2014年 08月 21日
日本アルプス登山記 2014 その5
虚弱体質男でも、今年も目指すぞ、日本アルプス!

ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。やっとベスト10に迫ってきました。 最新の順位はこちら です。応援よろしくお願いします。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が日本アルプスに挑む。

決行 3日前になって、何とか行き先が決まった私。
しかしまだまだ予断を許さない状況が続いていた・・・。




決行前々日

c0196928_17233857.gif

とうとう決行前々日の8月2日(土曜)になってしまった。

朝食のあと、また嘔吐感が忍び寄ってきた。
これは緊張?それとも本当に胃腸が悪い?
分からん。

c0196928_17234496.jpg

午前中、若干の嘔吐感と闘いながら北鎌倉駅に向かう。

「あずさはもう無理かな?」とつぶやきながら駅員に切符購入用紙を渡すと、しばらく機械に向かったのち、

「やっぱり一杯ですね」

と言われてしまった。やはり 2日前じゃ無理か。

じゃしょうがないから普通席で頼もうとしたら、

「明日の夕方あたり来ると、キャンセルが出るかもしれませんよ」

と教えられた。

なるほど。その手があるのか!

っていうか、これで 1日半ほど本当に決行するかどうかを先延ばしにできるわけだ。私にはそのことの方が嬉しかった。
つまりまだ迷っている部分があったのだ・・・。

c0196928_17232286.jpg

そうはいいつつも、一方ではこの日の夕方大船に向かい、細かい買い物をした。

右上は「塩レモンキャンディ」。私にとってこれは、「嘔吐感を止める薬」みたいなものだった。

薬といえばドラッグストアでは絆創膏やウイダーinゼリーと共に、太田漢方胃腸薬Ⅱを買った。

ストレスで胃の働きを調整する自律神経が乱れると胃の働きも乱れ、胃痛、食欲不振、吐き気などの症状を引き起こすことがあるという。
「太田漢方胃腸薬Ⅱは自律神経の乱れからくる神経性胃炎、慢性胃炎を改善する薬です」・・・何だか今の私には効きそうでしょう?

あとファミリーマートでドライフルーツのあんずを買い、無印良品では「ひとくちゼリー(みかん)」を買ったりした。フルーツ系を充実させようと思って。

c0196928_17232827.jpg

手帳はいつもの Diamond memo(194円)。
そしてZEBRA スライド式油性ボールペン BA55(324円)っていうのも買った。
こいつは普段は縮まっていて小さいんだ。使うときに伸びる。お洒落です。

記録魔の私としては「今年も何か新しいボールペンを」っていう気持ちがあったんですね。

決行前日

そしてとうとう決行前日の 8月3日(日曜)が訪れる。

c0196928_17242485.jpg

朝方ブログ仲間の山ばか夫婦さんの 山ばか夫婦の山歩 を何気なく覗いてみる。

何と山ばか夫婦さん、南アルプスの荒川三山(悪沢岳)・赤石岳に向かっていた。

じつは山ばか夫婦さんの旦那さんもあまり胃腸が丈夫ではない。
その旦那が南アルプスに行ったのなら私だって・・・と、少し勇気づけられた。

これが案外大きかったのかもしれない・・・。

c0196928_17252890.jpg

カメラやケータイのバッテリーの充電をしたり、ヤマケイ・アルペンガイドから登山コースの内容のプリントをしたり、淡々と準備を進める。

c0196928_17254697.jpg

おっと。針ノ木岳(はりのきだけ)に進むのなら雪渓もあったんだった。軽アイゼンの装着実験もしなくちゃ。
まだこのアイゼン、一度も使ったことがないんだ。

こうして一見乗りに乗って準備を進めているように見えるでしょう?
しかしまだ時折薄っすらとした嘔吐感が襲ってきたりした。

以前知った森田理論から・・・。

例えば頭が痛い、頭が重い、胃の具合が悪い、体がだるい、肩が凝る、目が疲れる、などといった体の調子の悪さは、実は心の不安やとらわれの現れである場合が非常に多いのです。


そして・・・

不安やとらわれにばかり気を奪われて、今現実にやらなくてはならないことをしないでいるため、実生活上の後退を生じ、そのため不安やとらわれが更に強まるという「実生活上の悪循環」に陥る


私は今これに陥ってしまっているのかもしれない。
つらい。だるい。嘔吐感がある・・・それらの症状にも負けず、ここまで登山計画を進めたことを誇りに思おう。

そしてこれが森田理論の結論だ。

人はしばしば、心の不安やとらわれに苦しみ、さまよい、道を見失う。
しかしそのときも、今自分がしなければならない目前の行為を大切にすることだ。
この行動をとおして初めて、心の不安やとらわれは乗り越えることができる。
行動なしに物事を変えることはできないのだ。


そう。行動なしに物事を変えることはできない!

c0196928_17254213.jpg

夕方になって オスプレー・ケストレル38 を部屋に持ってくる。こいつを使用するのは実に 1年ぶりです。
オスプレー・ケストレル38 は 1気室で部屋が分かれてないから、とにかく順に突っ込んでいくしかない。

