2014年 08月 26日
日本アルプス登山記 2014 その10
虚弱体質男でも、今年も目指すぞ、日本アルプス!

ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。何とかベスト10の下位に食いこんでいます。 最新の順位はこちら です。応援よろしくお願いします。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が日本アルプスに挑む。

何故か原因不明の嘔吐感に悩まされ続け、当日まで敢行が危ぶまれた今回。
あずさによる史上最長の電車の旅を終え、とうとう登山の起点となる扇沢に到着したのだった。




扇沢から遂に歩き始める

c0196928_1763894.jpg

こうして11時37分、終点の扇沢駅に到着した。
あれ?信濃大町駅から40分かかるはずが、わずか26分か。随分早いな。

にしても、これで鬼門のバスの旅も、何の問題もなく終わったな。

じつは今回の山旅はとても地味なものだったのだが、その中で、他人からすれば取るに足りないような「小さな奇跡」が 7つ起こった。

前日まであれほどの嘔吐感に襲われていた私が、長い電車とバスの旅の間中、一度もそれに襲われなかったのは、その「小さな奇跡」のうちの 1つといっていいと思う。

c0196928_1765984.jpg

扇沢(おうぎざわ)駅は、バスの駅ってわけじゃない。長野県大町市にある関西電力が経営する関電トンネルトロリーバスの駅で、立山黒部アルペンルートの長野県側の入口になっている。

そう、要するにここから電車スタイルのバス、トロリーバスに乗ってあの黒部ダムに向かうのだ。
だから駅舎もご覧のようにとても立派だ。っていうか、威圧的なほど巨大です。

7年間愛用しているカシオの高度計機能付きの腕時計 PRO TREK によるとここの高度は 1410m。
一方ウィキペディアの情報によると 1433mってことだから、結構正確だね。

1433mといえば丹沢の塔ノ岳の標高(1491m)とほぼ一緒。そのせいか、そして相変わらず曇っていたせいか、少し涼しく感じられた。

一方テンションの方はというと、「まだ怪しい」と手帳に書いている。
このへんが最近の私の特徴になってしまっているなあ・・・。

c0196928_177236.jpg

さて、初日の行程は案外余裕がない。とっとと登山口に向かわねば。

ガイドによると「観光客でにぎわう扇沢バスターミナルから 10分ほど戻って、柏原新道登山口へ」とある。
道路も1本しかないし、迷いようがない。

迷いようがないんだけれど、何故か私のように登山口に向かおうとする登山者がいない。

このときはまだ立山黒部アルペンルートのことを詳しく知らなかったから、バスを降りたハイカーはみんな柏原新道の方に向かうと思っていたんだ。

こうなってくると途端に心細くなってくる・・・。

c0196928_1771399.jpg

扇沢の周辺には駐車場が多い。扇沢駅に一番近い駐車場は有料のようだったが、あとは無料のようだ。
無料駐車場の方には、ご覧のように車がぎっしりと停まっていた。

それと駐車場の向こうの山にかかっている雲が分かります?
何とも怪しげです。

こういう天候のせいで私のテンションがなかなか上がらなかった可能性がある。
曇りは雨に通じる。単独の登山者にとって天候の悪化は心細いものだ。

c0196928_1772292.jpg

それにつけても誰も歩いてない。
そのうち 11時50分になってしまった。おいおい。登山口まで 10分じゃないのかよ。

やっと正面からハイカーが現れたんで、尋ねてみた。

「鹿島槍ヶ岳の登山口って、こっちでいいんですよね?」
「種池ですね。橋の向こう側ですよ」

このあたりの登山口というと、他に針ノ木岳に向かうものもあるから、わざわざ「種池」という山小屋の名前を出してきたのだろう。
ちなみに種池山荘は、この日泊まる予定の山小屋です。

c0196928_1775467.jpg

11時53分、その橋がやっと見えてきた。
橋の手前にも駐車場があり、ご覧のようにこちらも一杯だった。

c0196928_1774467.jpg

鉄橋の下に流れている比較的大きな沢がその名も扇沢のようだ。そうか、ここから来ているのか、バス停の名前。

それにしても沢の音が豪快だな。
堰堤(えんてい)になっているから、滝のように「どどど」と聞こえるんだ。

c0196928_1775271.jpg

そして 11時56分、遂に柏原新道登山口に到着!
さあて、どうなんだい。少しはテンション、上がってきたかい、俺?

