2014年 08月 20日
日本アルプス登山記 2014 その4
虚弱体質男でも、今年も目指すぞ、日本アルプス!

ブログ村の登山・カテゴリーに参加しています。やっとベスト10に迫ってきました。 最新の順位はこちら です。応援よろしくお願いします。

身長は 174cmあるのに体重はわずか 54kg、体脂肪率は何と 6%前後という貧相な体つき。
おまけに過敏性腸症候群気味で年中胃腸の調子がぱっとしないという、虚弱体質の中年男が日本アルプスに挑む。

ところが決行 3日前になっても行き先すら決まらない状態。これで本当に日本アルプス登山を敢行できるのだろうか・・・。




急遽浮かんだ行き先とは?

c0196928_1723932.jpg

直通バスが運休になってしまってあきらめた北岳だが、一番の問題はバスの乗車時間にあった。

日常的に嘔吐感に襲われていたこのときの私が、苦手なバスの乗車に 2時間も 3時間もかかる場所になど行けるわけがない。

c0196928_17233685.jpg
別冊山と渓谷「アルプス&八ヶ岳」より


そこで急遽浮上してきたのが北アルプスの鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ)だった(本家の槍ヶ岳とは別です)。

鹿島槍ヶ岳の登山口は扇沢(おうぎざわ)。その扇沢までは JR信濃大町からバスでわずか 40分で着くことができる。2時間も 3時間もかかる北岳とは雲泥の差だ。
しかも バスが 1時間に 1本運行されているのも嬉しい。最悪嘔吐感からバスに乗れなくても 1時間待っていれば次のバスが来るのだから。

上の地図の青い四角の [1] が登山口。そこから柏原新道( [2] )を使って稜線上にある種池山荘( [3] )に登る。
翌日は [4] [5] [6] と進んで鹿島槍ヶ岳( [7] )の山頂を目指す。

ただこのコースの難点はピストンコースであるという点。最終日はまた [4] → [3] → [2] → [1] と同じコースをたどって扇沢に戻ることになる。

正直、行きと同じ道を「帰る」のはあまり好きではない。やっぱり「向こう」に進みたい。
そんなこともあって、どうももう一つときめかない・・・。

だったらこれはどうか。
柏原新道( [2] )を使って稜線上にある種池山荘( [3] )に登る・・というところまでは同じなものの、そこから南下して針ノ木岳(はりのきだけ)を目指すのだ。

これなら周回コースだから同じ道を歩かなくても済むぞ。面白そうだ。
まあ最後に雪渓(せっけい)が待ってこともあって、鹿島槍ヶ岳よりはややハードかもしれないけれどね。

いずれにしても扇沢が登山の起点になるという点では何の違いもない。
あとは当日の体調・気力で決めればいい。

よし。これで決定だ!今年は扇沢を起点とするコースに決定しよう。

最悪の体調の中、準備を進める

c0196928_1724164.gif

       ◎土日は山小屋が激混みするから絶対に避けたい。
       ◎第3週の 10日からはお盆休みに入ってしまうからやはり避けたい。
       ◎お盆明けだともう徐々に花のシーズンが終わりに近づいてしまう。

以上の理由から第2週に賭けるしかないことになる。
しかし 7日(木曜)は用事があってどうしても休めなかった。

ということは必然的に決行日は 8月4日(月曜)、5日(火曜)、6日(水曜)ということになる。
幸い 3日間の天気予報は毎日「晴れ時々曇り」。申し分なかった。

しかし北アルプスの鹿島槍ヶ岳あたりに目標を絞ったのは 8月1日だった。
決行のわずか 3日前である。
私はほとんどまだ何の準備もしてなかった。

っていうか、まだ本気になっていなかった。

c0196928_17242739.jpg

しかし行動を起こさないことには先に進めない。

本番まであとわずか 3日に迫った 8月1日(金曜)の夕方、私は横浜に向かう決心をした。

正直、このときの私は、一々決心をしないと横浜に行くのですら面倒に感じていたのだ。

横浜駅からみなとみらい線に乗り換え、新高島駅で降り、私はリーフみなとみらいのモンベルの前に立っていた。

いざ来てみれば、あっけないものだった。こんなものなんだ。横浜のモンベルも、そして北アルプスも・・・。

c0196928_17253565.jpg

今までずっとシャツというと、ユニクロのフランネルチェックシャツを着ていた。
まあそれでもいいんだけれども、今回思い切ってWIC.ライト ロングスリーブシャツ というのを購入してみた。

