2014年 09月 04日
日本アルプス登山記 2014 その19
虚弱体質男でも、今年も目指すぞ、日本アルプス!

ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。面白いことにこの 1週間、ず~っと 6位だったのですが、変化はあったでしょうか。 最新の順位はこちら です。応援よろしくお願いします。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が日本アルプスに挑む。

何とか種池山荘に到着した私は、近所を散策してみることにした。




山小屋の周囲を散策する

c0196928_17472210.jpg

さて、夕食(6時)までまだかなり時間がある。というわけで小屋のサンダル履いて、DMC-FZ1000 片手に外に出てみた。4時18分頃だ。

山小屋の前はさえぎるもののない絶景ポイントになっている。
相変わらず雲が多く、正面に鎮座している山々は半分ほどその姿を消していた(あとでこれらの山が針ノ木岳や蓮華岳であることを知った)。

しかし山小屋周辺にはガスはなく、だから市街地(信濃大町か)の方も一部だけは観察できた。案外明日の朝になればよく晴れるかもしれない。

c0196928_17473566.jpg

種池山荘の近くには、種池という池が実際にある。
しかし池といっても水溜りのようなものだ。コケが生えているのか、妙に色が濃く、黒っぽく見えた。

c0196928_17474774.jpg

池の近くだったか、あのキヌガサソウが群生していた!
ところがもう花期を終えているらしく、汚かった。

「高山植物ハンディ図鑑」によると花期は 6~7月ってことだからしょうがないのかもしれないけれども、ひょっとしたら今年は案外春が早かったのかもしれない。

c0196928_17475854.jpg

山小屋から少しテント場の方に向かう。

注意して観察すると、このあたりにも結構高山植物が咲いている。

c0196928_1748947.jpg

でもイワカガミは小さくて写しにくいなあ。DMC-FZ1000 のワイド端のワイドマクロを使って、更にズームマクロを使わないと大きく写らない。
しかしズームマクロの多用は危なそうだな。所詮デジタルズームなのだから。

それと、こうして歩きまわっているだけで多少息が切れた。これこそ高山病の症状だろう。
特にシャッターを押すときって息を止めるでしょう?あれがいかんね。

c0196928_17482348.jpg

おっと。可憐な白い花も咲いているではないか!
花弁が7枚ってことで、どうやらツマトリソウのようだ。

ツマトリソウの「ツマ」は「妻」ではなく「褄」。端(はし)の意味だ。
これはまれに花弁が赤く縁取られることから来ているらしい。

残念ながら私が写した個体は真っ白だったけれど、こうして花の正体が分かって嬉しい。

c0196928_17483449.jpg

一方樹木の方は白い花をつけたものが目立っていた。
葉っぱは羽状複葉(うじょうふくよう:主脈の左右に小葉が羽状に並んでいるもの)している。

これはウラジロナナカマドで決定ですね。
名の由来は葉の裏が白いことから来ているらしい。知ってりゃ観察したんだがな・・・。

c0196928_17484227.jpg

思い出した。去年 8月の末に双六岳に登ったときに、このウラジロナナカマドの真っ赤な実(み)を見たんだった。
今年はその実がないってことは、まだ山が秋になってない証しだな。

c0196928_17485056.jpg

4時半、山小屋の方に戻ってくる。
このときだけは妙なほど日差しがあった。

c0196928_1749287.jpg

でもじつはやはり雲も多かった。その雲がかなりの速度で移動していた。
そんな雲を眺めながらこんなことを思っていた。

「よく無事にここまで来れたよなあ・・・」

今回、出かける前の私の体調は最低だった。毎日のように強い嘔吐感に襲われていた。
それがとうとうこうして北アルプスまでやってきた。そして流れる雲をいつまでも眺めている・・・。

ところで、このとき私は手帳にこんなことを書いていた。

       明日はヤリだろうなあ

今回、鹿島槍ヶ岳コースも、針ノ木岳コースも、一応両方のコースをプリントアウトしてあった。

針ノ木岳コースの方が周回コースで楽しいのだが、やや行程がしんどくなる。
明日は鹿島槍ヶ岳コースにしよう。何てったって一応百名山の一つだしね。

いやじつはそれどころか、楽な爺ヶ岳(じいがたけ)だけ登って明日下山しちゃう・・・なんていうお手軽コースすら考えていた。
鹿島槍ヶ岳に進むってことはもう一泊山小屋に泊まるってことなのだ。だからこれでも決心した方なのだ。

もっともこのとき、手帳にこんなことを書いてはいる。

       もう一泊はいやだけれども・・・

このあたりが私らしいね。
どっぷりと山の空気に浸っていたいと思う半面、山小屋に連泊するのは嫌なんだよな・・・。

さて、ちょっと寒くなってきた。部屋に戻るか・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-09-04 18:32 | 北アルプスなど高山 | Comments(4)
Commented by 山ばか夫婦の山歩 at 2014-09-04 20:01 x
種池に黒サンショウウオいましたよ。
池と言うより水たまりに近いですよね。
小屋前のテラスからの展望は最高ですね。
天気もそこそこ良いですね。
Commented by JunMorosawA at 2014-09-04 20:18
山ばか夫婦さん、こんにちは。

> 種池に黒サンショウウオいましたよ。

ええ?そんなもの、いたんですか!もっとよく観察すればよかった・・・。

> 小屋前のテラスからの展望は最高ですね。
> 天気もそこそこ良いですね。

まあこのときはそこそこよかったんですけれどねえ。
今回天候に関しては外れでした。
Commented by アルペジロー at 2014-09-04 23:21 x
実は私も今体調が思わしくなくて、低山すらちょっと勘弁願いたいというほどなのに、体調の悪い中、山行を決行し、そして山小屋までたどり着いたことは素晴らしいです。実は本当に体の調子が悪いのではなくて、精神的なものなのかもしれませんね。
Commented by JunMorosawA at 2014-09-05 08:42
アルペジローさん、こんにちは。

> 実は私も今体調が思わしくなくて・・・

あら。そうなんですか。
ま、中高年になって来ると、何処か1つや2つは悪いところ、弱いところが出てしまいますよね。

> 実は本当に体の調子が悪いのではなくて、精神的なものなのかもしれませんね

嘔吐感に関しては、すばり精神的なものが80%ぐらい占めていたんでしょうね。
山に行く前は毎年多少はあるんだけれども、今年のはひどかったですね。

1人で山に行くことの不安以外にも、お店の改装のこととか、お袋がちょっと元気ないとか、まあいろいろなことがあったせいかもしれません。


<< 日本アルプス登山記 2014 ...      日本アルプス登山記 2014 ... >>