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-08-26 17:08 | 北アルプスなど高山 | Comments(8)
Commented by 山ばか夫婦の山歩 at 2014-08-27 10:58 x
柏原新道登山口に着きましたね。
お昼に着いたとすると、種池山荘で泊でしたか?年寄はせっかちですね。先を急ぎすぎですね。
Commented by JunMorosawA at 2014-08-27 17:49
山ばか夫婦さん、こんにちは。

> お昼に着いたとすると、種池山荘で泊でしたか?年寄はせっかちですね。先を急ぎすぎですね。

いえいえとんでもないです。こっちのペースが遅過ぎるのです(笑)。
おっしゃるとおり種池山荘です。

しかしもうあれから 3週間も経つんですねえ・・・。
Commented by アルペジロー at 2014-08-29 22:52 x
おっと見覚えのある駐車場。私は昨年の夏に白馬に2泊し、最終日に車をここに止めてトロリーバスに乗って黒部ダムへ行ったのでした。機会あれば黒部ダムにも是非どうぞ。
Commented by JunMorosawA at 2014-08-30 06:36
アルペジローさん、こんにちは。

> 私は昨年の夏に白馬に2泊し、最終日に車をここに止めてトロリーバスに乗って黒部ダムへ行ったのでした。

おっと。そういうコースだったのですか。

> 機会あれば黒部ダムにも是非どうぞ。

一度は見ておくべきものなんでしょうねえ。映画版の「黒部の太陽」は見てないのですが、2009年に放映された香取慎吾主演のテレビ版の「黒部の太陽」は見ていましたし。
Commented by アルペジロー at 2014-08-30 21:09 x
> 一度は見ておくべきものなんでしょうねえ。映画版の「黒部の太陽」は見てないのですが、2009年に放映された香取慎吾主演のテレビ版の「黒部の太陽」は見ていましたし。

2001年に行った時は10月半ばだったのでもう放水が終わっていたのですが、昨年は夏なので放水していました。あれは迫力あります。
裕次郎の黒部の太陽は私も見ていないのですが、子供の頃漫画で見て、かなり印象に残っていました(当時は黒四ダムと言われていましたね)。

あと一度やってみたいのは立山の雪の大谷ウォークですね。
Commented by JunMorosawA at 2014-08-31 07:50
アルペジローさん、こんにちは。

> 2001年に行った時は10月半ばだったのでもう放水が終わっていたのですが、昨年は夏なので放水していました。あれは迫力あります。

いかにも迫力ありそうですね。
私は相模ダムの放水ぐらいしか見たことがない(笑)。

> 裕次郎の黒部の太陽は私も見ていないのですが、子供の頃漫画で見て、かなり印象に残っていました(当時は黒四ダムと言われていましたね)。

黒四ダムって言い方が懐かしいですねえ。そういえばそう言っていましたね。

> あと一度やってみたいのは立山の雪の大谷ウォークですね。

ああ、あれはすごそう!でも立山って、ちょっと遠過ぎる印象ですねえ・・・。
Commented by アルペジロー at 2014-08-31 09:17 x
> ああ、あれはすごそう!でも立山って、ちょっと遠過ぎる印象ですねえ・・・。

基本的にどこでも車で行ってしまうのですが、電車でも我が家から松本まで3時間ちょいで行ってしまうので、立山は十分守備範囲内です(笑)
Commented by JunMorosawA at 2014-08-31 17:07
アルペジローさん、こんにちは。

> 基本的にどこでも車で行ってしまうのですが

これが何故か私は駄目でねえ。だからいつも我が家の車はバッテリーが危ない状態です(苦笑)。


<< 日本アルプス登山記 2014 ...      日本アルプス登山記 2014 その9 >>