2014年 05月 27日
GW明けは何故か明神ヶ岳 その5
ブログ村の登山カテゴリーに参加しています。 現在の順位はこちら です(最早何処にいるのか、分からない状況ですけれど)。

ここ数年、何故か GW(ゴールデンウィーク)明けは何故か箱根の明神ヶ岳に出かけている。
どうやら本格的な登山への橋渡し的な役割を果たしているみたいなんだ。

というわけで、明神ヶ岳登山の、今回は 5回目です。
よかったら続きをどうぞ。



c0196928_741654.jpg

左側(北側)が崩壊している絶景ポイントでの休憩を終えて明神ヶ岳に向かって歩いていく。

ご覧のように相変わらず今にも雨が降りそうな空模様。
でもどうにか持っていた。

もうここまでくればアップダウンはほとんどないぞ。

c0196928_743010.jpg

10時38分(登山口から歩くこと2時間31分後)、遂に明神ヶ岳山頂到着。
ご覧のように山頂には誰もいなかった。前回の金時山とはえらい違いだ。

c0196928_744271.jpg

方位盤の近くにベンチもあるのだけれども、気持ちがいいんで先端部に移動してデイパックを下ろした。
私にとって「定位置」と称してもいい場所だ。

ここでコンビニで買ったおにぎりとゆでたまごを食べた。
結構おいしく感じられました。疲労度もそれほどでもない。やはり今日は調子がいいのかもしれない。

食後にストレッチをする。これまた気持ちがよかった。
そして山頂に吹く風がとても心地よかった。

c0196928_745459.jpg

10時50分、靴紐をしっかりと結びなおしたあと、宮城野に向けて下山開始。
下山途中でやっと数組のハイカーとすれ違った。山頂が空いていたのは単に時間が早過ぎたせいかもしれない。

で、この場所の左側に木製の仏像があるのだが・・・。

c0196928_75670.jpg

何かキノコみたいなのが生えていた。
こんなの初めて見る。おいたわしいや・・・。

c0196928_751717.jpg

11時15分、宮城野への分岐に到着。
ここから先は展望がまるでない暗い道の始まりだ。

c0196928_752875.jpg

ところが藪(やぶ)の中で野鳥に遭遇。しかも何羽もいるぞ!

c0196928_754025.jpg

このかわいい野鳥の正体はソウシチョウ(相思鳥)。
一見とてもチャーミングな野鳥だが、じつはちょっとした困りものだったりしている。

というのもこのソウシチョウ、一時ペットとして大変人気があり、中国から日本へ大量に輸入されていたものが、人気の衰退とともに悪質なペット業者などが放鳥してしまい、野鳥化してしまったものなのだ。
笹藪などに生息することから、ウグイスの生息域を脅かしているとも言われていて、「侵略的外来種ワースト 100」にも選ばれていたりもする。

実際箱根の山などを歩いていると、最近必ず見かけるといっていいいほどよく出会う。
やっぱこれは問題なんでしょうなあ。それでも出会うとかわいくて、嬉しいんだけれどなあ・・・。

だいたい「侵略的外来種」なんて言うけれども、人間の方がずっと異常繁殖していると思うんだけれどね・・・。





じつは左側(北側)が崩壊している絶景ポイントでも綺麗な声で鳴く野鳥と出会っている。
是非その時の鳴き声をお聞きください・・・。

c0196928_755535.jpg

淡々と山を下り、12時8分(登山口から歩くこと 4時間分1後)、宮城野支所前バス停に無事到着。

何と予定よりも22分も早く到着してしまった。
今回このあと銀行に寄るために 2時半ぐらいまでに大船に戻りたかったってこともあって、ちょっと急いじゃったな。

待っているうちに品のよさそうな初老の女性が近付いてきた。
その女性が話しかけてくる。

「今日はどちらへ?金時山?」
「いいね、明神ヶ岳です」
「その方がいいかもしれませんね。金時は登山道が荒れているから」

彼女に話によると、今はえぐれてしまっているけれども、昔は芝生みたいな登山道だったという。本当かねえ。

あと、最近山の事故が多いってことも言っていた。寒さで動けなくなってしまって助けを呼ぶ人もいるんだそうだ。

「冬は危険ですよね」
「違うの。今の時期でも、下が暖かいからといって薄着をして登っていってしまう人がいるのよ」

なるほどね。

バスは定時の12時20分になってもやってこなかった。するとその女性、

「待っているだけで疲れちゃったわ」

とつぶやいたかと思うと、何とバス停を離れてしまった。

バスはその 2分後にやってきた・・・。

c0196928_76579.jpg

1時10分、小田原に到着。

十分時間的に間に合いそうだったんで、立ち食いそば屋で冷やしかき揚げそば(410円)を食べた。
やはりこの日は胃腸の調子がよかったんだな。

ちなみに大船には 1時58分に戻ってこれて、余裕でした。

と、絶好調だったみたいだけれど、地元に戻ってきてから、ちょっと疲れが出てしまった。

まだまだ体調は完璧じゃあないなあ。
夏山のシーズンも近いのに・・・。

↓ ギターに興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-05-27 07:07 | 低山歩き | Comments(0)


<< 6年ぶりに奥多摩へ! 御前山 その1      GW明けは何故か明神ヶ岳 その4 >>