吸水速乾性に優れ、サラサラとした着心地が持続する薄手のシャツで、抜群の UV カット効果と高い通気性を備え、日差しの強いフィールドでも快適。
更に繊維に光触媒効果による消臭機能を持たせているため、汗のにおいも気にならない・・・ということになっている優れもの。

ユニクロのフランネルチェックシャツなら 2千円程度で買えるが、こちらは 6千円ほどもする。
あとついでに靴下も買い、この 2つで 8千円ですよ。ケチな私には珍しい。

c0196928_17245174.jpg

もっともこの日の買い物の主役はこちら。
何とカメラも買い換えてしまった、

この 1年間、ずっと LUMIX DMC-G6 というカメラに LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. というレンズを着けて使っていたのだが、これがどうにも馴染めなかった。

レンズの方は換算 28-280mm で 1本で全て済んでしまって一見よさそうなのだが、このレンズ、まるで寄れないのだ。つまり花などのマクロ撮影ができない。
一方望遠側も 300mm 弱では野鳥などの撮影には全く不向きだ。

そこで思い切ってこの DMC-FZ1000 に買い換えたってわけです。

これならマクロにも強いし、望遠側も 400mmまである。更に EXズームと iAズームを組み合わせると換算 1120mmまで行くようになる。
これで去年のように熊が現れても OK だ。

しかしこれがわずか決行 3日前の夜の話である。もうあと 2日しか準備期間がない。あまりにもギリギリ過ぎやしないか・・・。

何たって、最近のカメラは超多機能なのに、まだそのカメラの操作すら覚えていないのだから・・・。

はたして本当に北アルプスに向かえるのか。向かうとしても、いくらなんでも 3日後は無理でしょう・・・。
というわけでこの時点でも本当に 8月4日から敢行するかどうか、微妙な感じだった・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-08-20 17:26 | 北アルプスなど高山 | Comments(10)
Commented by くうねる at 2014-08-20 18:23 x
小屋の予約はいつするのか気になってます^^;
カメラも気になるところですが、鹿島槍ヶ岳きつそうですね。
Commented by JunMorosawA at 2014-08-21 07:06
くうねるさん、こんにちは。

> 小屋の予約はいつするのか気になってます^^;

山小屋の予約はいつもしたことがないんですよ。それこそ予約しちゃうと確定しちゃうみたいなのが嫌なんで・・・。

特にこのときは、鹿島槍ヶ岳か、針ノ木岳か、どちらに行くか、確定してなかったんで・・・。

> カメラも気になるところですが、鹿島槍ヶ岳きつそうですね。

標高差からいったらそれほどでもないのでしょうが、何しろ今年は体調が体調だったから、ちょっと不安でした。
Commented by くうねる at 2014-08-21 08:11 x
JunMorosawaさん、おはよー♪^^予約しなくても泊まれるんですね^^;いつも4人で行くんで1週間前に予約してました。キャンセルは3日前なんで、いつもメンバーと相談です。一人もいいですね。
Commented by 山ばか夫婦の山歩 at 2014-08-21 13:52 x
こちらのコース(鹿島槍・針ノ木)は歩きましたが、蓮華岳から見た七倉方面の尾根
が思い出されます。いつか行きたいと思っています。
シャツ・カメラを新調され準備万端ですね。
Commented by JunMorosawA at 2014-08-21 17:36
くうねるさん、こんにちは。

> 予約しなくても泊まれるんですね^^;

