2014年 05月 18日
GW明けは何故か明神ヶ岳 その2
ブログ村の登山カテゴリーに参加しています。 現在の順位はこちら です(最早何処にいるのか、分からない状況ですけれど)。

ここ数年、何故か GW(ゴールデンウィーク)明けは何故か箱根の明神ヶ岳に出かけている。
どうやら本格的な登山への橋渡し的な役割を果たしているみたいなんだ。

というわけで、明神ヶ岳登山の、今回は 2回目です。
よかったら続きをどうぞ。




c0196928_1720711.jpg

軽くストレッチを行ったあと、8時7分、歩き始める。

じつは前回金時山に登ったときに、ここへ下りてきた。
だから今回は、芦ノ湖の外輪山コースの続きを歩くということになる。

c0196928_17202574.jpg

このへんの山は火山でできた外輪山ってことで、岩がごろごろしていて、案外歩きにくい。そこを慎重に登っていきます。

一人だと怪我しても世話してくれる人はいないからね。

c0196928_17203686.jpg

しかし登山口から矢倉沢峠まではひと登りである。
8時27分(登山口から歩き始めること 20分後)、うぐいす茶屋のある矢倉沢峠にあっけなく到達。

ここで手帳には「すでに少し疲れたか」の文字が。
ややハイペースで歩き過ぎたかな。

じつはこの日は2時半までには大船に戻って銀行に行かなければならなかった。それを気にしたのかもしれない。

c0196928_17205031.jpg

いかん、いかん。まだ時間はたっぷりとあるんだ。あせってはいけない。

一つしかないベンチにデイパックを投げ出し、呼吸を整えた。

c0196928_1721165.jpg

8時32分、ハコネダケが壁状態になっている道を明神ヶ岳に向かって歩き始める。

c0196928_17211515.jpg

10分ほど経ってから後ろを振り返ると、笹原の向こうに金時山が。この光景は何度見ても素晴らしい。
ただご覧の天候だ。今日は富士山は期待できそうにないな・・・。

湘南平とか大野山とか、今年は天候に恵まれて絶景を拝めることが多かったのに、どうも箱根ではあまり好かれてないようだな。

c0196928_17212513.jpg

このコースは案外アップダウンが多い。だから実際の標高差以上にしんどいところがある。
だからあわてずにじっくりと歩いていかなければならない。

c0196928_17213556.jpg

これは矢倉沢峠から歩き始めて 40分後に写した写真。

右端の出っ張った山が金時山で、左に続く稜線をずっと歩いていくと芦ノ湖まで辿り着けます。

本来この正面に富士山が見えているのだけれども、ちょっとこの日は期待できそうにないですね。

でも開放感一杯のこの稜線歩きはやはり素晴らしい。
野の花との出会いも期待できそうだな・・・。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-05-18 17:22 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by 山ばか夫婦の山行 at 2014-05-19 14:58 x
金時山は明神ヶ岳へ向かって振り返った姿が素敵ですよね。ほかの
角度からは、この鋭角の頂きが見えませんから・・・
Commented by JunMorosawA at 2014-05-19 19:10
山ばか夫婦の山行さん、こんにちは。

> 金時山は明神ヶ岳へ向かって振り返った姿が素敵ですよね。
> ほかの角度からは、この鋭角の頂きが見えませんから・・・

なるほど。言われてみるとそうですね。
それにしても、何故かこの数年、GW明けはいつもこのコースです。

そろそろ、新しいコースも開拓しないとね・・・。


<< GW明けは何故か明神ヶ岳 その3      GW明けは何故か明神ヶ岳 その1 >>