ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。何とかベスト10の下位に食いこんでいます。 最新の順位はこちら です。応援よろしくお願いします。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が日本アルプスに挑む。

柏原新道を下山し、やっと登山口に到着。ゴールの扇沢は目前だ。




扇沢到着

c0196928_178515.jpg

10時55分(冷池山荘を出発すること 5時間25分後)、登山口に到着。

扇沢駅までは舗装路。しかも上り坂。
ここに来ての登りはじんわりと響きます。

c0196928_179358.jpg

道端には大きな黄色い花が目立っていた。キオン(黄苑)かなあ・・。

ちなみにここまで 800枚ほど写真を写しています。
NEW デジカメ、 DMC-FZ1000君、よく頑張ってくれました。

c0196928_1791489.jpg

こうして11時12分、扇沢駅まで無事戻ってきた。
もうすでに大きな駅舎の前に 11時30分発の信濃大町駅行きのバスが停まっていた。

ついでに隣に長野行きの高速バスも停まっていた。
そういえば白馬岳縦走のときには白馬駅←→長野駅間はそのバスを利用したんだっけ。長野まで行ってしまって新幹線・・・っていう手もあるんだな。

バスが発車するのは 11時30分だから終わってみれば18分の余裕があったことにはなる。
しかし冷池山荘を 5時35分に出発したのだから、本来の到着予定時間は 10時35分だったわけで、それより 37分は多くかかっていますね。

やはりゆとりを持たせるって大事だなあ・・・。

c0196928_1792694.jpg

さて、とりあえず大きな扇沢駅の中にあるトイレで用を足したあと、早速バスに乗り込むことにした。席が心配だったからね。

乗るときに運転手さんに「(ザックを)持っていてもいいですか?」と尋ねたら、快く「いいですよ」と言ってくれた。

乗車率はというと、2人席にそれぞれ 1人ずつが乗っているというイメージだった。
そんな 1つに座る。

c0196928_17937100.jpg

さて、私にとってバスは「最後の難関」なわけだけれども、全然問題はなさそうだった。
山行前のあの嘔吐感は何処に行ってしまったんだろう。

それでも用心して、太田漢方胃腸薬Ⅱを飲んだ。

一方足の方はというと、やはり若干左ひざに軽い痛みがあるのと、左股関節の内側に多少の違和感があった。

といっても座っていれば何も分からない程度のものだ。
よく持ってくれたよなあ、今年も・・・。

c0196928_1794882.jpg

11時31分、バスが出発する。

じつは出発前に私の隣に 60代ぐらいの親父が座った。

「どちらを歩かれたんですか?」

などと話しかけてきたんで鹿島槍ヶ岳だと話すと、自分も今朝未明(2時頃)に鹿島槍ヶ岳に向かった。最初は綺麗に星が見えていたのに、みるみるガスってしまって、結局何も見えなかった・・・ということだった。

そういえば私は一度も「満天の星」というのを見ていない。
今度山小屋で一泊する山旅をするときには是非見てみたいなと思った。

c0196928_1710233.jpg

11時50分、大町温泉郷に到着(上の写真はその近くに流れている鹿島川)。
へえ。ここで案外多くの乗客が降りる。私の隣の親父さんもそのうちの1人だった。

大町温泉郷は鹿島槍ヶ岳や爺ヶ岳の雪解け水が流れる清流鹿島川のほとりにあって、黒部ダムに通じるアルペンライン沿いにある温泉地。
特にこの中にある「薬師の湯」は大町温泉郷の中で日帰り入浴ができる唯一の温泉施設だってことで人気があるようだ(そういえば山小屋にも値引券があったっけ)。

だけどバスが箱根のように 15分に 1台走っているのならともかく、ここに寄るだけで 1時間かそれ以上遅くなるなんて、私には考えられないなあ。

っていうか私は、ここまで来ると「早くおうちに戻りたい」と思うようです(笑)。

c0196928_17101341.jpg

バスが再び走る。

そういえば私の近くにいた 若者 2人は鹿肉料理の店に寄ろうとしていて、スマホでその情報を探っていた。

駅に向かって走っている最中に、何と偶然その鹿肉料理のお店が現れて、2人ががっかりしていた(実はその直前のバス停で降りるかどうか悩んでいたんだ)。
思わず私も「残念でしたね!」と声をかけたりしたっけ・・・。

さて、信濃大町駅も近いぞ・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-09-24 17:10 | 北アルプスなど高山 | Comments(0)


<< 鹿島槍ヶ岳登山記 2014 その39      鹿島槍ヶ岳登山記 2014 その37 >>