はい、山小屋は大人数じゃなければ予約なしでもOKですよ。

> いつも4人で行くんで1週間前に予約してました

お仲間がいて、羨ましいなあ。
でも私の場合、珍しい高山植物があったりするとそこで止まっちゃうから、グループ登山にはきっと向いてないです(笑)。
Commented by JunMorosawA at 2014-08-21 17:36
山ばか夫婦の山歩さん、こんにちは。

> こちらのコース(鹿島槍・針ノ木)は歩きましたが、蓮華岳から見た七倉方面の尾根が思い出されます。

以前針ノ木岳の登山記は楽しく読ませていただきましたよ。っていうか、その影響が残っていたのかもしれない。

> シャツ・カメラを新調され準備万端ですね。

もう今年の場合、道具から入らないと、どうしようもないって感じでした。
「ほら。買っちゃったんだから、もう行くっきゃないよ」
って感じで(笑)。
Commented by アルペジロー at 2014-08-21 22:58 x
私はモンベルクラブに入っていて、モンベルのお店には良く行きます。
今年からゴールドカードになったのでポイント率が5%になりました。
それはさておき、モンベルの商品は丈夫で良いですね。
私は登山用ではなく普段着として結構買っています。
もちろんユニクロにもしょっちゅう行ってますが(笑)

おっとカメラも買い換えてしまいましたか。
こういう場合、これまで使っていたカメラはどうするのですか?
Commented by JunMorosawA at 2014-08-22 07:37
アルペジローさん、こんにちは。

> 私はモンベルクラブに入っていて、モンベルのお店には良く行きます。
> 今年からゴールドカードになったのでポイント率が5%になりました。

あら!それはすごいな。ちなみに私は年に1度ぐらいしか使わないです。
ただ今回は山小屋の宿泊料金が500円値引きになり、ちょっと得した気分でした。

> それはさておき、モンベルの商品は丈夫で良いですね。
> 私は登山用ではなく普段着として結構買っています。

そうか。だからよく行くんだ。

> おっとカメラも買い換えてしまいましたか。
> こういう場合、これまで使っていたカメラはどうするのですか?

DMC-G6はいわゆるレンズ交換式の一眼カメラなんで、こちらには明るい単焦点のレンズをつけて使おうと思っています。
DMC-FZ1000 は最高なのですが、少し無骨なんで(笑)。
Commented by アルペジロー at 2014-08-24 22:04 x
> DMC-G6はいわゆるレンズ交換式の一眼カメラなんで、こちらには明るい単焦点のレンズをつけて使おうと思っています。
DMC-FZ1000 は最高なのですが、少し無骨なんで(笑)。

勘違いしていました、FZ1000はレンズ一体型のカメラですね。
以前、旅行中に一眼レフカメラのレンズを地面に落としてしまったことが2回あり、それ依頼レンズ交換式を使うのが億劫になってコンデジばかり使っています。
私もレンズ一体型を検討してみようかな。
Commented by JunMorosawA at 2014-08-25 06:32
アルペジローさん、こんにちは。

> 勘違いしていました、FZ1000はレンズ一体型のカメラですね。

そうです。ネオ一眼とか言われることもある、一見一眼レフタイプのコンデジです。

> 私もレンズ一体型を検討してみようかな。

ご存じとは思いますが、一眼レフカメラとコンデジの大きな違いはセンサーの大きさで、一般的なコンデジだとスマホと同じくらいの小さなセンサーが使われていて暗いところに弱かったりなどの欠点がありますが、DMC-FZ1000 は一般的なコンデジの4倍の大きさのセンサーが使われていて、なかなかよいですよ(それでも EOS KISS より小さいですが)。
ただちょっと大きいです。何しろレンズが25-400mmですからね。
でもオールマイティーではあります。私には過剰な機能とはいえ 4K動画もあるし。

お一つ、いかが(笑)。


<< 日本アルプス登山記 2014 その5      日本アルプス登山記 2014 その3 >>