防寒具、レインウェアを一番下に押し込み、着替えのためのシャツ、タオル、軽アイゼンなどを次々に入れていく。

c0196928_17265022.jpg

そしてサイドにストックを突っ込んだ。
悩んだ挙句、今回ご覧の三脚(ベルボン ULTRA MAXi SF)はパスした。「少しでも体の負担を減らそう」という配慮だ。新しいカメラの手ブレ補正機能に期待しよう。

ザックの総重量は測らなかった。自分の体重を知ってしまうのが怖かったからだ。
「もしかしたら 54kgを切ってるんじゃないか」と怖れていたのだ。

夕飯は胃に負担をかけないようにと軽くざるそばを食べた。

しかし胃腸はおかしいまま。何となく、変。
そしてまだ薄っすらと嘔吐感を感じていた・・・。

もうここまで来たら流石に行くっきゃないとは思っている。
しかし登山前日でここまでテンションが低いのは初めてだろう。高揚感のかけらもない。

その証拠に、結局キャンセル求めて駅に切符を買いにいく・・・ということをしなかった。
切符を今買ってしまうと、またそれがプレッシャーになると考えたからだ。

いいさ、今夜はのんびりとしていよう。切符は八王子で買えばいい。

夜、昔のNHKの日本の名峰「鹿島槍ヶ岳」を見る。
鹿島槍ヶ岳も悪くないなあ。お花畑も案外多いじゃん。針ノ木岳じゃなくてこっちでもいいかもなあ・・・。

8時半、早くも風呂から上がる。

それから「猫と葉っぱと猫が好き」の 鹿島槍ヶ岳編 を見てみた。

プカプカさんはすごいなあ。山小屋を 4時前に出発して布引岳の山頂からご来光を拝んでいる。
しかもその後、鹿島槍ヶ岳に進み、こうも書いている。

       今日はたっぷり二時間休憩できました。でも本当は、物足りなかった
       もっともっと長~い時間をここでボケーと過ごしたかった

山頂で 2時間・・・そんな時間の使い方を私はしたことがない。
いいなあ・・・。

プカプカさんは女性なのに 1人で鹿島槍ヶ岳に登っているんだ。男の私なら問題ないでしょ。
ちょっと勇気を得たよ。

さて、9時半。そろそろ寝るか・・・。
行くからには楽しもうよ、プカプカさんのように。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-08-21 17:28 | 北アルプスなど高山 | Comments(4)
Commented by フォルピー at 2014-08-22 07:10 x
おはようございます JunMorosawaさん

はじめまして・・・かな?

だいぶ順位が上がってきましたね

登山の事はぜんぜんわからないんですけどね(汗)

では、また!


Commented by JunMorosawA at 2014-08-22 07:45
フォルピーさん、こんにちは。

> おはようございます JunMorosawaさん
> はじめまして・・・かな?

こちらではそうなりますね(笑)。

> だいぶ順位が上がってきましたね

お陰さまで少し上がってきました。フォルピーさんのお陰もあるようですね。
ありがとうございます。
ただ去年は3位まで上がりましたが、今年は強豪が多いんで、そこまではとても無理そうです(苦笑)。

> 登山の事はぜんぜんわからないんですけどね(汗)

そもそも登山の前の話が長過ぎる・・・とよく怒られます(爆)。
でもこの感じが好き・・・というコアなファンの方が少しだけいてくれるので、今年もこのペースでまったりと進みます。

フォルヒ G23-CRCT も弾いていますよ~。
今度ダダリオの弦(初)をつけてみようと思っています。
Commented by Piccoli at 2014-10-05 18:26 x
ども、お久しぶりです。
自分は8月に遠征できず、あまりにも羨ましかったので自分が遠征に行けるまで読まないでおいて、帰ってきてから一気読みの体制に入りました(笑

しかし南アルプスは電車で甲府まではいいんですがそれ以降のアプローチが本当に難儀ですね。 交通規制で只でさえバスの本数が少ないうえに、乗車時間が長く乗り継ぎも必要ですから。 

 それにしても行動食はやはり酸味の強いものが胃腸への負担が軽減されて良いのでしょうか? 自分的には甘みと酸味のバランスでドライマンゴーがお勧めですが・・・。
Commented by JunMorosawA at 2014-10-06 07:00
Piccoliさん、お久しぶりです。

> 自分は8月に遠征できず、あまりにも羨ましかったので・・・

今年は夏山にいけなかったのですか。ちょっと残念ですね。
といっても私も高山は年一回。本当はもうちょっと頑張ってみたいのだけれども。

> しかし南アルプスは電車で甲府まではいいんですがそれ以降のアプローチが本当に難儀ですね。

今年は通常でもバスで2時間かかるところが3時間ってことだったんで、北岳はあきらめる結果になり、ちょっと悔しかったです。

> 自分的には甘みと酸味のバランスでドライマンゴーがお勧めですが・・・。

ドライマンゴーもよさそうですね!私も今年初めてドライアンズを持っていったのですが、なかなかよかったです♪


<< 日本アルプス登山記 2014 その6      日本アルプス登山記 2014 その4 >>