2014年 04月 11日
大野山で待っていた意外なほどの絶景 その4
ブログ村の登山カテゴリーに参加しています。 現在の順位はこちら です(最早何処にいるのか、分からない状況ですけれど)。

さて今回は、3月24日に丹沢の低山、大野山に行ったときのお話の 4回目です。
山北駅から大野山山頂を目指します。




c0196928_17541852.jpg

9時14分(山北駅から 50分後)、暗い林道って感じの道が終り、また再び集落になる。どうやらここが古宿(ふるやど)の集落のようだ。

静かな集落で、人の姿をまったく見ることがなかった。前回もそうだったような・・・。

c0196928_17542927.jpg

正面に茶畑の見えるこの場所で左折します。

おっと。よく見れば茶畑の中に人がいるような。気が付かなかった。

c0196928_17544073.jpg

このあたりで後ろを振り返って写した写真は、遠くの山々が一望でき、なかなかです。

いいところだなあ。里山歩きも捨てたもんじゃないですね。

c0196928_17545220.jpg

9時17分(山北駅から 53分後)、重要な目印の共和小学校に到着する。

それこそひっそりとしていて、人の気配は感じられなかった。
この日は 3月24日だから、春休みの最中だったのかな?

c0196928_1755269.jpg

小学校の前を通り過ぎると、真正面にどかあんと富士山が登場!

雪を頂いた上半身だけで下半身は見えてなかったが、その上空には雲一つなかった。

これは山頂からの展望が楽しみだなあ・・・。

c0196928_17551537.jpg

小学校の先で右折すると、今度は正面に大野山が見えてきた。
まだ案外距離があるイメージだ。

c0196928_17552692.jpg

山北町消防団第七分団の詰め所を過ぎると、周囲が植林帯になり、林道っぽくなる。

c0196928_17554835.jpg

道の左側にミツマタが何本も植えられていた。今が盛りって感じだった。

c0196928_17555936.jpg

そんなミツマタの花に、蝶が止まっているぞ。

c0196928_1756995.jpg

おお!ルリタテハじゃないですか!久しぶりに見る。

ルリタテハは紺色地にルリ色のラインが特徴的なタテハチョウだ。
成虫で越冬するので、こうして早春から飛んでいるんですねえ・・・。

c0196928_17562046.jpg

市間(いちま)との分岐を経て、9時28分(山北駅から1時間4分後)、遂に登山口に到着。

やっとここから山歩きが始まります。

↓ 登山や自然に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

by JunMorosawA | 2014-04-11 17:57 | 低山歩き | Comments(2)
Commented by 山ばか夫婦の山歩 at 2014-04-13 17:03 x
ミツマタにルリタテハ良いですね。タテハチョウなかなか羽を開いて
くれません。
越冬したには羽が破れてなく綺麗ですね。
Commented by JunMorosawA at 2014-04-14 16:15
山ばか夫婦の山歩さん、こんにちは。

> ミツマタにルリタテハ良いですね。タテハチョウなかなか羽を開いて
くれません。

そうですね。このときは何故かしばらく開いてくれていました。

> 越冬したには羽が破れてなく綺麗ですね

そういえばそうですね。

にしても、もっとアップで撮りたかったのに、うちのカメラじゃ駄目でした(笑)。


<< 大野山で待っていた意外なほどの...      大野山で待っていた意外なほどの... >>